森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

金環日蝕の時間、魚は釣れない・・・

 太陽が欠け出すと、ひんやり寒くなった。太陽が元の姿に還ると、暖かく感じるようになった。金環日蝕の日、私は知り合いの漁船に乗っていた。太陽のエネルギーというのはすごいものなんだ・・・。そんな小学生の感想文みたいな事しか書けないが、それが正直な実感だった。

 金環日蝕の前夜、釣り友から「そろそろイサギが食い出すはずだから、船釣りに行かないか?」と誘われていた。私たちが暮らす生石高原は360度の展望が開けているので、ここから観測しようと思っていたが、今が一番美味しい麦わらイサギの誘惑に負け、船に乗せてもらうことにした。

 誘ってくれた仲間は、釣り好きが高じて漁船まで買ってしまった男である。船は由良湾に係留してあり、当日は知り合いの漁師の息子が操船し、3人で釣りをすることになった。朝5時45分、紀伊水道に向けて出発した。ここは、金環日蝕の軌道のど真ん中にあたり、完璧な金環が見られるはずである。

 この日の朝は、時折青空は見えるが、かなり厚めの雲がかかっていた。特殊な観測用眼鏡を持たないわれらにとってこの天候が幸いした。太陽を直接見ないようテレビでやかましく言っていたので、それを守った。しかし、太陽に雲がかかるとまぶしくなく、チラッと見ながら太陽が欠ける様子をしっかり見ることが出来た。

 そして7時27、8分ごろ、厚い雲の向こうにはっきりと黄色のリングが浮かんだ。それから数分、リングが見えたり隠れたりした。われら3人のうちの誰かが「今や!」と叫ぶと、一斉に空に目を向ける。「見えたな」「うん、見えた」「すごいなぁ」・・・。まるで、子供のような会話である。もう、釣りどころではなかった。

 太陽、月、地球が一直線上に整列する。理論上は当たり前に起こることではあるが、しかしこの天体ショーを目の当たりにすると、これは奇跡としか思えない。小さい頃、ガラスの破片に蝋燭の火で煤を付け、部分日蝕を見たものである。あの時の興奮が、この歳になって、また蘇った。あの頃は、網膜症の危険について一言もなかったよう思うのだが・・・。

 さて釣りの方だが、結論から言うと日蝕の間中、イワシ一匹釣れなかった。釣れ始めたのは8時半ごろからで、3箇所目のポイントからだった。日蝕が魚の食餌行動に影響を与えたのだろうか。テレビ報道によると、動物園のサルが一斉に木の上に登るという異常行動が見られたという。地震の前にナマズが跳ねる。これにも一理あるかもしれない。

 釣果はイサギ5匹、中型のアジが60匹ほどだった。イサギが数釣れなかったのは残念だ。実は23日に8人のお客がわが山小屋を訪ねてくれる。絶品の麦わらイサギを堪能してもらいたかったが、たっぷりという訳にはいかない。アジの一夜干しでもかじってもらおう。

 金環日蝕という歴史的なその時、釣り船の上で潮風に吹かれ、記念すべきリングを見た。釣り好き冥利に尽きるというものだ。稀代の釣りキチにして風流人、江戸時代の画家英一蝶もこれにはかなうまい・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120522141217.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120522141246.jpg


 
スポンサーサイト
   14:18 | Comment:2 | Trackback:1 | Top
 
 
Comment
 
 さすけ [URL] #-
8人のお客様とは、またおもてなしが大変ですね。
でも新鮮なアジ60匹なら十分喜んでもらえますね。
イサギも少ないとは言えおいしそう!

さて今年もまた鮎のシーズンですね。
こちら広島もいち早く江の川が解禁を迎えたようです。
今年もひまじん師匠の有田川レポ、楽しみにしています。^^
こんばんは。 2012.05.22 (火) 23:57 [Edit]
 森に暮らすひまじん日記 [URL] #-
   さすけ さんへ

 こんにちわ。鮎、いよいよですね。
しかし、オトリ屋の話を聞くと、有田川では今、さっぱり釣れていません。去年から解禁を5月1日に前倒してしまったので、今は要するに釣り荒れなのでしょう。
 昨年の台風12号の洪水で、有田川もすっかり川相が変わりました。昨年までよく行ったポンとは砂で埋まっています。今年は景気のいいレポートは出来ないでしょう。さすけさんの活躍に期待しています。
 2012.05.24 (木) 18:06 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/728-f0baeae3
 太陽が欠け出すと、ひんやり寒くなった。太陽が元の姿に還ると、暖かく感じるようになった。金環日蝕の日、私は知り合いの漁船に乗っていた。太陽のエネルギーというのはすごいものなんだ・・・。そんな小学生の感想文みたいな事しか書けないが、それが正直な実感だった...
2012.05.23 00:32
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR