山小屋裏の登山道に団体さんが大挙・・・

 天気予報通り寒気が南下し、ここ生石山でも晩秋のような寒さになった。朝起きて、山小屋の外に掛けてある寒暖計を見ると、気温は11度だった。ここ数日、朝夕はめっきり冷え込むようになり、薪ストーブに火を入れる事が多くなった。10月入りしたこの日はとくに寒く、一日中薪を焚き続けた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180457.jpg

 昼前、ストーブの前で本を読んでいると、人の声が聞こえてきた。外に出ると、山小屋の裏を通っている登山道を団体さんがやって来たのだ。地元の公民館が募集した登山の一行で、案内人の一人から事前にこの催しを聞いて知っていた。

 一行は30人余り。山小屋の裏にはベンチもあるので、みなさんに一服してもらった。公民館の山歩きの催しに何回か参加したことがあるので、顔見知りの人もいた。「ブログを読んでいますよ」というご夫婦もおられ、気恥しいやらうれしいやら・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180550.jpg

 こんな山奥で暮らしているわれら夫婦を珍しがる人もいた。「冬もここで過ごしているのですか」との質問は、まことにごもっともだ。確かに、標高800mに立地するわが山小屋は、雪に閉ざされる日が多く、気温も氷点下10度近くになることも珍しくない。「真冬になると、この広い森の人口は私ら4人だけなんです」と答えたが、多分、変人と思われているのだろう。

 一行は間もなく生石高原に向かった。ここからは15分ほどの距離である。高原のススキはこれからが見ごろだ。午後からは晴天になり、ススキの穂が波打つ白銀の世界を楽しまれたことだろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180645.jpg

 午後4時ごろから私も生石高原を歩いた。日が西に傾くと、逆光になってススキの白銀の穂が際立って美しく、この時間帯に歩くことにしているのだ。安物のカメラで無造作に写真を撮ってみた。深まる秋を実感していただければ・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180734.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180814.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180850.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001180943.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001181020.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001181140.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20111001181345.jpg
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。先日はお声をきけて、嬉しかったです。
加齢臭の話し、あのときのことですね。

いよいよ明日からチェンマイです。
奥様と一緒に遊びにおいでくださいね。

ひまじんさんのお写真、本当に高原の風がふいてきましたよ。カメラマンになっても食べていけたと思います。
非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR