孫がやって来た・・・自然体験

 息子の嫁さんと孫が、紀伊山中で暮らすわれら爺さん、婆さんを慰問に来てくれた。たまには孫の顔を見せてやりたいという嫁さんの心遣いだろう。

 孫はまだ2歳半の男の子である。顔を見るのは4か月ぶりだが、その間に一段と口達者になるなど、成長著しい。

 遠くから来てくれたので、何とか楽しい思い出を作ってやりたいと思う。和歌山には、海南市のマリーナシティー、白浜のアドベンチャーワールドなど子供にも楽しめる施設があり、そこへ連れて行くことも一度は考えた。

 しかし、遊園地へ行くのは余りにも孫に媚び過ぎているのではないか。それよりも、折角自然豊かな山に来たのだから、その中で存分に遊ばせてやろう。大人になったら、今回の山小屋の体験などは忘れてしまうかもしれないが、それでも何かが残ると思う。

 孫たちは午後遅く山小屋に到着した。まずは、すぐ近くの生石高原へ。草原の小道にはススキが覆いかぶさり、孫は「トンネルやねえ」と走り回る。折れたススキを拾って振り回し、「シャワー、シャワー」と言ってはしゃぐ。確かに、穂の形はシャワーに似ている。子供は、大人の目と違うユニークな発想をするものだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111029085242.jpg

 嫁さんが夕陽を見たいと言うので、小高い場所に移動した。折しも夕陽が紀伊水道に落ちようとしていた。嫁さんはその美しい光景に見入っていたが、孫はまったく無関心。ま、仕方ないだろう・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111029085328.jpg

 翌朝は、ウッドデッキに出てヤマガラに餌をやる。孫は山小屋へ来る度にこれを楽しみにしているのだが、ヤマガラが手に止まると、こそばゆいのかすぐ手を引っ込めてしまう。ヤマガラはびっくりして飛び立ってしまい、うまくいかない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111029085414.jpg

 次は焚き火体験をさせる。例えば、八ヶ岳の別荘地では焚き火が禁止されている。火事の危険もあるが、近隣の人から「煙たい」という苦情が多いらしい。困った世の中だ。枯れ葉を燃やし、暖を取る。灰は畑に使う。焼きイモを作るのも、日本の良き伝統だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111029085711.jpg

 山小屋裏の杉林に入り、孫に杉の枯れ葉を集めさせる。火を付けると、パチパチと勢いよく燃えあがる。その様子が面白いのか、孫の目がキラキラ光る。焚き火の炎は、孫の記憶の襞に刻まれるだろう。

 原木栽培しているキノコ畑に連れて行き、クリタケとシイタケを採らせてやった。「ジジィが作っているんだよ」と説明しても、理解するのは無理だろう。しかし、キノコは木に生えるものだと、少しは分かっただろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20111029085621.jpg

 このような体験をし、「また来たい、バイバイ」と言って帰って行った。その言葉は、お世辞を知らない子供の本心だろう。自然と触れ合い、自然と遊ぶのは情緒教育に役立つとも言われるが、そんな難しいことはどうでもよい。

 自然に、森に、少しでも冒険心をかき立てられれば、それでいい・・・。

 
スポンサーサイト

コメント

森に暮らすひまじん様
素晴らしいの一言です。2日間の体験全てがマリーナシティの何倍もお孫さんの中に蓄積されたでしょうね。四半期に一度は来て欲しいですね。おじいちゃんとしてもお望みでしょう?
いいお話でした。

しかし焚き火の禁止はどういうことでしょうね。(失礼な言い方ですが・・・)そんな山奥で焚き火禁止てー。誰が言い出したんですか?撤回させてください。まったく!(怒)って私が怒ったってしかたないですけど・・・

良いおじいちゃんですね

とても良いおじいちゃん振りですね。
お孫さんを自然の中で遊ばせてやることが、一番良い情緒教育になると思います。
私もそう思って、孫が来たときは、なるべく自然の中で遊ばすことを事を考えています。
良い体験をしたお孫さんは、次回の訪問を楽しみにしているとこでしょう。

   isshy さんへ

 私は自然いっぱいの山村で生まれ育ちました。ですから、孫にも同じよな体験をさせたいと思うのだと思います。ただ、私の場合は、情緒豊かな人間には育ちませんでしたが・・・。
 焚き火が出来ない別荘地なんて、魅力がありませんね。幸い、わが山小屋の周辺ではうるさく言われないので、しょっちゅう焚き火をしています。

   ハカマ さんへ

 いえいえ、いいお爺ちゃんではありません。
ハカマさんの方がはるかに家族思いですよ。
 お互い、自然豊かな土地に住んでいるのですから、孫たちは恵まれているかもしれませんね。
 もう少し大きくなれば、ボートに乗せて釣りに連れて行こうと思っています。
 煙樹ケ浜を見せれば、竜馬のようなスケールの大きい人間に育つかもしれませんよ。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR