森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

干しゼンマイを作る

 私の郷里では、法事や祝い事の席に出される惣菜の中に、必ずといっていいほど干しゼンマイがあった。少し苦くて、少し甘くて、しかしその歯ごたえには独特のものがあった。干しゼンマイは、田舎で暮らしていた少年の頃を思い出させてくれる懐かしい味である。

 雪深い山あいの郷里には、小さな食料品店が一軒あるだけだった。時折、北陸から汽車に乗ってやって来る行商のおばさんから、母親は干物や魚を買っていた。今のように多様な食品はなく、塩サバ、ニシン、焼きガレイなどがご馳走だった。

 そのような食糧事情だったので、干しゼンマイは貴重な保存食だったのだろう。しかし、山に自生しているゼンマイはワラビのように多く採れるものではなく、作るのにも結構な手間がかかる。だから特別の時にしか食べられなかったのだろう。郷里を出て都会に住むようになり、滅多に干しゼンマイを口にすることはなかった。

 あの味をもう一度という思いは、心のどこかに澱んでいた。ここ生石山の森に山小屋を建て、再び山菜に目が向くようになって17年になるが、そのころから干しゼンマイを作るようになった。農家のばあさんがむしろの上にへたり込み、ゼンマイを手でもむ仕草を思い出しながら、試行錯誤を繰り返した。

  今では、まずまずの干しゼンマイが作れるようになった。専門の農家が作ったものに比べれば劣るけれど、スーパーで売られている中国製よりもうんと美味しい。コンニャクと一緒に煮付けることにしているが、その素朴な山の幸の味わいは格別だ。

 そろそろ今年の分の干しゼンマイを作らなければならない。ゴールデンウイーが明けて山菜採りの人が少なくなったので、女房とともに近くの生石高原へゼンマイを採りに行った。太くて柔らかいものを探すのに苦労する。雄と雌があって、雌の方が美味しいとされるが、そんなことにこだわっていると多くは採れない。細いものも、雄も雌もごっちゃ混ぜである。

 とりあえず、2、3回は食べられる量を採った。綿を取り、柔らかい部分だけを摘み取る作業はなかなか面倒だが、干しゼンマイ作りは亭主の仕事と決めてかかっている女房は手伝ってくれない。野外で鳥たちのさえずりを聞きながら、黙々と作業に没頭するのどかな時間も悪くない。

 下ごしらえが終わったら、大きな鍋に湯を沸かす。煮立ってからゼンマイを入れ、しんなりするまで茹でる。湯を切ってストーブの灰をまぶして数十回揉みほぐす。水洗いしたあと天日干し。その間に何回も揉みほぐしておけば柔らかく仕上がる。2、3日すると、ゼンマイは真っ黒に干からびて完成だ。

 この干しゼンマイは、私を遠いふる里へ連れて行ってくれる・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110513123218.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110513123328.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110513123357.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110513123425.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110513123508.jpg


 

 
スポンサーサイト
   12:39 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 あんこ [URL] #YY3ad/52
お久しぶりです。エサのアジが手に入りにくいと聞きますが、超大物のアオリおめでとうございました。

ぜんまいですが、私が子供のころに手を真黒にしてむしろの上でおばあちゃんがやっていたのを思い出しました。ぜんまいといえば「こんにゃくとたいたの」ですよね。懐かしいです。
この春は、山ウドなど山菜採りに行きたかったのですが、残念ながらいけていません。
あ~懐かしや 2011.05.13 (金) 21:40 [Edit]
 kumoki [URL] #-
干しゼンマイ? 初めて聞きました。
鳥のさえずりを聞きながら、ゼンマイの作業をする、、、
すてきな暮らしですね!
 2011.05.15 (日) 04:56 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   あんこ さんへ

 本当にお久し振りです。
生石高原は、昨日の日曜日も山菜採りの人たちがたくさん来ていました。みんな、結構ワラビを採っていましたよ。
 あんこさんの近くで山菜採りはどちらへ行かれるのでしょうね。来年はぜひ山菜を味わって下さい。
 2011.05.16 (月) 06:52 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   kumoki さんへ

 干しゼンマイを水で戻すと、プリプリしていて美味しいものですよ。ぜひ、お母さんに送ってもらって下さい。多分、砂漠人さんの口にも合うように思います。
 そちらもセキレイなど野鳥がにぎやかそうですが、こちらも今はウグイスがよく鳴いています。朝起きて、口笛で鳴き声をまねて、ウグイスとコラボしているのですよ。
 2011.05.16 (月) 06:57 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/594-ddf33b81
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR