森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

イノシシの先回り・・・ジャガイモ収穫

 今年はイノシシに荒らされることなく、無事ジャガイモを収穫できた。昨年は畑を囲っているネットを破られ、サツマイモとカボチャを全部食べられた。そんな苦い経験があるので、少々生育不足でも先回りして収穫したのだ。

 収穫作業中、天気が悪くなってきたので半分はそのままにしておいた。今夜にも残りをイノシシに食べられるかもしれないが、しかし、敗北感に打ちひしがれた昨年に比べれば、今年は半分も収穫できたという気持ちの余裕がある。いま降っている雨が止み、土が乾いたら収穫しよう。

 ジャガイモは生育不足どころか、大きく育っていた。さっそく塩茹でにして食べた。「キタアカリ」という品種独特のもっちりした食感があり、美味しかった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130620154214.jpg

 これより1週間ほど早く、玉ネギも収穫した。こちらも期待以上に大きく育っていて、女房を喜ばせた。苗を植え、毎日水をやり、肥料を加えて育ててきた女房は、愛しそうに二個づつ紐でくくり、軒下にぶら下げた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130620154252.jpg

 ラッキョは、敷地の山の斜面で栽培している。今年もたくさん収穫できた。ラッキョは東京で暮らす娘の好物で、幼い頃はいつもおやつ代わりにポリポリと食べていたのを思い出す。今年も甘酢漬けを送ってやらねばならない。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130620154333.jpg

 山小屋の敷地には、山椒の木が2本ある。10年ほど前、ホームセンターで苗を買ってきて植えておいたものだが、これまで一度も実を付けたことがなかった。ところが今年はたくさん実が採れた。まさしく、「驚き 桃の木 山椒の木」である。山椒には雄と雌の木があるらしいが、それはともかく、うれしい出来事である。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130620154645.jpg

 これからはキュウリ、オクラ、トマト、枝豆、シシトウ、ピーマンなどが育ち、畑は一番にぎやかになる・・・。
スポンサーサイト
   08:39 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/852-399224b2
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR