森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

背筋が伸びる「蜩の記」

vcm_s_kf_repr_351x468_20111229100346.jpg

 今年もあとわずかとなった昨日、憚ることなく涙を流し、一冊の本を読み終えた。「蜩の記」(葉室麟著、祥伝社刊)である。蜩(ひぐらし)の鳴き声が聞こえる中、一人の武士が切腹して果てる物語だ。

 つい先日、和歌山市の書店に立ち寄った。歴史小説のコーナーでふと目に止まったのがこの本である。表紙に描かれた武士の姿が印象的だった。武士は背筋を伸ばし、筆を使っている。障子越しには、黄昏の近い西日が射し込んでいる。大好きな藤沢周平の小説と重なるような雰囲気が漂っていた。

 しかし、本の題名が妙だなあと思った。時代小説に「鯛の記」とはどこかしっくりこない。老眼の目をこらすと、題名の下に小さな字で「ひぐらしのき」と書いてあった。魚の鯛ではなく、蝉だったのだ。恥ずかしながら、私には「蜩」を「ひぐらし」と読めるほどの素養がなかった。

 それはともかく、表紙の絵に心を惹かれて買うことにした。帯に「鳴く声はいのちの燃える音に似て」と書いてあり、これも背中を押した。夏の終わりに「カナカナカナ」と鳴く蜩の声を聞くと、私は、人の命や世のはかなさというのか、寂寥感に心を揺さぶられることがある。蜩の鳴き声と、その武士の生きざまとを重ね合わせる物語の行方は・・・。

 九州は豊後の小藩で奥祐筆を勤める壇野庄三郎は、城内で刃傷沙汰を起こした。切腹は免れたが、山村に幽閉され、藩史の編纂を続ける元郡奉行戸田秋谷の監視と編纂の手伝いを命じられた。

 秋谷は、前藩主の側室と密通した罪で幽閉され、10年後には切腹するよう言い渡されていた。それまでは藩史編纂が課せられ、命を区切られた人生を生きて行く。庄三郎が秋谷の幽閉先に赴いたのは、切腹まで残り3年に迫っていた。

 庄三郎は、秋谷の凛とした生き方に心を動かされ、不義密通にも疑問を持つようになった。妻と子供二人は秋谷の生き方を信じ、切腹までの残された日々を見つめながら健気に生きて行く。

 正直言って、この物語は美し過ぎるきらいがある。清冽な川の流れのような生きざまに感動する半面、人間がそれほど潔く死を受け入れることが出来るものなのか、疑問も湧く。

 物語の中で、貧しい農家の少年が、友人である秋谷の息子をかばい、郡吏の拷問にかけられ死んだ。この少年の最期を描くことで、作者は凛とした生き方が何も武士に象徴されるものではないと主張しているように思える。秋谷が美化され過ぎているので、少しホッとする部分である。

 「蜩の記」は、日本人の美意識を朗々と謳い上げている。この一年、隣国を含めて諸外国の不作法や勝手な振る舞いを見てきただけに、清々しい思いにさせてくれた。東日本大震災の際に見せてくれた被災者の我慢強さや節度も、日本人の精神性の高さを思い知らされた。

 そんな1年を締めくくるにふさわしい、読み応えのある本だった。読み終えると、ピンと背筋が伸びた・・・。

 

 
スポンサーサイト
   10:10 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 タマモクロス [URL] #mQop/nM.
本年も色々とアドバイスいただき、ありがとうございました
来年こそは、ふらっと生石高原によりたいものです

ご夫婦共々良いお年をお迎え下さいm(_ _)m
 2011.12.31 (土) 09:41 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   タマモクロス さんへ

 おめでとうございます。
ここ生石高原は、5月になると過ごしやすくなりますので、それこそ「ふらっ」とおいで下さい。
 2012.01.04 (水) 08:17 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2012.02.25 (土) 15:16 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   鳴門舟 さんへ

 「蜩ノ記」の感想を聞かせていただき、有難うございました。
 小説をしっかり読み込まれていて、驚きです。
私はどんどん読み飛ばしていくタイプですので、気付かないことが多いのです。
 今回の少年の年齢などもそうなのです。
 葉室さんの小説は、図書館で借りて3冊読みました。彼の小説は、少年と農民が多く登場し、美しく描かれたいますね。「柚子の花咲く」(間違っているかもしれません)もそうなのです。武家の凛とした生き方とバランスをとるため、少年や農民をより一層美しく描くのではないかと、勘ぐっています。
 鳴門舟さんの疑問はもっともだと思います。
 2012.02.26 (日) 17:53 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2012.02.27 (月) 15:08 [Edit]
 今井 [URL] #Z0eBfVjg
「蜩ノ記」がラジオドラマで放送されます。NHKFM青春アドベンチャー6月18日から全10話です。
ラジオドラマ 2012.06.01 (金) 17:47 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/683-5b105273
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR