地震・・・

 山小屋が「ギシ、ギシ」という音を立て、激しく揺れた。午前5時半過ぎ。地震だ。建物はログ材なので、揺れも音も激しい。

 われら夫婦はロフトで寝ていた。私は横になったまま、窓越しに白み始めた空を眺めていた。小さな揺れは次第に激しくなり、縦に揺れた。しかも長く続いた。

 階下に下りてテレビをつけた。「緊急地震速報」という赤い文字が映し出されていた。しばらくすると、震源地が分かった。「淡路島 震度6弱」。ここ和歌山の生石高原は震度4。物が倒れたりすることはなかった。

 ウッドデッキに出て、紀淡海峡の向こうに横たわる淡路島を眺めた。霞がかかってよく見えないが、何ごともなかったように沈黙している。山小屋から淡路島は、手が届きそうなほど近くに見えるのだ。

 女房は、関空発の飛行機で北海道に行く予定の娘に電話している。地震が起きた時、リムジンバスは連絡橋の上を走っていたらしく、乗客の携帯電話が一斉に鳴り出したという。自動的に送られる地震警報のメールだという。 滑走路を点検しているらしいが、出発は大幅に遅れるだろう。

 午前6時55分現在、今もテレビ各局が地震についての報道を続けている。特段の被害は出ていないようだ。淡路島上空からは何機ものヘリコプターの音が聞こえてくる。早朝の大揺れにびっくりしたが、大したことがなく、良かった。

     ↓ 紀淡海峡の向こうは淡路島だが、霞がかかって見えない。
vcm_s_kf_repr_468x351_20130413065030.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR