森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

電車に揺られ、遠くへ行きたかった・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20120219130430.jpg

 女房はインターネットの共同購入サイト「ポンパレ」と「グルーポン」に入れ込んでおり、毎日チェックを欠かさない。レストランや旅館などが格安料金を設定し、これらのサイトで予約販売する方式で、まとまった申し込みがあってはじめて共同購入が成立する。たくさんのお客を集め、薄利多売で儲けようというインターネットならではの商売だ。

 10日ほど前、女房は京都丹後地方の民宿が売り出した宿泊プランを予約した。カニとアワビの夕食付きで、料金は通常の半額。しかも、源泉かけ流しの風呂付きである。売り出しから5日ほどすると数十組の申し込みがあり、共同購入は成立した。さっそく予約を入れ、夫婦でカニを食べに行くことになった。

 松葉ガニ、越前ガニなどと呼ばれる日本海のズワイガニは1杯2万円も3万円もする。これ見よがしにタグが付いており、「貧乏人は食べるな」と威張っているみたいだ。われら年金生活者にとっては高嶺の花であり、今回の宿泊プランの料金が料金だけに、タグ付き松葉ガニが食べられるとは思っていない。多分、紅ズワイガニが出てくるのだろう。

 やせ我慢ではなく、私たちにはそれで十分なのだ。しつこいが、われらは年金生活者である。城之崎温泉かなんかの高級旅館にタクシーで乗り付け、大きな松葉ガニを無造作にかぶりつくような金持ちとは違う。

 そもそも年金生活者がそんな贅沢をしてはいけない。今もらっている年金は、現役世代が支えてくれているのだ。しかも、年金制度は税収不足で行き詰まっている。「税と年金制度の一体改革」は喫緊の課題であり、野田総理ら諸先生方が苦労されている。今のご時世に、年金生活者がカニだの、フグだの、贅沢を話題にすることすら不謹慎だろう。

 もちろんわれらの旅行は、特急電車を使うような贅沢はしない。北の果てであろうと、南の果てであろうと、どこまでも鈍行電車で行く。どうせ暇だから、急ぐ必要もないのだ。ジパングの会員になっているのでJR運賃は3割安いし、青春18切符を使うこともある。年金生活者にふさわしい安上がりで楽しい旅になるよう心を砕いているのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120219130551.jpg

 先日の早朝、JRの紀州路快速に乗って大阪駅に向かった。さらに丹波路快速に乗り継ぎ篠山口駅へ。ここまでは快速なのでそれなりに速かったが、ここからは各駅停車の鈍行だ。福知山駅で北近畿タンゴ鉄道に乗り換え、宮津駅経由で目的の網野駅を目指した。泣き砂で知られる琴引浜の民宿に着いたのは、家を出てから9時間余りが経過していた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120219130657.jpg

 実は今回の旅行だが、カニ料理を食べるのが目的ではなかった。極端な言い方をすれば、料理はどうでもよかった。電車に揺られて遠くに行きたかったのだ。私たち夫婦が暮らす生石山は氷点下の日々が続き、山小屋に引きこもっている。山の住人もたったの4人。妙に人恋しくなり、無性に遠出をしたくなったという訳である。

 宿の料理は、予想したよりも良かった。カニにタグは付いていなかったが、刺身、茹でガニ、味噌などがふんだんに盛られ、夫婦無言で食べ続けた。ズワイのメスのコッペガニも付いていたし、ちゃんとアワビの刺身も食べられた。結局鍋用のカニは食べきれず、冷凍してもらって持ち帰った。二夜連続でカニが食べられ、得をしたような・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120219130742.jpg

 鈍行電車ならではの旅でもあった。文庫本をリュックに入れていたが、車窓に目を奪われてほとんど読むことはなかった。篠山口から福知山に至る山村の風景は、懐かしく心にしみる自身の原風景だった。ひなびた駅舎と乗り降りするお年寄りの姿は、映画のシーンを見るような思いだった。

 宮津から網野の沿線は、おびただしい雪だった。今年は記録的な大雪と言われるが、その通りだった。屋根から落ちた雪が山になり、庭先は雪の下に埋もれていた。密度の濃い雪が降り続いており、雪と格闘する住人の苦労がしのばれた。「お前、カニを食べている場合か?」。そんな辛らつな言葉が、どこからか聞こえてきた・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120219130825.jpg


 
スポンサーサイト
   13:13 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 nagahiroy [URL] #-
ひまじんさん、
カニにアワビ、羨ましい限りですね~。私もひまじんさんの旅を更に再現したくなりました。

私はほぼ毎週末、曽爾村へ行ってます。この点はひまじんさんと逆かな。。。仕事に、人に疲れて、少しでも静かな曽爾でゆっくりしたいんです。でも、不思議な事に長期で滞在すると人恋しくなるんですがね。。。
この週末、曽爾も雪だったので写真をアップしました。
また、見ていただけると幸いです。
 2012.02.19 (日) 21:57 [Edit]
 たかたん [URL] #-
鈍行での旅、風情があっていいですね。
僕も、それで旅してみようと思いました。^^
最近は、マイカーを使うより電車に乗る方が楽でいいです。「ジパング」の会員になればJR料金が安くなるんですね。調べます。ありがとうございます。
話は、変わりますが禁煙外来に行きました。二回目の禁煙外来で呼気中の一酸化炭素濃度もタバコを吸わない人と同等にまで下がりました。
薬の副作用は全くなかったのですが最初の二週間は禁断症状に苦しみ抜きました。何度も挫折して、ちょっこと吸いましたが、チャンッピックスのおかげで吸ってもまずくて一口で捨てました。今日辺りから、ようやく薬が効き始めたのか禁断症状も楽になって来ました。
ひまじんさんの記事のおかげで、禁煙外来に行く勇気をもらい、かつて幾度も失敗した禁煙に光が見えてきました。
ありがとうございます。
本当に、感謝します。
こんにちわ。 2012.02.21 (火) 10:15 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   nagahiroy さんへ

 先日のフグの返礼に、娘さんとカニカニはいかがですか。
 曽爾の雪の写真を拝見しました。
いい景色ですね。
 こちら生石高原よりもはるかにきれい。
しかも氷点下10度とは驚きです。
空気がきりっとしていて、写真が一層きれいに撮れるのだと思います。
 曽爾高原の山小屋で、心の洗濯をして下さい。
 2012.02.21 (火) 18:41 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   たかたん さんへ

 ついに、禁煙外来へ行ったのですね。
禁断症状、苦しかったでしょうね。
でも、よくぞ我慢。拍手です。
これからも、時折苦しいことがあるかもしれませんが、我慢して下さい。
 「ひまじん」と競争していると思って下さい。
私も「たかたんさん」と我慢比べと思って頑張ります。
2ヵ月後、ネット上で成就の乾杯をしましょう。
 2012.02.21 (火) 18:46 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/699-e2300bc8
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR