森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

大文字山を越えて・・・

 女房と一緒に、近くのスーパーへ買い物に行った。女房は「いやー、懐かしいわぁ」と言って、商品棚からラーメンの袋を手に取った。京都・銀閣寺の近くにある「ますたに」のラーメンである。近年、有名店のラーメンをパックにした商品がよく売られており、これもその一つだ。

 京都に転勤してすぐの昭和54年の春ごろ、美味しいとの評判を聞いて家族で食べに行ったのが最初だった。ここの先代の親父さんが独自に作り出したこってり味のラーメンは、当時京都では特に有名だった。私の職場が京都だったこともあって、月に1度や2度、足を運んだものである。

 「ますたに」の名前を目にして、無性に食べたくなった。JR大津駅から京都駅に行き、銀閣寺行きのバスに乗れば店まで1時間とかからないが、ただラーメンを食べに行くだけではつまらない。山歩きを兼ね、五山送り火の大文字山を越えて行こうと思った。それなら腹もすくし、美味しくラーメンが食べられるだろう。

 山科駅から毘沙門堂を経て銀閣寺へ抜けるコースは、これまでに二度歩いたことがある。ざっと3時間半の行程だ。午前10時、山科駅を出発した。なだらかな上りの道を歩き、琵琶湖疏水の橋を渡れば毘沙門堂が見えてくる。

vcm_s_kf_repr_351x468_20130124134856.jpg

 境内を右に見ながら杉木立の中を谷伝いに歩く。夜のうちにかなりの雨が降ったのか、登山道はぬかるんでいた。京都側から下りて来る人や、山科側から登る人とたまに出くわすくらいで、静かな山歩きである。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124135053.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124135146.jpg

 歩き始めて1時間40分、頂上に着いた。京都市内がほぼ一望でき、見事な眺望だ。この眺望は当たり前のことで、市内のどこからでも大文字の「大」の字が見えるから、この山が送り火のメインに選ばれたのだろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124135236.jpg

 頂上は20人ほどの登山者でにぎわっていた。70歳を超すような女性が多く、大文字山の常連さんのようだ。よくしゃべり、よく食べ、実に達者なものである。5分ほど山頂にとどまって、下山した。こちら側の道はさらにひどい泥道で、急な下り坂。油断しているとスリップしそうで、カニのように横歩きで下った。

 15分ほどで「大」の火床に下りてきた。火床は結構大きなものだ。毎年8月16日、リフトで運び上げられた薪がこれらの火床に積み上げられ、一斉に火が放たれると夜空に「大」の字が浮かび上がるのだ。ただ、現地に立って火床を繋ぎ合わせてみても、「大」には見えない。それほど大きいということだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124135503.jpg

 滑りそうになりながら、1時間余りで銀閣寺のすぐ北側に下りてきた。門前の通りは、平日というのに観光客でにぎわっていた。今出川通を少し西に歩くと、その北側に見覚えのある「ますたに」の店が見えてきた。昼時のこの時間、当時はいつも人が並んでいたが、この日はすぐに入店出来た。周辺にたくさんラーメン店ができ、客が分散したのだろうか。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124135640.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124140254.jpg

 さっそくチャーシューを頼んだ。ほどなく出てきたラーメンは昔と変わらない濃厚なスープだ。味は少し薄くなったかなぁという感じだった。ラーメン好きの私は結構いろんな店を食べ歩きしており、それなりに味にうるさい。だから、当時ほどの美味しさは感じなかったが、それでも十分懐かしい味だった。

 大文字山を越えてラーメンを食べに行くなんて、ちょいと酔狂である・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130124140416.jpg
スポンサーサイト
   08:00 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
私も二十歳位の時分には、日帰りでわざわざ広島のお好み村までお好み焼きを食べに行ったものです。
これもまた酔狂でしょうね。
でも、今ではとてもそんな気はおきませんが…。
そう考えると、ひまじん師匠はまだまだ活力がみなぎっているんでしょうね。
釣りに山にと趣味が広いので、どこにいても楽しめますね。
羨ましいです。

 2013.01.26 (土) 23:59 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 広島の人は、お好み焼きですよね。
若い時に、いてもたってもいられず、食べに行った亀丸さんの気持ちが分かります。
私は広島には20回以上行っていますが、必ずお好み焼きを食べました。
 まぁ、山を越えてラーメンを食べに行く気力と体力は少しですが、残っています。有難うございました。
 2013.01.31 (木) 14:59 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/807-37b5ca39
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR