餌を催促する知恵者のヤマガラ

 朝起きると、真っ先に薪ストーブの残り火で薪を燃やす。居間が暖まるまでしばらく時間がかかるので、座椅子に座ってストーブの前に足を投げ出し、ぼんやりとした時間を過ごす。

 体が温まるのを待って、座椅子の左手にあるガラス戸のカーテンを開ける。すると、これを待っていたかのようにヤマガラが十数羽やって来る。ウッドデッキの手すりにとまって、ヒマワリの種の餌がもらえるのを待っているのだ。

 その中に、なかなか知恵のあるヤマガラが1羽いる。ガラス戸の向こうに置いているベンチの背もたれにとまり、ガラス越しに餌を催促するのだ。ヤマガラと私の距離は、ガラス1枚を隔てて30センチほどしかなく、当然目と目が合う。うまい方法だなあと思う。

 ヤマガラの目を見つめながら、「お腹がすいたか?」「食べたいか?」などと話しかけるのが日課である。ヤマガラは時々首をかしげながら、辛抱強く餌を待っている。少しじらしてヒマワリの種を与えるのだが、このひと時は実に楽しいものである。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120223115507.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120223115533.jpg



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR