森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

夫婦で北アルプスを歩く⑥・・・感動を胸に刻んで下山

 急峻な鷲羽岳(2924m)を目の前に、腰を引いていたわれら夫婦。三俣山荘の若くて美しい女性従業員に背中を押され、その頂上に立つことが出来た。山頂から眺めた北アルプスの大景観は、素晴らしいの一語だった。

 今回の山行は、小屋泊まり3泊の行程を立て、双六岳-三俣蓮華岳-黒部五郎岳へと登り、双六小屋に帰って来る計画だったので、鷲羽岳への登山は想定外だった。

 これを可能にしたのは、女房の機転だった。初日は鏡平山荘に宿泊する予定を急きょキャンセルし、さらに先の双六小屋に泊まることにしたのだ。3時間ほど余計に歩くことになったが、その分、その後の計画に時間のゆとりが出来た。

 3日目に予定していた黒部五郎岳への登山は、2日目に繰り上げることが出来た。これによって生まれた時間的余裕が、鷲羽岳登山を可能にしたという訳だ。フルコースの食事を注文したら、「これもどうぞ」と飛騨牛のステーキがサービスされた感じである。

 ↓ 鷲羽岳の余韻に浸っている余裕はない。すでに午後2時半。双六小屋への帰りを急がなければならない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914073742.jpg


 三俣山荘から双六小屋への帰り道は、巻き道と中道の二通りある。巻き道はアップダウンがきつい代わりに30分ほど時間短縮できる。中道は一旦三俣蓮華の山頂まで登らなければならないが、その後は比較的歩きやすい。鷲羽岳をピストンしてきたので、少しでも楽な中道を行くことにした。

 ↓ まずは三俣蓮華の頂上を目指さなければならない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914074743.jpg


 ↓ あれが三俣蓮華の頂上だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914075643.jpg


 ↓ 急登に女房も必死。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914075851.jpg


 ↓ 山頂に来た。今回の山行では2回も三俣蓮華に登ったことになる。薬師岳が見える。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914081414.jpg


 ↓ ここからは丸山、双六岳中腹の道を辿る。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914083202.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914081705.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914082108.jpg


 ↓ 槍を眺めながら尾根を歩く。つい見とれて足が止まる。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914082318.jpg


 ↓ 太陽が西に傾き、槍ケ岳の山肌の襞に陰影を映し出している。

   女房は「槍ケ岳山荘が光って見える。その右にも山小屋が・・・」と感激している。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914083934.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20110916143417.jpg


 槍ケ岳の写真から、いきなり双六小屋の寝床の写真になったのは、小屋への帰りを急いでいため、シャッターを押す余裕がなかったためだ。時計を見ると、とても5時からの食事には間に合いそうにない。女房が「急いでよ」としきりに尻を叩く。
 
 結局、双六小屋へ着いたのは5時半。途中で女房が「遅くなる」と携帯で電話しておいたので、食事が用意してあった。食堂には私たち夫婦だけで、バツが悪そうに「いただきまーす」。生ビールの乾杯も控え目に。「鷲羽岳に登れて良かったな」・・・。

 ↓ この日は客が少なく、私たちには一部屋与えられた。ツインルームだ~。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914120614.jpg


 ツインの部屋でぐっすり眠り、翌朝目覚めると、雨が降っていた。初日から3日間は北アルプスの景観が楽しめたので、文句は言えない。雨に打たれながら、山を下った。

 ↓ 青い花が雨に打たれて鮮やかだった。トリカブトか?

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914124019.jpg


 ↓ この写真を撮影して20分ほど後に、ハプニングが起きた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914125537.jpg

 
 ハプニングとは・・・。

 私たちは登山道の片側に寄り、小休止していた。上を見上げると、中年の女性が一人で下って来た。結構速い足取りだ。すると、岩で滑ったのか、道を踏み外したのか、もんどり打って谷に転げ落ちた。2回転したようだが、小さな木に助けられて止まった。

 助け上げるため、私が駆け上がった。登山道に残されていたストックを差し出すと、女性がつかまった。引っ張った瞬間、ストックが継ぎ目からスポッと抜けてしまった。またずり落ちた。途中まで下り、手で引っ張って何とか無事生還。女性は「考え事をしていて、つい・・・」と恐縮していた。怪我もなく、良かった。

 登山はこういう事もあるので、気を付けねば・・・。


 ↓ 秩父沢を渡れば、わさび平小屋はもう近いはず。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914174512.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914171517.jpg


 ↓ 北アルプスの冷たい水で口を潤す。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914171551.jpg


 ↓ 雨の中、転びもせず無事わさび平小屋に到着した。

 ここからは歩きやすい林道。1時間ほど下れば、新穂高温泉の下山口だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110914171622.jpg


 北アルプスの旅は終わった。五つの高峰に足跡を残し、美しい景観に心を震わせながら、胸いっぱいの充足感に浸り続けた4日間だった。

 われら夫婦は還暦を過ぎた年齢だが、1日平均8時間ほど歩くことが出来た。足腰の故障はなく、それほどの疲労も残らなかった。健康であることに感謝せずにいられない。

 和歌山の生石高原で暮らす私たちは、台風12号が通過してすぐ北アルプスに向かった。被害が出ていたことは知っていたが、和歌山に帰って来てその被害の大きさをニュースで知り、驚いた。

 こんな時に、山で遊び呆けていた私たち。呵責の念が今も胸のつかえとして残っている・・・。


       足跡を残した峰々--

 ↓ 双六岳(2860m)

vcm_s_kf_repr_468x351_20110915081956.jpg


 ↓ 丸山(2854m)

vcm_s_kf_repr_468x351_20110915082147.jpg


 ↓ 三俣蓮華岳(2841m)

vcm_s_kf_repr_468x351_20110915082726.jpg


 ↓ 黒部五郎岳(2840m)

vcm_s_kf_repr_468x351_20110915082604.jpg


 ↓ 鷲羽岳(2924m)

vcm_s_kf_repr_351x468_20110915082959.jpg



 
                  (北アルプスの旅・終り)






 
スポンサーサイト
   07:03 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ハカマ [URL] #-
いい天気に恵まれて、天上の楽園を楽しまれて、ホントに良かったですね。
登った山の印象は、天気に左右されるところが大きいですからね。
たくさんの写真を拝見し、思い出す景色も多々ありました。ありがとうございました。


いい天気でしたね 2011.09.21 (水) 05:45 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   ハカマ さんへ

 台風の被害はなかったですか?
風が強くて、蘭などは大丈夫だったでしょうか。
 北アルプスから帰ったばかりなのに、山の虫が騒いでいます。和歌山の手近かな山でも歩こうと思っています。
 百名山を目指しておられたハカマさんご夫婦ですから、私が撮った下手な写真でも、何か感じる所があったでしょうね。もちろん、懐かしさも。とくに鷲羽岳には心騒いだのではないでしょうか。
 機会があれば、ご一緒したいですね・・・。
 2011.09.21 (水) 17:15 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
お疲れ様でした。
かなり本格的に登山されるんですね。
最近ブログ仲間と六甲の軽い山を少し登る機会が何度かありましたが、とても北アルプスは無理です。
ご夫婦で北アルプスに挑む、素晴らしいですね。
私にはとても無理ですが、将来ひまじんさんご夫妻のようになりたいと憧れます。
超大作、堪能させていただきました!!
 2011.09.23 (金) 17:42 [Edit]
 まるまる [URL] #LkZag.iM
助けるために差し出したのがはずれるところで、思わず、声を出して笑ってしまいました。このごろ、あんまり面白いことがないので・・・・アハハ^^


お二人ともお元気でいいですね。私は足が悪いし、心臓も弱いので歩くにはだめです。山登りなんて、憧れです。

台風、大丈夫でしたか?
大きなのばかりやってきますね。

昨日は久しぶりに、斎藤さんご夫婦と甲賀へ行ってきました。

満点だったよ・・・・
 2011.09.23 (金) 18:13 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 高い山が尊いとは言えませんが、やはり北アルプスはいいですね。いまから、来年の目標を立て、地図とにらめっこしています。
 そろそろ暑さも和らぎ、アオリイカの季節ですね。今日、大引や小杭などへ偵察に行ってきました。そこそこのイカが釣れているようで、生きアジも心配なさそうです。来週は行ってきます。
 例の漁師の船では、大きなアジ、そこそこのイサギがたくさん釣れていましたよ。
 2011.09.24 (土) 16:58 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   まるまる さんへ

 お陰さまで、台風は大したことはありませんでした。山の上で暮らしていますので、雨の被害が出ないのです。
 山はいいですね。ゴルフをやめましたので、今はもっぱら山と釣りです。歩ける限り、全国の山を登りたいと思っています。
 まるまるさん、心臓が弱い?えっ、という感じです。毛が生えていると思っていました。いや、失礼!
 斎藤さんもお元気なのですね。お茶目さんはどうしているでしょう。みんなゴルフ三昧なのでしょうね。
 2011.09.24 (土) 17:05 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/642-cf01e2d7
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR