森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

クロモジの花咲き・・・ホーホケキョ

 早朝、ウッドデッキに出てヤマガラにヒマワリの種を与えていると、東側の森からウグイスの鳴き声が聞こえた。「ケ、ケキョ」・・・と、まだぎこちない。鳴き方は繁殖期やホルモンと関係あるらしいが、でももうすぐ「ホーホケキョ」と正調で鳴いてくれるだろう。

 今年の冬は山小屋にいなかったので、初鳴きがいつごろだったか分からない。ここ生石高原の森では例年、2月27日とか28日が多い。今年は桜の開花が早いので、初鳴きも少し早目ではなかったかと思う。

 冬の間は、寒さのため心も体も萎縮してしまう。ウグイスの鳴き声は、体内に埋め込まれたスイッチをONにし、そんな縮んだ心と体を解き放ってくれる。年を取るとなお更、鳴き声とともに訪れる春がこの上なくうれしい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130326084100.jpg

 こちらの山では、山桜が咲くのはまだまだ先のことだ。その代わり、クロモジの花が咲き始め、春の訪れを告げている。桜のような派手さはないが、瑞々しい黄色の花は心を時めかせるものがある。新芽の周りに粒々の小さな花が咲くので、普通の花とは少し変わっている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130326084155.jpg

 クロモジはここの森にたくさん自生している。楊枝に使われている木だが、木や葉に鼻を近づけるといい匂いがする。私は女房に頼まれ、和菓子用の楊枝を作り、これを日常的に使っているし、知り合いにもあげたりしている。

 晩秋になるとクロモジの木を切り、幹を水で洗うと鮮やかな緑色になる。これを半年ほど乾燥させ、小刀で削って様々な楊枝を作る。不器用な私でも、見本の写真があるのでそれなりに作れるのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130326084240.jpg


 
スポンサーサイト
   08:43 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 マダム半世紀 [URL] #-
お帰りなさ~い^^
待ってましたよ~

ヤマガラの代わりに言ってみました。
あはは。
ひまじんさんご夫婦の活き活きしたご様子が、見えるようです。

私もブログを拝見して、また山の生活を楽しませて頂きます♪
 2013.03.27 (水) 18:24 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    マダム半世紀 さんへ

 帰ってきました。激励、有難うございます。
山の暮らしは、やはりいいものです。
それに、インターネットが自由に使えるようになり、これまたうれしい。
 それよりも、マダムの仕事も大変ですね。
泊まり勤務も辛そう・・・。
私も現役時代は、4日に1回くらい泊まり勤務をしていたのですよ。明けて帰れるのではなく、そのまま夜まで働いていました。考えるただけで、ぞっとします。
 体に気をつけて、余り頑張り過ぎないように・・・ネ。
 2013.03.28 (木) 17:22 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/820-cfffab77
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR