森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

お盆は子供や孫とともに・・・

 お盆は大津市の自宅で過ごし、1週間ぶりに紀伊山地の山小屋に帰ってきた。子供や孫が帰省し、にぎやかな日々だったが、今こうして山小屋の居間に落ち着くと、やれやれという気分である。

 娘二人は、女房の実家と私の郷里の墓参りに同行してくれた。息子夫婦と孫は都合で墓参りには来なかったが、大津の自宅に一泊してくれたので、何はともあれ子供3人全員とお盆を過ごせたことになる。

 お盆は、亡くなった親族の霊を祀る行事で、お墓参りがメーンイベントだろう。もちろんそれも欠かせないが、どちらかと言えば、子供が親に顔を見せる行事の一つになっている。

 振り返ると、昔と今ではそんな帰省の様子にも微妙な変化を感じる。

 私の場合、忙しい勤務の合間を縫うように帰省するのは、それが子供の義務のようなものと思っていたからだ。しかし近年のテレビのインタビューなんかでは、「親元でのんびりしてきました」「田舎でリフレッシュ出来ました」などという声をよく聞く。

 しかし私の親などは帰省すると、「おう、帰ったか」という挨拶が返って来るだけ。お袋の料理が食卓に並んでいて有難かったが、それだけである。お土産を渡し、ひたすら近況を語って聞かせて一日が終わるのである。何日も休みが取れないので、後ろ髪が引かれるように帰途につき、リフレッシュするどころではなかった。

 今では主客が転倒している。子供は親のサービスを期待し、親は子供たちを接待するのに知恵を絞る。わが家も恥ずかしながら同じである。

 息子夫婦と孫には、比叡山の麓にある明智光秀の菩提寺・西教寺を案内した。孫に静寂の気持ちよさは分かるまいが、大きくなったらあの夏の日を思い出してくれるかもしれない。この後は、地味なお寺参りの罪滅ぼしで、孫を甲賀の忍者村に連れて行った。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120816105010.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20120816105047.jpg

 娘たちは琵琶湖の外輪船ミシガンで船遊びを楽しんだ。8月は私の誕生月で、ケーキを買ってきて祝ってくれたがそれは口実で、娘が大好きな有名ケーキ店のバナナケーキが食べたかっただけなのだろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20120816105132.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20120816105159.jpg

 このお盆、子供と孫に囲まれて過ごすことが出来た。末の娘は吉本興業の下手な芸人よりも話芸が達者で、しばしば笑い転げさせてくれた。しかし年を取ると、このような楽しい日々も多少疲れる。山小屋に帰ってきて居間に腰を下ろすとき、思わず「よっこらしょ」という声が出る。そして、静かな安らぎに満たされていく・・・。

 
スポンサーサイト
   11:04 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ハカマ [URL] #-
孫の世話を押し付けられているのは、私達夫婦も同じです。
今の時代、娘達は親を子育ての息抜きに使っているようですね。
しかし、それを分かっていて、来てくれるのを楽しみにしているのも確かです。
我が家は8月一杯、孫の世話で多忙な日々が続きそうです。
孫の世話 2012.08.17 (金) 06:40 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
ご無沙汰しております。
お孫さんたちと楽しいお盆を過ごされて何よりです。
私も2泊3日で田舎に帰ってきましたが、悪天候の合間を縫って墓参り、釣り(なぁ~んも釣れず)、海水浴で疲れ果てました。
田舎で1人暮らす母に、たまには孫の顔を見せてやるのがせめてもの親孝行と、義務のように感じてできるだけ帰省するようにしています。

近頃釣りの方はいかがですか?
私は思うように行けてません。たま~にです。
 2012.08.18 (土) 08:45 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   ハカマ さんへ

 こんばんは。今日はえらい雷でした。窓から見ていたら、いくつも落ちていました。御坊のあたりもすごかったでしょうね。
 それにしても、ハカマさんのお子さんはいいですね。遠路はるばる来てくれるのですから。わが子は、ここ和歌山の山小屋にはなかなか来てくれません。遠い、虫がいる、ヘビがいる・・・ですからね。
 2012.08.18 (土) 17:46 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 元気そうで何よりです。
ブログの更新もなく、心配していました。
ほっとしています。
 お母さんの島に帰られたのですね。
親孝行は出来るときにしておかないと、後悔しますよね。さぞ、喜んでおられたでしょう。
 当方の釣りはさっぱりです。
鮎のシーズンですが、増水続きで、今年は数えるほどしか行っていません。最近も濁りが出て、来週後半しか釣りが出来ない状況です。
 もう今年の鮎は諦めています。
 2012.08.18 (土) 17:51 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/756-bd64e777
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR