テレサ・テンとアグネス・チャン

 このブログは、アグネス・チャンのファンは絶対読まないでもらいたい。必ずや不愉快になる。

 今日金曜日の午前中、NHKのBSプレミアムでテレサ・テンの特集を放映していた。番組の最後に、「つぐない」「時の流れに身をまかせ」を歌った。42歳で人生を終えたあの日の衝撃を思い出し、涙が流れた。

 アジアの歌姫テレサは、世界の人々から愛された。あの丸い顔に、少し下がった眉が愛らしかったが、その表情にどこか悲劇性が宿っていた。日本で最後に歌った映像が流されたが、肌に張りがなく、目にも力がなかった。

 その映像には、1995年5月8日、タイのチェンマイで気管支喘息のため亡くなる予兆のようなものが滲んでいた。テレサは、私にとって好きな歌手の一人に過ぎなかった。しかし死後の彼女は、その歌声とともに、人生のはかなさを教えてくれた存在感のある歌手として心に残っている。

 NHKの番組を見ながら、歌手アグネス・チャンの顔を思い浮かべずにいられなかった。アグネスは香港の中国人、テレサは台湾の外省人、二人とも1970年代から日本で活動しており、共通点が多い。

 愛着のあるテレサに対し、私はアグネスを生理的に受け付けない。日本に来て何十年にもなるのに、いまだにたどたどしいあの日本語は何だと言いたい。テレサは美しい日本語を話したし、努力して数年で流暢に話す外国人も少なくないが、アグネスにはその気がないのだろう。

 あれは1988年のことだった。作家林真理子女史とアグネスのいわゆる「子連れ出勤」論争である。アグネスがテレビの収録現場に自分の乳児を連れて来たことに対し、林女史は「周囲の迷惑を考えていないし、プロとして甘えている」と痛烈に批判した。

 私は「よくぞ言ってくれた」と快哉を叫んだ。確かに、女性の仕事と子育てという問題をはらんでいるが、彼女の態度は余りにも自己中心的である。言い過ぎかも知れないが、それは中華思想の現れであり、中国の言動と同じなのだ。日本には職場に子供を連れてくる文化はないし、その矜持を誇りとしている。

 アグネスは児童ポルノの禁止に力を入れているようだ。「ワタシ、子供ノ人権守リタイ」「モチロン、表現ノ自由モ守リタイ」と人権活動家のような立派なことを公言している。ならば、母国中国の人権侵害、表現の自由についてもっと発言したらどうか。荒唐無稽だろうが、中国のスパイと揶揄する人もいるのだ。

 ネット上で、アグネスの発言が物議をかもしたらしい。彼女は日本ユニセフ協会の親善大使だが、この団体について「ユニセフと同じ」と発言したのが問題になった。組織としては別で、親善大使もあくまでも民間の立場らしい。どちらにしても、アグネスは毀誉褒貶の多い女性と言えるだろう。ちなみに黒柳徹子の場合は正式の親善大使だそうだ。

 アグネスの活動に賛同している人や、歌が好きな人にとって、私のたわ言は大人気ないだろう。それは分かっているが、どうしてもアグネスは好きになれないのだ。テレサの在りし日の姿を見て、つい本音が出てしまった・・・。
スポンサーサイト

コメント

 へへへ、私も、兄貴と同趣旨で、積極的に嫌って居る一人です。彼女が出ると、チャンネルを変えて仕舞います。

 彼女の歌が、流行りに流行ったのは、私が高校時代だったと思います。あんな舌足らずの素人歌唱の何処が好いのか・・・、私には最初からブリッコの厭らしさが見え見えで、虫ずの走るチャイニーズ・ガールでしたよ。
その当時の歌では、千正夫の月影のワルツが大好きでしたねぇ。

 後年、アメリカの大学に入り卒業したと云う事で、生意気口を叩いて居ましたね。比較社会学とやらで、日本の悪口でギャラを稼いで居るんですから、NHKは、中国様で、無難でお気に入りのタレントの一人なんでしょうね。

 現在の千正夫とアグネス・チャンを比較して見るのも、彼女のライフ・ワークじゃ無いでしょうかね。

   アガタ・リョウ さんへ

 おはようございます。
朝っぱらから、アグネスの顔を思い浮かべるのは不愉快ですが、アガタさんも同じ意見と知り、安心しました。
 あのたどたどしい日本語を売りにしているとしたら、日本を馬鹿にしているとしか思えません。
 まぁ、このように話題にすること自体、いけませんね。無視。無視・・・。

昔の記事へのコメントですみません

こんにちは。
今日、安倍首相がアグネスチャンのご長男の結婚式に行ったというニュースで、不意にテレサテンさんを思い出しネットで調べていて貴記事に出会えました。
僕が漠然と感じていたことが書かれていて、溜飲が下がる思いです。
僕はテレサテンさんが香港で歌った、「香港」が最高の歌だと思っています。
香港の民主化運動にいち個人としてデモに参加していたテレサテンさんを尊敬しています。
取り急ぎ、お礼まで。

No title

    おっこちゃん さんへ

 コメント有難うございます。
安倍首相がアグネスのお祝いに駆けつけたのですか?けしからんですね。
アグネスの言葉の端々に中華思想がにじみ出ていて、日本とは相容れないと思います。
 貴兄と同じような考えではないでしょうか。
よくぞコメントを書いていただきました。有難うございます。
非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【テレサ・テンとアグネス・チャン】

 このブログは、アグネス・チャンのファンは絶対読まないでもらいたい。必ずや不愉快になる。 今日金曜日の午前中、NHKのBSプレミアムでテレサ・テンの特集を放映していた。...

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR