森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

鮎の燻製が明石ダコに化ける・・・

  毎度お馴染の天然鮎の燻製でございまーす。

 大増水が続いていた有田川の水位が落ち着いてきたので、鮎釣りに出かけた。これまでは、石に珪藻が十分付いていなかったり、水位が不安定だったりして、情けなくなるほど少ない釣果だった。しかし、この日は様子が違った。

 オトリを対岸のアシ際に誘導して泳がせると、一発で掛った。糸がアシに引っ掛かることが多いので、強引に引き離しにかかったが、なかなか手前に寄って来ない。そのうち下流に走られ、川を下って引き抜き、無事タモでキャッチした。

 鮎は、よく肥えた20センチの良型だった。その後もボチボチ掛り、その半分くらいは18センチ以上のいい型だった。夏の日差しを浴びて成長する石の珪藻は、鮎を大きく育てるし、ほのかな西瓜の香りを放ってくれる。例年より早く梅雨が明け、やっと本格的な鮎シーズンになった。

 「あー、鮎の燻製が食べたいなあ」・・・。釣りの最中、釣り友「亀丸」さんのささやきが聞こえて来た。彼は鮎釣りをしないが、瀬戸内海にプレジャーボートを走らせ、イカやタコなどを釣っている。以前、鮎の燻製を進呈したところ、お世辞半分だろうが、「こんな美味しいものはない」と褒めてもらったことがあり、よし、燻製を作って送ってやろうと思った。

 いや実は、卑しい下心があるのだ。去年、亀丸さんに釣りたての鮎を送ったところ、しばらくして新鮮で大きなタコが5杯も送られてきた。このタコは、亀丸さんがボートで釣った「明石ダコ」なのだ。鮎の燻製を送る下心とは、「今年もひょっとしてタコが・・・」という思いがあり、姑息な先制攻撃なのだ。

 「明石ダコ」はそんじゃそこらのタコではない。明石海峡は、潮流発電の実験が行われているくらいの急流で、タコはその流れに負けない筋肉備えており、味は絶品なのだ。要するに最高のブランド品で、シャネル、エルメスみたいなものだ。

 女房の大好物でもあり、「鮎より美味しい」と、内心明石ダコを期待しているようだ。茹でて冷凍しておけば、長く味わえる。刺身も美味しいが、何と言ってもタコの炊き込みご飯が絶品だ。ご飯にタコの出汁が染みわたり、美味しさを倍増させている。これは、明石ダコならではの味なのだろう。

 さて、鮎の燻製だが、天然ものが手に入らない人は養殖ものでも美味しいはずだ。ダッチオーブンがあれば簡単に出来るので、手順を紹介しておこう。

   ↓  鮎のはらわたをを除き、全体に塩を塗りつける。腹の中にもすり込んでおく。約2時間日蔭で干す。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132428.jpg
   ↓  今回のスモークのチップは魚に合うブナにした。色付きもよく、味もすっきりしている。
vcm_s_kf_repr_351x468_20110716132505.jpg
   ↓  鮎を干している間に焚き火をし、炭を熾しておく。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132535.jpg
   ↓  ダッチオーブンの下と蓋に熾った炭を置き、オーブン自体を熱しておく。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132603.jpg
   ↓  いよいよスモーク。網と鮎に薄くオリーブオイルを塗っておくと、ひっつかない。ちょっとしたコツ。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132652.jpg
   ↓  約15分で出来上がり。オーブンは蒸す効果もあり、しっとりと仕上がる。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132723.jpg
   ↓  味見をしたが、クリーミーな味わいがあった。まずは成功!
vcm_s_kf_repr_468x351_20110716132807.jpg
スポンサーサイト
   14:03 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 あんこ [URL] #YY3ad/52
亀丸さ~ん!
「明石ダコ」
がんばれ~!
亀丸さ~ん 2011.07.17 (日) 05:22 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
ひまじん師匠、本日届きました~!!
黄金色に輝く絶品『鮎の燻製』。
それも良型ばかり15匹も・・・。
これだけ良い型の鮎を沢山釣るのは如何に名手のひまじん師匠でも大変なのは素人の私にも分かります。
しかも燻製ってこんなに手間がかかるんですね。
大変なおねだりをしてしまったと冷や汗をかく思いです・・・。

今、ひまじん師匠特製『鮎の燻製』で1杯やっております。
やはりいつも『美味しい』の一言では片付けられないほどの美味しさです。
鮎ほど燻製にピッタリの魚もそうはいないでしょうね。
頭から骨まで食べられますし、淡白なのにしっとりと脂が染み渡った身が本当に最高です。

真空パックにして少しずつ大切に味わいたいと思います。
釣友のライオン丸も楽しみにしているようです。
休み明けに渡します。

タコは昨年と違い苦戦が続いています。
先日は初めてライオン丸に勝ちましたが、2人で13杯、それも殆どがイイダコに近いサイズの新子です。
昨年の今頃は2人で108杯も釣ったんですがね~。
もう少しサイズが良くなる8月には必ず明石ダコをお送りできるよう頑張ります。

本当に最高の味をありがとうございました!!
本当にありがとうございます!! 2011.07.17 (日) 23:08 [Edit]
  [URL] #-
   あんこ さんへ

 こんな文章を書いて、亀丸さんはプレッシャーを感じているでしょうね。なーんか、申し訳ないです。
 今年はタコが小さく、不漁だそうです。でも、頑張れ!亀丸さん~。
 2011.07.19 (火) 07:42 [Edit]
  [URL] #-
   亀丸 さんへ

 プレッシャーを与えるようなブログになり、すみませんねえ。明石ダコは美味しいですが、無理はしないで下さいよ。釣れるも、釣れないも、時の運。それにしても、鮎を釣っておいて良かったです。有田川は台風の雨で大増水しています。これで10日以上は釣りが出来ないのです。また、大釣り出来たら、送りますよ。
 2011.07.19 (火) 17:03 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/616-127c6551
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR