森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

漁港で小魚と遊ぶ・・・豊漁だ

 梅雨が明けて天気が安定してきたので、久し振りに近くの漁港へ釣りに行くことにした。女房は豆アジ、私は木っ端グレやバリコ(アイゴ)を狙う。日中は暑いので、夕方の2、3時間だけの釣りである。

 釣り場は、醤油発祥の地・湯浅に近い小さな漁港だ。わが山小屋からは車で45分ほどの距離で、色んな魚種がそこそこ釣れるので、週末は釣り人でにぎわう。私たちもこの港へ釣りに行くようになって十数年になる。

 釣り場に着くと、女房はさっそく竿を出した。すぐに、10センチほどの豆アジが釣れ、キラキラと空中を舞っている。その後も順調に釣れているようだ。女房のサビキ釣りの一連の動作は慣れたもので、安心して見ていられる。

 私はまず、撒き餌となるヌカ団子を練らなければならない。ヌカやアミエビ、集魚剤、砂などを調合するのだが、団子が海に沈んでいく途中でうまく割れるように練るのがコツである。

 釣り始めた頃、私と同じ年恰好の男性が隣に釣り座を構えた。港の近くで暮らしていて、暇があれば釣りに来ているという。やがて小学6年生の少年2人が加わった。この少年も地元で、隣の人と知り合いらしい。

 幸い私には、グレ、バリコ、チヌが順調に釣れた。しかし隣の人にはさっぱり釣れないのだ。それを見ていたのか、少年の一人が私のそばに来て、餌のつけ方、団子の握り方をじっと見入っている。

 「おじさん、うまいスね」。「和歌山弁をしゃべらんのか」。「こっちの方がカッコいいス」。「いつも来ているの?」。「うん、よく来ているよ」。「勉強もしろよ」。「へへへ、そうスね」・・・。こんな会話を交わした。

 この少年、私のことを「お爺さん」と言わず、「おじさん」と呼んだところが心憎い。少年にしては、年寄りに取り入るツボを心得ているのだ。小学校の高学年ともなれば生意気盛りだが、この少年には愛嬌もある。

 私は少年の針に餌を刺し、団子を握ってやりながら釣り方を教えてやった。すると、いきなり手のひらサイズのグレを釣り上げてしまった。それからというもの、少年は肩が触れ合うほどに近寄り、私から離れようとしないのだ。私の餌と団子を平気で使うところは、やはりまだ子供である。ただ、彼が釣ったのはこれ1匹だけだったが・・・。

 しばらくすると、少年は「何時ごろ帰るの?」と聞いた。「餌がなくなったら帰るよ」と答えた。それからも度々、「いつ帰るの?」としつこく質問を繰り返す。さては、私が帰れば余った餌と団子をもらおうという魂胆なのだろう。少年に皆まで言わせるのは可哀相だから、「さぁこれあげる」と言って餌と団子のすべてを進呈した。

 隣の薔薇は赤い--という例えがあるように、私には少年の気持ちがよく分かる。釣り人の心理は、よく釣れている人の近くにウキを入れたがる。餌も団子も特別のものと思いたがる。まして自分が釣れなければ、何事にも疑心暗鬼になる。少年は私の使う餌が羨ましかったのだろう。それが私も含めた凡庸な釣り人の心理なのだ。

 さてこの日の釣果は、女房が豆アジ240匹、私がグレ13匹、バリコ3匹、チヌ1匹の計17匹だった。豆アジは南蛮漬けに唐揚げ。グレは刺身に煮付け。バリコは一夜干し。

vcm_s_kf_repr_468x468.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120722183453.jpg
スポンサーサイト
   18:40 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ボーダ [URL] #-
ひまじんさんは心が広いんですね。私だったら、少年と張り合って餌も使い切っていたかもしれません(苦笑)
それにしてもそちらの釣りのご様子は、
いつもとっても羨ましい気持ちで読ませてもらっています。
私も奥様のように豆アジをたくさん釣ってみたい。
たぶん私も夢中になって何百匹でも釣り続けると思います。
新鮮な豆アジのフライ、本当においしそう。
 2012.07.24 (火) 12:46 [Edit]
 nagahiroy [URL] #-
ひまじんさん、
何時もひまじんさんのブログを読むと癒されますね。
今日は報告があります。
8月から転職して初めての単身赴任をします。部署を立ち上げ、信頼出来る部下も育ったので、新たなチャレンジを最後にもう一度って感じです。自分で60歳定年を決めているので、それまでの数年を安泰から激動へと身を寄せてみます。
友人に言わせると私は「ばかちん」だと・・・
数年後には関西に帰ってくるつもりですので、その時にはお会いしたいですね。
 2012.07.25 (水) 10:33 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   ボーダ さんへ

 おはようございます。
こちら日本は連日の猛暑です。
熱中症で毎日死者が出ているようですよ。
地球のあちこちで異常気象が起きており、不気味ですね。
 女房はアジを釣り出すと、夢中になってしまいます。
釣り過ぎて、お裾分けで走り回っています。
豆アジをたくさんもらって、迷惑な人もいるでしょうね。
 2012.07.27 (金) 10:23 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   nagahiroy さんへ

 新たなチャレンジとはすごいですね。
60歳までにあと一仕事をするというバイタリティーに感心します。
人生悔いのない生き方に共感を覚えます。
そして、その後の人生に悔いの残らないためにも・・・。
健闘をお祈りしています。
 関西を離れられる時は、ハスクのチェーンを錆びさせないよう、しっかり手入れをしておいて下さいよ・・・。

 
 2012.07.27 (金) 10:29 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/749-5e6296a8
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR