森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

あぁ懐かしい・・・へしこの味わい

vcm_s_kf_repr_468x351_20120330071459.jpg

 「へしこ」をご存知だろうか。新鮮で脂の乗った鯖を糠で漬け込んだ食べ物だ。越前から丹後にかけて作られる冬の保存食で、醗酵食品独特の香りと強烈な味わいがある。この味に慣れると、クセになる。

 先日、高校時代の同級生と1泊2日のゴルフを楽しんだとき、総合商社を退職して北陸の実家にUターンした友人がお土産として「へしこ」をくれたのだ。同じ北陸育ちの私にとって、実に懐かしい食べ物だった。

 毎度の昔話になるが、私は小さな農村で育った。集落には食料品店が1軒だけあったが、母親は手足の病気で買い物に行くことが出来なかった。このため、食料品は行商のおばさんから買うことが多かった。

 行商のおばさんは、風呂敷包みの大きな荷物を背負い、福井の敦賀から汽車に乗って数日置きに来ていた。外出が出来ない母親はおばさんが来るのを楽しみにし、村の様子などを聞いていた。

 その大きな荷の中には、へしこをはじめ、焼き鯖、カレイやキスの一夜干しなどが入っていた。まだ小さかった私は母親の横にペタンと座り、二人が話すのを聞いたり、荷の中を覗き込んだりしていた。今でも、行商の「敦賀のおばさん」の面影を思い出すことが出来る。

 おばさんから買ったへしこは、焼いてお茶漬けの上に乗せて食べたように記憶している。今から思えば懐かしい味だが、しょっちゅう食べさせられたから、多分食傷気味だったと思う。

 高校を卒業して都会に出て、トンカツやハンバーグなど新しい味と出会い、田舎の食べ物から遠ざかった。同級生がくれたへしこは、実に半世紀ぶりの再会だった。「これを食べて故郷を思い出せよ」というメッセージだったのだろうか・・・。

 やがて社会人になり、食については生意気になった。神戸牛のステーキだの、寿司だの。あそこの中華がどうの、イタリヤ料理店がどうの。田舎者がいきなりキンキラキンの服飾をまとった成金のようでもあり、身の程知らずだった。

 このごろは、田舎の食べ物の方が贅沢だったと思うようになった。小指ほどの太いゼンマイ、赤カブの漬物、焼き鯖と煮付けた素麺、釜の底にこびりついたご飯のおこげ・・・。思い出せば枚挙にいとまがない。

 それらは何も懐かしいだけではなく、そこに本当のおいしさがあるように思えるのだ。フランス料理や中華料理はなるほどおいしいけれど、心を震わせる何かが足りない。その「何か」は、生まれ育った土地の伝統や風土が育んだ味であり、DNAが記憶している味覚なのだ。

 同級生からもらったへしこは、三枚に下ろして軽く焼き、熱々のご飯の上に乗せて食べた。わがDNAを刺激する懐かしい味だった。街にあふれる美食の味はすぐ忘れるが、おふくろの味のように脳細胞に刻まれた昔の味は忘れない・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120330071547.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120330071618.jpg
スポンサーサイト
   07:21 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/711-bbdfc824
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR