笹ユリが咲いて、心が騒ぐ・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20110630081106.jpg
 
 山小屋の笹ユリが一斉に咲き出した。

 このところ、まるで梅雨が明けたような天気が続き、気温も上がって開花を促したのだろう。

 好色男の目から見ると、笹ユリは麗しい女性の姿と重なる。

 茎がすーっと伸び、小股が切れ上がった粋な女性。

 頬紅を差した様な淡い花の色は、少し危ない誘惑の色である。

 甘く、どこか切ない香りは、男心をくすぐる。

 爽やかな朝の風に吹かれながら、膝を折って笹ユリを見つめる朝の日課。

 物思いにふける私の背後に、女房がヌーッと立っていた・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20110630081150.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110630081229.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110630081341.jpg
 

スポンサーサイト

コメント

take it easy

ひまじんさん、
初めてコメントします。
ササユリ、田舎暮らし、ヤマガラなどの記事を読んで
勝手に共通点が多いのでたびたび訪問させて貰ってます。ちなみに、私は京都在住、週末は曽爾村でぼんやり時を過ごしてます。
たくさんのササユリ、羨ましいです。
曽爾村では鹿、観光客の為か最近ではなかなか見られなくなりました。何か再生プロジェクトでも考えないといけないですね。。。

   nagahiro さんへ

 コメントをいただき、有難うございました。
ブログも拝見しました。写真がとても素晴らしく、それぞれに味わいがありました。確かに、お互い、共通点が多いと思いました。曽爾村と言えば、ススキの高原ですよね。ここ生石高原もススキの大草原です。ススキの間にも笹ユリが咲いているのですよ。
 それにしても、色々な所にお住まいだったのですね。さぞや見聞を広められたことでしょう。
 つまらないブログですが、今後ともよろしくお願いします。

最後のオチで笑ってしまいました。
でも奥様を知らない人が読んだら誤解を招く書き方ですよ!!

笹ユリのような奥様です。

   亀丸さんへ

 笹ユリのような奥さま・・・女房が喜んでいます。
「また、来てもらってね」と言っています。
ご馳走すると思いますよ。
来て下さいよ。
非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR