森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

「武士の情け」を欠く政治状況

  昨今の政治状況について私なりに思うところがあるので、それについて書こうと思うが、その前にまずはこの物語を紹介してみたい。これは新渡戸稲造の「武士道」に引用されている。

 時は12世紀末の源平合戦。その須磨の激戦で、平家追討に武功を上げた熊谷次郎直実は一人の敵に追いついた。兜をはぎ取ると、現れたのは髭も生えそろわない少年だった。この屈強の武者は「若殿よ、母のもとに落ちよ。わが刀を血で染める訳にはいかぬ。早く逃げのびたまえ」と言った。

 しかし少年は立ち去ることを拒否し、「二人の名誉のために、この場でおのが首を斬ってくれ」と求めた。直実はいたいけな命を奪う事が出来ず、何度も逃げるよう説得した。だが少年は「首をとれ」と言うばかりだった。そのうち味方の軍勢が押し寄せ、「もはやこれまで」と念仏を唱えながら刀を打ち下ろした。

 直実は戦が終わり凱旋したが、報償や功名に心を傾けることなく仏門に入った。以後、念仏行脚を続けたという。

 この話が実話かどうかは定かでないが、弱い者、劣った者、敗れた者への「仁」こそ武士の真髄として須磨の激戦の一幕を紹介しているのだ。「武士道」の本に貫かれているのは「惻隠の情」「憐憫の情」であると、私は思う。つまり、強い者は優しく、愛ある者は勇敢であるという真理なのだ。

 なぜこんなことを書くかと言えば、先日のNHK「ニュース9」の大越キャスターが、菅総理をはじめとした民主党政権に欠けているのは「武士の情け」であると述べたからだ。大越キャスターといえば東大野球部で活躍した硬骨漢だが、さすがうまいことを言うなあと感心し、思わず膝を打った。

 つまり、民主党の面々は野党を刺激し続けてばかりいるので、野党は前原前外相の違法献金問題で首を取りにくる。「武士の情け」をわきまえて政権運営していたら、ここまで追い込まれることはなかったと解説するのだ。彼は多分、「武士道」を精読していて「武士の情け」を持ち出したのだと思う。

 菅総理は「熟議」と言いながら、予算案への反対は「歴史への反逆」とまで言い切った。枝野官房長官も野党を挑発するような理屈をまくし立てている。稚拙といえばそれまでだが、その奥に政権交代という驕りの影がちらついている。武士道は古来、人間の驕りをもっとも戒めているのだ。敗れた者を慈しみ、驕れる者をくじき、平和の道に立て--孔子だか孟子だかがそうも言っている。

 私の若いころの上司は酒に酔うと、「なあお前、人間を追い詰めてはいけない。必ず逃げ道を開けておいてやれ」と言うのが口癖だった。耳にタコが出来るほど聞いた人生訓は今も懐かしく思い出し、背筋をのばしてみる。「武士の一分」「泥棒にも三分の理」・・・。これらに耳を傾ける度量は、「武士の情け」にも通じるだろう。

 特権階級だからこそ、武士は厳しい規範と徳を求められてきた。人の上に立つ政治家とて同じだ。武士は雨が降っても走らない、蓄財しない、背を向けて逃げない、外出の時は死を覚悟する・・・と心得は色々あるが、政治家たちにとって耳に痛いことばかりだろう。

 与野党が激突する中で、理のない妥協は政治を歪めかねない。しかしそこは人間同士のぶつかり合い、情の機微を通じ合えば殺伐とした状況は生まれないだろう。「武士の情け」は、この日本が生み出した「和」の精神文化だと思うが、どうだろう・・・。
スポンサーサイト
   08:37 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
民主党の面々に武士の心得を持つ人は居ないでしょうね。
ひまじんさんの若い頃の上司の人生訓、肝に銘じます。
この話に通じるか分かりませんが、私は今、会社で商品や広告を発注する業務もしているんですが、上司から日頃「有利な条件で仕入れするのは絶対だが、勝ちすぎてはいけない。」と言われています。
勝ちすぎると恨みが残るというのです。
10:0で勝とうとせず、7:3位で勝つのが丁度良い関係なのかなぁと近頃感じています。
いや、これは武士の情けとは違いますね。すみません。
 2011.03.09 (水) 10:28 [Edit]
 ジョージハリスン&村石太事件 [URL] #yDpBiWYY
前原で検索中です
私は たまたま テレビで 国会中継を この場面と他を少し 見ていました。
途中 質疑で 何をいいたいのだろうと思ていた。最終的に うーんという結果になった。
その後 少し ウェーブとかで 調べました。
その事実を把握してないと ニュースで 少しみる。私は どう思ったか。いろいろ裏読みも考えます。
私の人生問題にもあるかなぁ。前原さんの人相~。岡田さんの顔もきついですね?(メンゴ)
大切な話もあるので あちこちに貼り付けています
国会では 民主党・前原さんの中学2年の頃の付き合いの在日からの献金により法律違反で辞任
(違反という罰則 罰金 違反 事件の金額の問題?)強制と志願
前原さんの奥さんは 創価学会員ですね。奥さんは 公明党支持者かなぁ?
飲食店に創価学会(公明党)も多いですね。(多いという言葉の割合)
飲食店 商店 ほか のトラブル問題。
国会どうなるかなぁ。消費税が 気になります。国会の行方を 推理したいですね。
シナリオなき 策略なき 政治 茶番劇じゃない。税金で 生活する?政治家 公務員
国の財産を一般企業にする。民営化大企業と天下り。一般企業の危機。
民営化後 国家赤字増加 消費税値上げ 世界では 内乱もありますね。
日本経済 諸外国の株投資家 日本の企業株 日本製品
日本は 島国ですね。輸入 輸出。
鳩山元総理の 母親からのおこづかい。
国民は 娯楽と仕事と生活の中で。 
政治研究会(名前検討中
在日研究会(名前検討中 人種問題研究会
潔すぎる辞任 鳩山さん家は チョー名門ですもんね
国会 伊藤博文の子孫登場 旧千円札 懐かしいです
日本のこれからの景気と税金と 2011.03.09 (水) 21:19 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/569-d63a2546
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR