森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

アオリイカ6杯・・・でもアンカーを失った

vcm_s_kf_repr_468x351_20110927182618.jpg

 先日、由良湾にボートを浮かべ、1時間半ほどアオリイカのご機嫌を伺った。幸い2杯釣れ、気分良く竿を納めた。「よし、明日もやるぞ」--ボートを漁港に係留して帰宅したが、翌日は朝から生憎の雨。そこで中一日置いて釣りに出かけたという訳だ。

 この日は朝から快晴。天気予報では波が高くなるとのことだが、ベタ凪である。いつもの場所にアンカーを放り込み、生きアジを針に掛けて磯に向かって放り込んだ。イカ釣りは、この第一投がワクワクしてたまらない。

 すぐに当たりがあり、激しくリールから糸が出て行った。イカがアジに乗ったようだが、糸の引っ張り方がどこか弱々しい。多分小型に違いないが、一応掛けバリのヤエンを装着して海中に送った。

 そろーっと竿を立てる。イカは海水を噴射して遠ざかろうとし、ギューンと竿を曲げる。ヤエンにうまく掛かったが、すぐに浮いてしまうほどの小型だ。海に帰そうかどうか、一応迷った。しかし、もしこの後1杯も釣れなかったらお土産がない。誰も見ていないし、恥を忍んでクーラーに入れた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110927182659.jpg

 しばらくすると、またイカが乗った。今度は先ほどよりも大きそうだ。ヤエンで掛けて引き寄せ、網ですくおうとしたらこちら向かって大量の墨を吐き、ボートは真っ黒になってしまった。まあ、墨をかぶっても釣れればうれしいものだ。

 銅長20センチほどで、走りの季節のレギュラーサイズだ。これくらいが釣れると、釣り人は「食べごろサイズやね」と言って照れを隠す。しかし実際、身が透き通っていて、食べて美味しいサイズである。

 こんなこともあった。アジを回収するため、ゆっくりリールを巻いていると、アジを狙って茶色の影が走った。イカがアジを追いかけてきたのだ。リールから2ヒロほど糸を出し、しばらく待ってみた。案の定、イカがアジに食いつき、フリーにしたリールが逆転した。してやったりである。

 当たりが遠のいたので、場所変わりしてみた。すると、のっけから当たりがあった。これはそこそこの引きを楽しませてくれた。この日一番の大きさで、銅長25センチほどだった。しかしこの1杯だけで、その後はウンともスンと言わない。

 再び元のポイントに戻り、アンカーを入れた。2杯を追加した午前10時半ごろから風が吹き出した。天気予報通りである。白波も立ち出したので帰港しようと、アンカーロープを引っ張った。ところがアンカーはビクともしないのだ。エンジンを後進にして引っ張っても駄目。次第に額から汗が噴き出した。

 このアンカーは根掛りした場合、爪が伸びて外れるようになっているのだが、爪の何本かが岩の間に入り込んだのだろうか。ロープにブイを付けておけば、馴染みの漁師の漁船で引っ張って回収してもらう手もあるが、そのブイもない。断腸の思いでロープを切った。

 結局、3時間半ほどで釣果は計6杯。それはそれで不満はない。しかし、アンカーを失って意気消沈である。ああ、高くついたアオリイカ釣りだった・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110927182734.jpg

 
スポンサーサイト
   06:47 | Comment:1 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 まるまる [URL] #LkZag.iM
大漁でよかったですけど、アンカーって高いのですか??

おいしかったあの味が忘れられません。耳がコリコリしておいしかったです。

今度はいつお帰りですか??早めに連絡してください。
 2011.09.30 (金) 12:18 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/647-3c1073bd
 
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR