森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

岩を砕いて咲く桜のように、日本は変われるか

 「南部の桜は岩を砕いて咲く」――。どんな本で読んだか忘れたが、岩手地方に受け継がれる人々の心意気を桜の花に例えている。「コブシの花のように、北に向かって咲け」という言葉もどこかで読んだ。

 東北の人たちは我慢強く、困難にも粘り強く立ち向かう。大震災の無残な光景を見るたびに、岩を砕いて咲く桜や北に向かって咲くコブシの花を、耐え忍ぶ被災者の姿に重ね合わせ、「挫けないで」と祈る日々である。
 
 先日、東京で暮らす旧友から電話をもらった。彼は、私のブログを丹念に読んでくれている一人である。「被災地に見る美しい日本人」の記事に「涙がこぼれた」という感想をもらった。そんな風に、たとえ一人でも同じ心が通じればうれしい。
 
 大手商社に勤めていた彼は現地駐在員として世界を飛び回り、世界をよく知る男である。「お前が書いたように、被災者の折り目正しさ、忍耐強さはすごいと思う。諸外国では絶対見られない」と言い、「この日本人の見事な姿は、これからの日本を変えるような予感がする」と話していた。

  「日本を変える」・・・。この言葉が私の心を揺さぶっている。

 今回の震災によっては福島原発が破壊された。津波は、世界に誇った高さ10メートルの防波堤を軽々と越えた。文明というものが、音を立てて崩れるように見えた。そしてその対極に、被災者の見せる礼儀正しさ、節度、忍耐といった気高い価値観が浮かび上がった。もちろん、温かい支援の輪の広がりも忘れてはいけない。

 戦後日本は驚異的な復興を遂げ、世界第二の経済大国になった。GDPでは中国に抜かれたものの、経済大国はゆるぎない。しかしその反面、教育が危うくなり、自然が壊され、自殺者が増え、向こう三軒両隣の共同体意識が薄れた。良き日本の姿がメルトダウンし続けている。

 日本はこのままでいいのか。そんな焦燥感に追い立てられている。国民が食べていくために経済が大切なことは言うまでもないが、日本が営々と培ってきた精神の復興はそれと同様に大切だと思う。困難に耐え、助け合い、強い意志で未来を拓こうとする東北の人々。その寡黙だが粘り強さに精神復興の手掛かりが見えて来るのだ。

 国家が世界から尊敬されるのは経済力でも政治力でもない。弱い人を助ける心、自然を慈しむ心、恥を知る節度、足るを知る心・・・数え上げればキリがないが、このような「徳」を備えた国こそが尊敬されると思う。

 硬い岩をこじ開けて咲く桜、冷たい北風に向かって咲く白いコブシ。そして、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩、藤沢周平が描く貧しくとも義に篤い東北武士の姿・・・。どれも精神復興のキーワードだ。苦境のこの時期に言うべきでないだろうが、未曾有の震災は「日本が変われるかどうか」を試そうとしていると、あえて言いたい・・・。
スポンサーサイト
   00:11 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
  [URL] #-
森に暮らすひまじん さん

示唆に富んだ語り、心に響きます。

多くの国民が被災者の気持ちを思い、
大小は問わないですが自分が出来ることをしようと
思っていると思っているのではないでしょうか。
そんな中、震災1週間が過ぎ、TVが徐々に
震災前の番組に戻りつつある。

国の危機と言っているのに、
TVではこんな状況時にふさわしくないCMが流れ
お笑いタレントがバカ騒ぎしている。
震災前に収録して有ったものかもしれないが、
”恥を知る”ことのない業界人や経済界のトップ。

せめて復興の道筋が見えるまで低俗な番組やCMの
放映は中止できないものだろうか。

1週間で、ハイ皆さんもう震災関連の映像は飽きた
でしょうと言わんばかりです。

国民はそんな馬鹿ではないはずです。
こんな時に車を買え、保険に入れ、健康食品は、・・・
やはりグローバル化した経済界のトップの人は、
いま日本人が求めているものを気付かないふりでも
しているのでしょうか。

節電でも生活は回る。
”足るを知る”ことの意味とそれを実行することの
大切さを各々が再認識するきっかけになれば、
と思います。

それと、特に無目標、無気力な若者たちが、
今回の震災を目のあたりにして、己のなすべきことを
見出すことを期待したいものです。



   都筑の風@横浜

 2011.03.21 (月) 18:45 [Edit]
阪神大震災の時もそうですが、今回の東北地方太平洋沖地震でも、日本の被災者の美しく耐え忍ぶ姿を世界が賞賛していますね。
本当にこの国の国民であることが誇らしく、被災者の映像を見るたびに胸が熱くなります。
同じ日本人ではありますが、私自身が被災したらあのような節度を持って耐え忍ぶことができるか自信がありません。
今回の震災の復興を遂げたとき、日本は再び世界の尊敬を集める国になっているかもしれませんね。
 2011.03.21 (月) 19:20 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   都筑の風@横浜 さんへ

 ご子息も大変だったようですね。大震災を前に、何も出来ないことは辛いですね。
 おっしゃる通り、テレビでは馬鹿番組が復活して腹立たしいことです。お笑い芸人たちも商売でしょうが、こいつらを使うテレビはそれ以上に悪い! ですから、テレビはほとんど見ないことにしています。
 「無目標、無気力な若者たち」が、この震災で何を学ぶのでしょうか。私もそのように思い、心配です。
 2011.03.22 (火) 18:02 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 あの中国がですよ、「日本武士」という言葉を使って称賛しているそうですよ。驚きました。中国でそれですから、世界の目もそれ以上でしょうね。
 亀丸さんも、いざとなったら節度ある態度になると思いますよ。だって、お年に似合わない紳士ですからね。お互い、一日も早い復興を願いましょう。
 2011.03.22 (火) 18:11 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/575-a9c1e692
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR