森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

決死の放水・・・「暴力装置」の自衛隊

 仙石元官房長官が「暴力装置」と言い放った自衛隊は、今、福島第一原子力発電所で決死の放水作業を続けている。放射性物質に身をさらす隊員には親も家族もいるだろうが、それが国家と国民の生命財産を守る自衛隊の任務なのだ。「過酷」「かわいそう」などと言っては、余りにも情緒的だろう。

 未曾有の大震災に臨み、自衛隊員一人ひとりの士気は高く、危険な放水作業を志願する隊員も少なくないと言われる。政府高官から「暴力装置」と言われた当時は切ない思いだったろうが、今はひるむことなく原発の最前線に立っている。

 「仙石は自衛隊に謝れ」との声も多く聞かれる。しかし彼が本心から謝ることはないだろう。そもそも、自衛隊は違憲であるとの思想的立場なのだから、「暴力装置」は彼の信念なのだ。うわべだけの反省ははなはだ自衛隊に失礼だろう。それよりも、決死の自衛隊員の姿を瞼に焼き付けた方がいいのではないか。

 そんな仙石元官房長官が、官房副長官として官邸に入った。忙しい枝野長官をサポートし、省庁間の調整に当たるという。参院で問責決議を受け、長官を更迭されたばかりである。それがなぜ、官邸入りなのか。民主党には他に人材がいないのか。指導力のなさを批判されている菅総理の打つ手は、またも分からない。

 現地に投入された10万といわれる自衛隊員は、この人事をどう思っているだろう。いや、彼らにそんな余裕などなく、任務遂行に全力を注いでいるに違いない。自衛隊にひどいことを言った人物を震災対策の中枢に据える・・・。自衛隊の最高指揮官でもある菅総理の配慮のなさ、無神経ぶりに唖然とさせられる。

 官邸入りと言えば、元社民党の辻元議員を首相補佐官としてボランティア活動を仕切らせるという。社民党が政権離脱した時、「もっと仕事がしたかった」と涙を流した彼女である。ピースボート出身の経歴を買われ、再び活躍の場を与えられたのだから、さぞや喜んでいるだろう。

 彼女のその思いは挫くたくはないし、しっかりやってもらいたいと思う。ただ、仙石副長官と同様、菅総理はなぜまた元社会党の人材を重用するのか。社会主義、社民主義に親近感を持っているのか、そこのところが分からない。今は与党だの野党だのと言っている場合ではなく、ここは大局に立ち、野党からの人材も登用すればいいと思うが、どうだろう。

 このような大災害の時は混乱もあるだろう。政府に批判が向かうこともよくあることだ。ただ「暴力装置」などと言ってはばからない人物をまたも重用して、命を張っている自衛隊員の心を逆なでする人事をしているようでは、政府への批判、不信が増幅するばかりではないか・・・。
  


スポンサーサイト
   09:30 | Comment:3 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 兄貴、お早う御座います。花粉症で、目も鼻もムズムズして居ます。困った物で有ります。

 この頃、思うのですが、菅さんは思想的にと云うよりも、思考・態度・性格的に孤立しているんじゃないでしょうか。それで、同志的結合で孤立感を癒して居るとしか見えて来ないのです。
 枝野長官、仙谷副長官、辻元議員などの重用を図って、精神・情緒性の安定を図っているのではないでしょうか??? 
 自分では、結束を図って、事に当たる覚悟をして居るのでしょうが、それらの心理状態が、益々、常識派の人達からは、異様、異常に見えて、距離を置いて仕舞う。協力が得られないから、司令塔に協働意欲が作れ無くて、組織が有機的な一個の活動体として、稼働して行かないのでしょうね。

 何か、思想集団特有の同志的近眼視、孤立の方向に発展して行きそうで、とても危険な臭いがして来るんですよ。思想特有の無謬性の轍を踏まなければ良いと思うのですが・・・ 高い民度の日本。低過ぎるセクト主義に陥りつつある異端の政権中枢部の対比・浮き彫りが、余りにも哀し過ぎる日本で有りまする。

 はい、これは、世離れ信州よりの、戯け特有の妄想レポートでありまする。
 2011.03.20 (日) 09:56 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 雨が降っています。暖かい雨です。しばらくするとまた寒くなるそうで、震災被害者には気の毒です。

 「思想集団特有の同志的近眼視、孤立の方向に発展する」・・・これは核心を突く言葉だと思います。あっぱれな、あっぱれです。
 菅という男は、そもそも人間を信用していない。だから身内がそばにいないと落ち着かないと思うのです。孤立に向かいながら、孤立が怖い人間です。そして、意見の違う人も怖いのです。
 人間の度量が小さい。あの目を見れば分かるでしょう?猜疑心にみちていると思います。おおらかさもありません。首相になる器ではないと思います。
 あっ、言い過ぎですか?
 
 2011.03.20 (日) 17:13 [Edit]
 Shin [URL] #-
馬鹿げてるね。被災地のことを考えたら、揚げ足取り君!
 2011.04.22 (金) 19:00 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/574-dc0067f3
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR