森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

被災地に見る「美しい日本人」

 東北関東を襲った巨大地震--。惨状を前に、同情の言葉など幾万回並べても陳腐である。静かに、息をひそめて、ただ祈るしかない。しばらく、ブログを書くのもやめようと思い、パソコンは閉じたままにしていた。

 しかし、被災地における「美しい日本人」の姿を目の当たりにして、ブログを読んで下さる皆さんと思いを共有したいと考え、書くことにした。

 生き延びた人々の節度、折り目正しさ、我慢強さ・・・。何と見事な姿だろう。肉親を失い、さぞ悔しかろう。空腹、寒さは辛かろう。明かりの見えない将来への不安はいかばかりか。しかし避難場所で、言葉を荒げる人など見かけない。テレビの取材には「有難う」と言って応えている。こうした映像を見る度に、熱いものが込み上げて来る。

 ある新聞コラムにこんなことが書いてあった。阪神淡路大震災の時、アメリカの記者から「なぜ日本では略奪や暴動が起こらないのか」との質問を受けたという。適当な言葉は思い浮かばず、結局「それは日本人だから」と答えるしかなかったという。

 そう、私も「日本人だから」だと思う。自然災害に直面した時、日本人の多くは物静かに耐えている。興奮したり、無理難題を口にすることもない。地震や台風などの自然災害に対し、日本人は「仕方ない」という諦念を持ち続けている。

 西洋文明は、自然を支配することで発達を遂げてきた。しかし日本では、自然との関係を対立としてではなく、人間も自然の一部として考えている。だから日本人の底流に、人との和、潔さ、我慢強さなどといった精神文化を培ってきた。

 外国の人たちは、日本を「異文化の国」として皮肉を込めて言った時期があった。しかし今では、日本の美徳、美意識にある種の畏敬の念をもって眺めていると思う。次の新聞記事がそれを裏付けている。

 英紙ザ・タイムズは「泣き叫ぶ声もヒステリーも怒りもない。日本人は黙って威厳を持ち、なすべきことをしている」と最大の賛辞を送っている。インデペンデント紙は日本語で「がんばれ日本、がんばれ東北」と励まし、デイリー・ミラー紙も日本語で「日本、みなさんは一人じゃない」と書き、「日本は復活する」としている。

 米紙ロサンゼルス・タイムズは「非の打ち所のないマナーは、まったく損なわれていない」との見出しを掲げた。お隣韓国の各紙も、異例の日本語で哀悼の意を表している。これらはほんの一部の報道で、世界の多くの国が大地震に耐える驚異的な日本人に敬意を持っているのだ。

 これらの記事を読んで、涙もろくなった瞼にまた涙が滲んだ。いつの日か、被災地に希望の火が灯るのを祈りたい・・・。
スポンサーサイト
   09:18 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 嗚呼、普段の兄貴が戻って来た。有難う御座います。胸の熱く為る文章です。日本人として、共感出来ます。

 実は、兄貴の更新が無くて、心配していたんですよ。旅行者の行方知らずが、報道されて居て、若しかしたら、旅行好きな兄貴、姉貴も旅行者の一人かと気を揉んでいたんですよ。へへへ、黙っては居ましたがね。
 
 私も、インターネットで海外紙が報じている内容を読んで、有難う、有難うと胸を熱くしていた一人なんですよ。
 こんな時ですから、兄貴のブログを知って居る人達は、皆、兄貴の文章を待っているんですよ。出し惜しみをして、如何するんですか。
 兄貴は、現在でも素養・知識、見識に優れたジャーナリストなんですよ。頑張れ日本を発信しなくて、如何するんですか。
 2011.03.16 (水) 13:53 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 ご心配をおかけしました。それに、胸が熱くなるコメントを頂戴して、感謝しています。
 コメントは、叱咤であると思い、心して読みました。ない知恵を絞り出し、何かを書き続けようと思っています。日本再興のために・・・。有難うございました。
 2011.03.16 (水) 18:41 [Edit]
 isshy [URL] #-
上のお二人に拍手したいです。
私自身は、まだBLOGでコメントできない心境です。しかし、このBLOGを見ている人たちにとって、ひまじん様のコメントは楽しみの一つでありましょう。
天国の釣りじいさんの分まで、思いっきり述べてください。
気候だけでも暖かくなって欲しいですね。
 2011.03.19 (土) 02:07 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   isshy さんへ

 お久し振りです。コメントをしづらいところ、有難うございます。
 震災以来、思い気分です。何も自分が出来ず、もどかしい限りです。
 こちらも一昨日まで雪でした。被災地はさぞ寒かったことでしょう。一日もはやく暖かい日がくるといいですね。復興を願い、釣りじいさんとともに祈ります。
 2011.03.19 (土) 19:00 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/572-93d7de40
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR