森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

えびね温泉へ・・・車中で色々思ったこと

 紀伊半島の南部に注ぐ日置川。そのほとりに「えびね温泉」がある。かつて、このあたりにえびね蘭が群生していたので、そう名付けられたと言う。湯は硫黄の香りがし、肌にまとわり付くような柔らかさで、ツルツルになる。

 源泉かけ流しである。どこの蛇口をひねっても温泉水が出てくる。飲用としても人気があり、ポリタンクをたくさん積んだ車が連日やって来る。1リットル10円。この温泉水でご飯を炊いたりコーヒーをいれたりすると、まろやかな味になる。糖尿病の人も愛飲しており、血糖値が下がるらしい。

 連休谷間の1日、夫婦で「えびね温泉」に出かけた。車にはもちろんポリタンクが積んである。片道3時間ほどの長距離ドライブだ。女房に運転してもらい、私は助手席から萌える新緑を楽しんだ。

 有田川沿いに走っていると、川に立ち込む釣り人の姿が見えた。そういえば、この日は鮎の解禁日である。これまでは5月25日ごろが解禁日だったが、昨年から5月1日になった。この日は曇り空だったので肌寒く、まだ水も冷たい。釣り人は雨具を着込んで寒そうにしていた。

 そもそも鮎釣りは夏の釣りである。強い日差しの下、大きく育った鮎と渡り合うのだ。鮎の餌は川の石に付く珪藻である。夏の太陽で珪藻が育ち、これを食べて鮎が肥り、スイカとかウリの香りを漂わせるのだ。5月初旬に釣れる鮎など、本来の鮎ではない。解禁の繰上げは、早くから釣り人を呼び込もうとする漁協の金儲け主義である。

 私は鮎を釣りたいがため、滋賀から有田川の近くに移住して来たほどである。鮎を語らせば人語に落ちないと思っているし、早く釣りたいのも山々である。しかし、十分成長していない鮎、香りの薄い鮎など釣りたくない。意地でも5月下旬まで竿を出す気はない。

 「精神の劣化」と言えば大袈裟かもしれないが、解禁日の前倒しを決めた漁協にそのようなものを感じる。動機は金儲けしかなく、川、強いて言えば自然に対する尊厳が感じられないのだ。

 車に揺られ、精神の劣化に思いを巡らせていると、難航する瓦礫処理の問題が頭に浮かんだ。安全と言われている瓦礫さえも受け入れない自治体や住民。ここにも、日本人の荒涼とした精神世界を見る思いがした。「絆」と言いながら、何が「「絆」かと思う。あの大震災の時、我慢強く、節度ある姿を見せてくれた東北の人たちに合わせる顔がない。

 鮎の解禁問題と何の関連もないが、次は昨今の原発再稼動へと飛躍し、どうにも止まらない。こういうのを八つ当たりと言うのだろう。原発問題は難しく、私がとやかく言えるような事ではないが、滋賀、京都の知事の言葉尻にどうも違和感を感じるので、一言・・・。

 原発被害に責任を負わなければならない立場だから、政府の再稼動に条件を付けるのはよく分かる。しかし、福井から送られてくる電気を使ってきたのは、ほとんど発電施設を持たない滋賀であり、京都である。再稼動に注文をつけるのに異議はないが、滋賀、京都はそれに代わる電力を自らの地域で作る覚悟も示すべきと思うし、立地住民の心にも配慮すべきと思うが、どうだろうか。

 この二人の知事は頭が良さそうだし、如才もない。言語明瞭でもある。だから、私のような素人の批判を封じるため、知事は二人とも「駄々っ子のように言っているのではない」と予防線を張っている。

 物事を判断したり決めたりするのは、論理的であるか、合理的であるかである。しかしそれだけではいけない。日本人としての行動や判断の基準にかなっているかが重要だと思う。それは自然に対する感性、人に対する慈愛とか誠実、正義、惻隠、恥などである。うまく言えないが、論理的に決めたことでも、心に響かなければならないのだ。西洋人との違いである。

 このような事に思いを巡らせているうちに、眠ってしまった。目覚めると、車は中辺路のあたりを走っていた。女房によると、いびきをかいていたようだ。いい気なものである・・・。
スポンサーサイト
   12:55 | Comment:2 | Trackback:1 | Top
 
 
Comment
 
 アガタ・リョウ [URL] #-
 ショート・バカンスでしたが、異国に身を置くと矢張り日本・日本人を意識する物ですね。違いの中に在る基は何かと考えたりするのは、面白い物です。

 最後の三行は、兄貴らしくて好いですねぇ。味合いが在って、本質をサラリと書いて、照れの落ちで締め括る。

 へへへ、焼き過ぎて、只今、背中が痒くて堪りません。
 2012.05.03 (木) 09:07 [Edit]
 森に暮らすひまじん日記 [URL] #-
 先ほど、旅行記の4,5日を読み終えました。
台湾女性との対話がとても面白かったですよ。
さぁ、日常の世界ですね。
お母様の介護、大変でしょうが頑張って下さい。
変な夢を見ちゃー、駄目ですよ。
 2012.05.05 (土) 07:54 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/722-f441c4e0
実際いびきをすんなりと何らかの方法で治した方はまだまだ少ないのではないでしょうか?正しい方法さえ知れば、誰でもいびきは改善できます。しかもあなたに身近にある方法で・・・。
2012.05.15 08:07
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR