森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

「脱亜論」・・・福沢翁に学ぶ

 中国、韓国との関係がぎくしゃくしているのは今に始まったことではないが、尖閣諸島の国有化、前韓国大統領の竹島上陸によって、一層ひどくなった。そして、麻生副総理ら閣僚と国会議員の靖国神社参拝をめぐり、この両国は相変わらず異様に反応している。

 日本、中国、韓国は隣人である。隣人だから仲良くすべきだという友愛の精神は、歴史を見れば空疎な言葉である。そもそも日本とは、文化も風土も違うし、近代の歩みも異なる。

 正直に言わせてもらうと、私は中国と韓国の振る舞いが滑稽に見えて仕方がないのだ。自分たちを大きく見せ過ぎるきらいがある。中国は世界の中心だとする中華思想を唱え、外国要人と接する時の態度は尊大だし、迎える部屋の調度品や装飾品も見栄を張っているように思える。

 韓国も「大国」「強国」という言葉が好きである。家電大国、貿易大国、通商強国、化学強国など枚挙にいとまがない。大韓民国という国名からして、「大」が好きな国家であることがわかる。

 これ以上悪口を並べるのは私の品位を貶めるので、福沢諭吉の有名な「脱亜論」に代弁して貰いたいと思う。この名文は、明治18年、時事新報という新聞の社説として書かれたものである。

 福沢諭吉の文章は、舌鋒鋭く、小気味いい。例えば、幕府要職だった勝海舟が明治新政府に仕官したことを批判した「痩せ我慢の説」は、実に痛快な著作である。「脱亜論」でも支那朝鮮を糞味噌に批判する内容になっている。以下は「脱亜論」の要旨である。

       *  *  *

 ・・・ 日本の不幸は隣国にある。支那と朝鮮である。近代文明や国際法がもたらされているはずだが、変わろうとしない。文明が日進月歩なのに、改進の道を知らない。一から十まで外見の虚飾のみで、真理原則の知見がなく、道徳もなく、残酷さは破廉恥極まる。自省の念もない。

 このような二国は、独立を維持することは出来ない。もし幸いにも救国の志士が現れ、明治維新のように政治を改め、人心の一新ができればいいが、そうでなければ数年も経たないうちに国が滅び、国土が西欧諸国によって分断されるだろう。

 ・・・困ったことに、日本は支那朝鮮と地理的に近いので、欧米人から同じように見られるのだ。法治の観念を持たない国だから、日本も無法の国と見られてしまう。恥を知らない、義侠心のない支那人と同じような民族と思われるかもしれない。朝鮮は残酷な刑を行っているが、日本も無法にして残忍無情と思われる。

 もはや日本に、支那や朝鮮が国際常識を持った開明の国になるのを待っている余裕はない。むしろ、隣国だからと言って格別の配慮は必要なく、西欧諸国と進退を供にすべきである。

 悪友と仲良くなる国は、ともに悪名を免れないものである。私は心に於いて、亜細亜東方の悪友と絶交すると宣言する。
スポンサーサイト
   10:35 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
森に暮らすひまじんさん、
今日はお世話になりましてありがとうございました。
私のブログのとおり、今日の夕食は多彩な山菜料理になりました。
なんと日本酒の美味しかったことか・・

山うどの味はあらゆる山菜の味を凝縮したような、ソムリエなら表現に5分はかかってしまうのではないかと思うほど滋味に長けていました。
母親も命の洗濯をさせていただいたと喜んでおりました。また少し寿命が延びたのではないかと思います。


中華思想というものには日本人はやっぱり違和感を感じてしまうのだと思います。
よいか悪いのか私にはよくわかりませんが、日本人は遠慮と謙譲を美徳としている中では自分たちが一番だという考えは相容れないものなのかなと思います。
かといってこちらも民族主義的な強硬な姿勢をとってしまうとどうなのかなとも思いますが、仕事のなかで持ち上がる理不尽なクレームには毅然とした態度で臨まないとどんどん相手はエスカレートしてきてしまう現実を経験すると外交も毅然とした態度を見せないとキリがないとニュースを見ながら考えています。
今日はありがとうございました。 2013.04.26 (金) 22:40 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
イレグイ号 さんへ

 疲れは出ていませんか?
とくにお母様はいかがですか?
お世辞半分でも、「命の洗濯」と言ってもらえれば、有難いことです。
たくさん干しワカメをいただき、有難うございました。
 ブログを読ませていただきました。
山菜のバラエティーに富んだ料理にはびっくりしました。
女房も「負けた」と言っています。
 山菜はこれからです。
ヤマブキもいいですよ。
連休明けにまたおいで下さい。
 サバ、大アジ釣りを楽しみにしています。
 
 2013.04.27 (土) 07:27 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
森に暮らすひまじんさん、
お気遣いありがとうございます。

おかげさまで母親は元気もりもりです。午後からはパッチワークの教室へ自転車に乗って行きました。
山うどをたくさん採らせていただいたので、講師の先生におすそ分けさせていただきました。
懐かしいねぇと喜んでいただいたそうです。

アジサバは早ければあと3週間、遅くても5月の末には釣れ始めると思います。
そのときにはいの一番にお知らせさせていただきます!
 2013.04.28 (日) 00:48 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   イレグイ号 さんへ

 アジ、サバ、有難うございます。
楽しみにしています。
たくさん釣れたらどうしよう・・・。
今から心配しています。
私は燻製を作っていますので、サバの燻製に挑戦しようと思っています。
 2013.04.29 (月) 08:38 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/833-cf210c0f
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR