森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

槍ケ岳--②

 上高地と槍ケ岳の中間にある「槍沢ロッヂ」で二日目の朝を迎えた。外に出ると、明るくなり始めた空には雲ひとつなく、絶好の日和である。樹林の隙間から、朝日を受けた槍ケ岳の穂先がオレンジ色に染まっていた。

 vcm_s_kf_repr_468x351_20120803095516.jpg

 午前5時前、弁当を持って出発。石がゴロゴロした道を登る。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803095809.jpg

 白い花がまぶしい。ナデシコの一種だろうか。(後で図鑑を調べたら、ナデシコ科のセンジュガンビと分かった)。白いシャクナゲも美しい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803100026.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803100056.jpg

 40分ほど歩くと、一気に前方が開けた。ババ平キャンプ場だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803100128.jpg

 しばらく雪渓の端っこを歩く。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803101902.jpg

 振り返ると、V字の槍沢がなだらかに下っている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803102219.jpg

 槍沢大曲がり。大きく迂回しながら登る。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803113822.jpg

 歩き始めて1時間半。そろそろお腹が減ってきた。美しい山岳風景を眺めながら、ロッヂの弁当を広げた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803113907.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803113936.jpg

 腹ごしらえをして再び歩き始める。前方にどっしりとしたツバメ岩が鎮座している。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803115509.jpg

 標高は2000mを超え、色々な高山植物が見られるようになった。この花はシナノキンバイ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803115833.jpg

 槍を目指す人、槍から降りて来る人が交錯する時間帯になった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803115909.jpg

 天狗原の分岐。こちらに進むと天狗池があり、逆さ槍を映し出す。絶景ポイントだが、先を急ぐのでまたの機会に。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803134407.jpg

 この一団は、下山する中国人民の皆さん。中年の男性がわれら夫婦二人の写真を撮ってやろうと言う。お言葉に甘えてハイ、ポーズ。謝、謝。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803134443.jpg

 雪渓を横切る。殺生ヒュッテの従業員がスコップでステップを切ってくれていた。安全登山の裏方だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803135530.jpg

 出発して3時間、ついに槍ケ岳のてっぺんが姿を見せた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803135732.jpg
  
 登っても登っても槍には容易に近づけない。あぁ、もどかしい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803140611.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803140811.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803140842.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803140912.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803143431.jpg

 槍ケ岳を開山した念仏僧播隆は、この岩屋で52日間も念仏を唱えていたという。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803144159.jpg

 必死で登ってきたので気付かなかったが、振り返ると百名山常念岳、富士山と南アルプスの山並みが見えた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803144412.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803144438.jpg

 標高は3000mに近付いている。空気の薄さを実感し、すぐに息切れする。後方には殺生ヒュッテ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803145517.jpg

 あと400mの表示。しかし、普通の400mではない。胸突き八丁の急斜面をジグザグに登るが、槍の基部に建つ槍ケ岳山荘まではなお遠い。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803150124.jpg

 あと200m。槍を見上げると、梯子が垂直に立っている。登山者が岩にしがみついている。このままそっと下山したい気分である。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803150537.jpg

 さぁ、あともう少し。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803151325.jpg

 やっと槍ケ岳山荘に到着した。早朝の出発から6時間余りかかった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120803151406.jpg

 標高3180m。日本で5番目に高い槍ケ岳の大槍が私たちを見下ろしている。目もくらむような峻険さだ。自宅の屋根にも登れない高所恐怖症の私たちにとって、その頂は途方もない高みにある。果たして、天空の人となれるのだろうか・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20120803152452.jpg

                                       (続く)








スポンサーサイト
   08:02 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/753-9627b569
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR