森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

槍ケ岳--①

 年齢を重ねるごとに高所恐怖症がひどくなるわれら夫婦だが、北アルプスに聳える絶壁の槍ケ岳(3180m)に挑むことにした。朝6時20分、奥飛騨・平湯温泉の高山市営あかんだな駐車場に車を置き、シャトルバスで上高地に向かった。安房トンネル、釜トンネルを抜けると、そこは涼やかな風が吹き渡る登山基地の上高地である。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803053053.jpg

 登山届をポストに入れ、いざ出発だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803053732.jpg

 しばらく歩くと上高地の象徴・河童橋。橋の上から梓川上流を眺める。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803053830.jpg

 早朝の木漏れ日の中を歩く。平坦な道が続く。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803054657.jpg

 小一時間歩くと、穂高神社奥宮のある明神だ。1日目は時間の余裕があるので、寄ってみることにした。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803070556.jpg


 古くから登山者に愛されてきた明神の嘉門次小屋。女房は独身時代、登山仲間と泊まったことがあると言い、盛んに懐かしがっていた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803065241.jpg

 明神池。それほどの神秘性は感じない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803065817.jpg

 梓川のせせらぎを聞き、左手に明神岳(2931m)を見ながら歩くが、頂上はあいにく雲に隠れていた。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803073045.jpg
 

 明神から1時間ほど歩くと徳沢だ。井上靖の名作「氷壁」にも登場する徳沢園のたたずまいは、山の宿の雰囲気を漂わせていた。

 ここの名物はソフトクリーム。女房の姿が見えないと思ったら、案の定・・・。

 実は、上高地に入る前夜、平湯の旅館で酒を飲み過ぎ、ひどい二日酔いだった。旅館のトイレで出す物はすべて出し尽くし、歩いている途中もずっと「ゲーッ、ゲーッ」。登山の前夜は眠りたいので酒量が増える。去年の薬師岳登山もひどい二日酔いで急登の太郎坂を登った。慣れていると言えば、慣れているのだが・・・。女房は「足を引っ張らないで」と怒っている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803072113.jpg

 槍ケ岳、涸沢への分かれ道の横尾に到着。歩き始めて4時間ほどになる。サンダル履きでここまで来る観光客も少なくない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803075132.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803075203.jpg

 横尾を過ぎると山道だ。ようやく前夜の酒が抜け、歩行にも調子が出てきた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803080231.jpg

 女房は先を歩いているが、私は立ち止まって小休止。ふと見上げると、尖がった山が見えた。槍ケ岳の穂先である。ピンポイントでしか見えない位置で立ち止まるなんて、槍との因縁のようなものを感じた。果たして、頂上に立てるのだろうか。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803080900.jpg

 登山者の多くが休憩する「一の俣」。ここで初めて食べ物を胃袋に落とす。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803081540.jpg

 槍沢の水は美しい。エメラルドグリーンなんてチャラチャラした言葉は使いたくない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803081609.jpg

 槍沢のせせらぎ、野鳥のさえずり・・・。気持ちのいい道を歩き、至福の時間を楽しむ。

 vcm_s_kf_repr_468x351_20120803082137.jpg

 今夜泊まるのは「槍沢ロッヂ」。急な坂を登ると、「もうすぐ」の看板があった。登山ではいつも「もうすぐ」に騙される。それから結構距離があるものだ。「今出ました」という蕎麦屋の出前に似ている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803082951.jpg

 午後1時45分、「槍沢ロッヂ」に到着。おおむね予定通りだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803084020.jpg

 宿泊手続きを終えたら、もちろんこれ。二日酔いの苦しみを忘れてグビッ。1杯900円。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803084057.jpg

 ロッヂから槍の穂先が見えた。明日はあの奇跡のような岩峰を目指すのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803084333.jpg

 夕食はこれ。もちろん生ビールも。山で食べる食事は何でも美味しい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803084739.jpg
 
 明日の朝は早い。夜8時過ぎには眠りにつきたい。おやすみなさい・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803085051.jpg

                                  
                                     (続く)


  
 
 



スポンサーサイト
   09:03 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/752-25965334
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR