森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

三半規管の反乱・・・

 1週間ほど前のことだった。ロフトの窓から差し込む朝の光で、いつもの時間に目が覚めた。起き上がろうとして上体を起こしたところ、頭の芯がグラリと揺れ、右側に倒れた。もう一度起き上がると、同じように天井が回り、また転んだ。

 ロフトの階段にお尻をつきながら手すりを持って1階に降り、何とか居間のソファーに辿り着いた。目をつむってしばらくじっとしていると、目まいは少し治まった。しかし、軽い吐き気は続き、頭もぼーっとしたままだった。

 その時、6年前の出来事を思い出した。それは、今と同じ梅雨時だった。その日私は、ホームコースのゴルフ場で行われた関西シニア選手権予選会の手伝いに借り出されていた。4番ホールのティーグランドが持ち場だった。

 最初のパーティーが来るのを待っていると、急に体がぐらぐらと揺れ、その場に座り込んでしまった。そのうち座っていることも辛くなり、うつ伏せになって寝っ転がった。我慢できず、何回も吐いた。

 ゴルフ場職員が驚いて救急車を呼んだ。担架で救急車に乗せられ、病院に向かった。その途中でも吐き続け、意識はもうろうとしていた。これが心筋梗塞なのだろうか。このまま死んでしまうのだろうか。そんなことを考えていた。

 病院でどのような処置を受けたか、よく覚えていない。少し眠って目が覚めると、点滴を受けていた。再び眠って目を開けると、ゴルフ場からの連絡で女房が来ていた。もうめまいも吐き気もなく、すっきりした気分だった。

 医師によると、三半規管が暴動を起こしたのだと言う。今後何もなければ、もう病院に来なくていいとも言った。洗濯機の中に放り込まれたような目まい。胃がでんぐり返るような吐き気。こんなことは初めてだった。

 それが数時間でケロリと回復したのだから、キツネにつままれたような気分だった。それから6年になるが、一度も目まいは起きなかった。そして今回の異変だ。あの時の病状とは比べ物にならないくらい軽いので、病院に行くほどのこともなかろうと思っていた。

 しかし、目まいは治まらなかった。何か別の病気ではないかと心配になり、総合病院の耳鼻科に行ってみた。あれやこれや検査を受け、医師の言葉を待った。医師は眉間にしわを寄せ、検査結果に目を通している。深刻そうにも見える。

 「メニエルではありませんね。三半規管にある石でバランスをとっていますが、その石がすぐに正常な位置に戻らず、目まいが起きるのです。まあ、10日もすれば治るでしょう」。この診断に、正直ほっとした。

 これも老化なのだろうか。老いの兆候は「目、歯、マラ」の異変として現れるとか。昔の人はうまいことを言ったものだ。私も軽い老眼になってきたし、歯もあちこち傷んでいる。もちろん、アチラの方も元気が失せて久しい。

 今回、三半規管が反乱を起こしたように、老いは誰にでも忍び寄る。これを受け入れるしかないのだ。ボート釣りに行って、海に落ちたらどうしよう。鮎釣りで川に流されたらどうしよう。そんな心配がないではないが、人生の残された時間を考えると、無為な時間だけは過ごしたくないと思うのだが・・・。
スポンサーサイト
   11:44 | Comment:7 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 kumoki [URL] #-
読んでいてヒヤヒヤしました…。
メニエルでなくて本当によかったですね。
めまいの症状は心配ですが、
お大事になさってください。
 2011.06.11 (土) 18:12 [Edit]
 お茶目 [URL] #-
お久しぶりです。
コメントはしていませんがいつも楽しみで、
欠かさず読ませていただいてますよ。

めまいや吐き気が起きた時はさぞかしご心配だったことでしょう。
そのめまいのこと、先日のNHKのためしてガッテン!でやっていましたよ。
しかも今日の朝日新聞にも載っています。
耳石器から耳石がはがれ落ちて三半規管に入り込む病気ですね。
リンパの流れを使って耳石を元の位置に戻せば良くなるようですよ。
CGを使っての説明は簡単に元へ戻してましたが、いかんせん目に見えないから・・・

お大事に!
耳石 2011.06.11 (土) 20:09 [Edit]
 お茶目 [URL] #-
ごめん、ごめん

ためしてガッテンと申しましたが
6月7日ABC放送みんなの家庭の医学って番組でした。

訂正 2011.06.11 (土) 21:53 [Edit]
 そうでしたか・・・そんな事があったんですね。兄貴の文章中に、何回か三半規管の事が出て居まして、兄貴特有の工作物不出来の照れとばかり、思い込んで居たんですが・・・

 慎重なご性格故に、専門医の門を叩いているとの事でも有りますし、持病と折り合いを付けて、人生をお楽しみ下さい。愚弟より。
 2011.06.11 (土) 22:12 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   kumoki さんへ

 お心遣いのコメント、ありがとうございます。
今日は一度も目まいがなく、快方に向かっていると思います。
 いつまでも若くないと、思い知らされました。
 2011.06.12 (日) 17:22 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   お茶目 さんへ

 ブログを読んでいただいていて、有難うございます。心配をおかけして、申し訳ありません。
 家庭の医学という番組でやっていましたか・・・。ということは、目まいに悩む人が多いということでしょうね。
 しかも、この時期に放映するというのは、梅雨、湿気と関係があるのではないでしょうか。この前倒れた時も湿度が高かったのです。
 ご親切なアドバイス、心に沁み入ります。感謝です。

 
 2011.06.12 (日) 17:28 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 いやー、若くはありませんから、体の方々に故障が出ても不思議ではありません。お互い、気を付けたいものです。
 目まいというのは、物凄く気持ちが悪いものです。ジェットコースターに乗って、吐き気を催すのと同じなのです。でも、今は快方に向かっています。心配をかけて申し訳ありません。
 2011.06.12 (日) 17:34 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/602-3521b7c9
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR