森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

薪ストーブの煙突を入れ替え

vcm_s_kf_repr_468x351_20110921081605.jpg

    ↑ 忍び寄る台風15号。その前日の夕方、山小屋から撮影した雲海。

 台風15号は、私たちが暮らす紀伊半島をかすめ、東海地方をうかがっている。未明から激しい雨が屋根を打ちつけ、時々目覚めるような激しい雨音だった。先の台風12号の災害に追い打ちをかけるのではないか、心配だ・・・。

 週間天気予報によると、台風が去れば気温が下がるらしい。和歌山の最低気温の予想は18度。すると、標高800m余りのここ生石高原では12、3度になるだろう。朝晩はセーターを着込まなければ寒い。 

 高原では、萩が淡い赤紫色の花を付け、ススキの穂も日一日と赤味を増している。秋は駆け足で深まって行く。間もなく、薪ストーブに火を入れることも多くなるだろう。そろそろ、蓄えておいた杉の薪を細かく割り、焚き付けをたくさん作っておかなければならない。

 薪ストーブの煙突を総入れ替えするのが、わが家にとってこの秋の大事業である。大事業なんて大袈裟だと思われるかもしれないが、高価なダブルの煙突に取り替えると、年金生活者にとっては大きな出費となる。

 先日、薪ストーブ・暖炉の専門店「憩暖」(河内長野市)の小林社長以下4人が煙突工事のため山小屋にやって来た。今の煙突は、山小屋を建てた時から使い続け、18年を経過している。

 煙突のトップには大量のタールがこびり付き、機能の低下が著しいのだ。今後の事を考えると、この際、室内も含めてすべての煙突を新しくした方がいいという小林社長のアドバイスに従った。

 長年見慣れた煙突が、従業員の手で次々外されて行く。何か一抹の寂しさを感じる。そして、新しい真っ黒の新品が取り付けられ、工事は午前中で終了した。

 今年の冬は、薪ストーブと格闘する日々が続いた。「寒い」「煙たい」と不平を漏らす女房。それを解決出来ないふがいない亭主・・・。夫婦仲が刺々しくなることもあった。

 実は昨年秋、それまで使って来たストーブが壊れ、新たにベルギー製の「ドブレ760CB」という大型に買い替えた。さぞや暖かくなるだろうと思っていたが、期待は裏切られた。薪は勢いよく燃えず、煙が室内に噴き出した。「洗濯物が臭くなる!」と、女房はヒステリー状態なのだ。

 小林社長が飛んで来てくれたが、原因は煙突に問題があることが分かった。トップ部分をタールが塞いでいて排煙が不十分だったのだ。それと併せ、室内の煙突がシングルだったため、上昇気流(ドラフト)が弱く、薪の不完全燃焼が起きていた。応急処置をしてもらい、何とかストーブの機能は回復した。

 ストーブ本体は、いくら高価で高機能でも、煙突が適正でなければただの鋳物の箱に過ぎないのだ。ストーブは、煙突が熱せられることによって上昇気流が発生し、新鮮な空気を吸い込んで燃える仕組みになっている。断熱材が装填されているダブル煙突は、ストーブの機能を最大限に引き出してくれるという訳である。

 とくに、わが山小屋のような寒冷地では、煙突の熱を逃がさないダブル煙突が望ましい。遅まきながら煙突の重要性が分かり、総入れ替えの工事に踏み切ったという次第だ。

 これからは、煙が逆流することもないだろうし、薪もよく燃えて暖かいだろう。われら夫婦が刺々しくなることもなくなるに違いない。新しい煙突がもたらしてくれる夫婦円満と言いたいところだが、女房のお小言は相変わらずでございまして・・・。

    ↓ 新しい煙突が取り付けられる。
vcm_s_kf_repr_351x468_20110921081855.jpg

    ↓ 煙突トップも新しく取り替えた。
vcm_s_kf_repr_468x351_20110921081934.jpg

    ↓ 工事完了。ストーブに火が入る日は近い。
vcm_s_kf_repr_351x468_20110921082005.jpg
スポンサーサイト
   08:29 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ご苦労様でした。登山行から帰られての、今度は冬備えの炊き付け作りですか。中々の鉄人振りですね。それにしても、重厚な趣の煙突ですね。使用が進むとストーブにマッチした火焼けの色に為って来るんでしょうね。

 台風の方は、お陰さまで、何事も無く去って行きました。
 2011.09.21 (水) 22:26 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 おはようございます。
今朝の温度は9度で、寒いです。
薪ストーブに火を入れました。
煙突を新しくしましたので、よく燃えてくれます。
今からこんなに薪を使うと、今年の分が足らなくなりそうです。寒くても辛抱しなければなりません。
 台風の被害がなく、幸いでしたね。
 2011.09.23 (金) 06:38 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
夏が過ぎたと思ったら、早速冬支度とは・・・。
やはり生石高原の冬の訪れは早いですね。
立派な煙突になりました。
さぞよく燃えて薪の消耗が激しかろうと思いますが、薪ばかり作ってもいられませんね。
涼しくなってきたら、そろそろアオリイカが・・・。
 2011.09.23 (金) 17:49 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 返信、遅れてしまいました。
昨日、アオリイカの餌のアジだけ釣ろうと出かけましたが、つい釣りをしてしまいました。これについては、今日のブログで書きました。いよいよ、秋のイカシーズンですね。亀丸さんの船も全開が近いですね。
 今年はアジに心配することはなさそうです。 
 2011.09.26 (月) 12:50 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/644-e0250b8c
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR