【夫の日記】 ゴルフ競技のジンクス

 今日は私が所属している滋賀のゴルフ場で、理事長杯の決勝が行われ、私は当番の競技委員を務めた。理事長杯はキャプテンス杯、クラブ選手権とともにゴルフ場の三大競技である。それだけに、この日のコースは熱気を帯びていた。
 競技方法はゴルフ場によって違うが、当クラブは予選18ホール、決勝27ホールの合計スコアを競うハンデ戦だ。
 予選を1位で通過した者は優勝できない、というジンクスが長年続いている。今年こそ、これが破られるか、興味があった。
 ちょっと自慢になってしまうが、私は2001年のキャプテンス杯で予選を3位通過し、トップ通過の人と最終組で争った。トップの人は、優勝を意識し始めたのか、後半に入ると人が変わったように乱れ始め、スコアをどんどん落とした。
 私は好調で2位に大差をつけ、みんなから「優勝は間違いないで」などとおだてられた。ところが残り9ホール、今度はこちらが乱れに乱れ、終わってみるとプレーオフにもつれ込んだ。2ホール目で相手がOBして優勝が転がり込んだが、「ゴルフ(スポーツ)はプレッシャーとの闘い」であると思い知らされた。
 さて、今回の決勝は、どうなったか。1位通過者はダボ、トリプルのスタートで、もはやこの時点でリズムを崩し、最後まで立て直すことが出来ず、入賞7位までにも入れなかった。
 優勝は2位通過のハンデ10の人。よく練習する人で、誰が言ったか知らないが、「練習は裏切らない」という言葉そのままの結果になった。
 プロでも、スコアボードを見ない選手が多い。優勝を意識するとショットやパットに微妙に影響するからだ。ましてアマチュア。優勝を意識するなと言うのが酷。淡々と目の前の一球に集中するというのも至難の業。それではどんな人が優勝できるのか。
 その答えは単純明快。運に恵まれた人。


   1番ホールは435ヤードの難コース。ここでリズムを崩す人が多い

IMG_0366_convert_20080601191824.jpg


        このカップをめざして熱戦を繰り広げた

IMG_0368_convert_20080601193749.jpg


スポンサーサイト

コメント

競技委員、お疲れ様でした。

今日は朝から53もたたいてしまいました。v-12

昼からは44でしたけど・・・・・泣くよv-39

わしはゴルフはやりませんが、見るのは大好きです。
なぜなら、非常にメンタルな競技だからでしょうか。
ある意味釣りと似ていて、駆け引きが楽しいです。
ま、どっちかというと女子ゴルフが好きですね~。ファッションもええし、にゃは!

雨は退屈です

釣りじいさん、こんにちは
ゴルフはしないんですか。私は仕事の現役時代、年間70ラウンドはしていました。
今は、山暮らしなので、ほとんどしていません。
ゴルフと山暮らしのどちらかをやめよと言われれば、
文句なしにゴルフです。
今は滋賀の自宅です。雨が降ると、何もすることがありません。あ、あー退屈。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR