森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

トンカチ40余年・・・現役の金槌

vcm_s_kf_repr_468x351_20120401153635.jpg

 花の四月--。あぁ、これで暖かくなるんだと思うと、うれしくなる。今年の冬が例年になく寒かったので、一層喜びが大きい。ただ、私たちが暮らす山小屋は標高800mもあり、季節の移ろいは人里に比べると半月以上のタイムラグがある。それでも下界から、桜の便りが届くと何事につけやる気が出てくる。

 昨年春、山小屋の西側に40坪ほどの畑を開墾した。しかし、冬の間にブロッコリーや小松菜、ホウレン草などを根こそぎウサギに食べられてしまった。そこで先日から、畑の四方をナイロン製の網で囲う作業を続けていたが、少し暖かくなったので作業がはかどり、ほぼ完成にこぎつけた。

 囲いは、ウサギが入れないだけでなく、イノシシの侵入も断固として阻止する強力なものである。網を畑の外側の地面に広げ、その上に杉の丸太を重しとして置いた。イノシシは網が足に引っかかるのを嫌がり、しかも丸太の重みで地面を掘り起こすことが出来ないようになっている。

 丸太と丸太は、鉄のカスガイで繋いだ。カスガイは重量のある金槌でないと、なかなか打ち込めない。私は、丁度良い金槌を持っている。すっかり錆付いた年代物だが、まだ現役のバリバリである。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120401153827.jpg

 このブログのいつものパターンだが、金槌への思い出へと強引に文章を進めることにしよう。

 私が会社に入って間もない頃の話である。大都市近郊のスーパーマーケットの2階に小さな釣具店があった。店主は、実に見事な白髪で、70歳くらい。背筋が伸びた古武士のような人だった。客に媚びるようなところはなかったが、どこか温かみのある人柄だった。休日など暇があるといつも釣具店に出かけ、店主の釣り談義を聞くのが楽しみだった。

 「小物を釣るのも面白いが、底物をやってみてはどうか。休みが合えば、一緒に遠征しよう」と誘われた。底物というのは、海底近くに生息するイシダイやイシガキダイなどを狙う釣りである。当時でも、イシダイは幻の魚と呼ばれ、滅多に釣れるものではなかった。

 店主は、茫洋とした見かけからは想像できない名うての底物師だった。それもそのはず、釣りキチのため一流企業を棒に振った人だった。当時、まだ映画「釣りバカ日誌」はなかったが、今思うと、主人公ハマちゃんやスーさんに、この底物師の姿が重なるのだ。

 当時は独身だったのでお金も自由になり、高価なイシダイ竿など道具一式をい買い込んだ。そのうちの一つが、この金槌なのだ。竿受けを固定するため磯の割れ目にピトンを打ち込むのだが、そのための専用の金槌である。

 これを機に底物釣りへとのめり込み、この金槌とも行動を供にした。やがて結婚し、女房とともに遠く屋久島、四国などへもよくイシダイ釣りに行った。だから、女房にしてもこの金槌に縁がない訳ではない。そしてあれから40年余りを経た今、こうして女房の畑作りに役立っている。

 金槌はかなり上物である。細かいところにも細工がしてあり、何よりも頑丈だ。今はアオリイカ釣りをしているが、この釣りもピトンを打ち込んで竿受けを固定するので、金槌を愛用している。長い間酷使しているが、ビクともしないのだ。

 道具は大切に使えば、人の寿命よりも長く使える。そして道具は、使い手の手垢が浸み込み、味が出る。そんな愛用の金槌をながめながら、しみじみと思い出に浸っている・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120401153729.jpg
スポンサーサイト
   07:04 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
よい道具は一生ものですね。
私は安物買いの銭失いで、すぐに道具を駄目にしてしまいますが・・・。

ひまじん師匠、底物師もされていたんですね。
ウニやサザエなんかの高価な餌をたっぷり付けて、デイヤーとぶん投げていたんですね。(笑)
しかし、新婚時代にあちこちの磯に付いて来てくれるなんて、本当にいい奥様です。

お礼に思い出の金槌で、奥様孝行に丈夫なフェンスをしっかり作ってあげてください。
 2012.04.02 (月) 22:00 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 そう、ウニを使いましたねえ。
当時のお金で、1個50円くらいだったのでは・・・。
もちろん、サザエ、トコブシ、マムシも使ました。
釣果の方は、聞かぬが花です。
 ヘラブナ以外は、何でもやりました。
下手の横好きというやつです。
どんな釣りでも面白いものです。
 さて、亀丸さんのボート釣りを期待しているのですが、出撃はいつですか?
楽しい記事を期待していますよ~

 
 2012.04.04 (水) 18:47 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/712-3eb34562
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR