森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

涼風と可憐な花の大和葛城山

 女房が車で実家の墓参りに行くという。それなら途中の水越峠で降ろしてもらい、大和葛城山(959m)に登ろうと思った。山頂のツツジの高原が有名な山だが、登るのは初めてだ。

 大阪と奈良の府県境には、金剛山と葛城山が並んでそびえている。先月下旬、その金剛山に女房と一緒に登ったが、私は体調不良のためほうほうの体で山頂に辿り着いた。だから今回の葛城登山では、リベンジしようという思いが強かった。

 水越峠の登山口で靴の紐を締めていると、中年の夫婦が下山してきた。「どれくらいの時間で登れますか」と聞くと、「1時間ちょっとで行けますよ」と言う。夫婦と私ではかなり年齢が違うので、10分以上は余計にかかると思った。

 ダイヤモンドトレールという登山道を登った。最初は、気持ちのいい石畳の道だ。10分ほど歩くと、急な木の階段が現れ、上の方までずっと続いている。気温は軽く30度を超えており、しかもサウナ風呂のような蒸し暑さである。この急坂を登るのは、正直辛い。

vcm_s_kf_repr_351x468_20130726104452.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20130726104524.jpg

 いったん平坦な道になってひと息ついたが、それも少しの間だけで再び急坂だ。すでに50分近い時間が経過しており、あと20分ほどで頂上に着くはずだ。しばらく歩くと道標があり、登山口の水越峠まで1・2キロ、頂上までは1・3キロと書いてある。なんと、まだ半分も歩いていないのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726104610.jpg

 自分の非力を嘆きながらトボトボ歩いていると、前方が開けてきた。やっと頂上が近いのだろう。道標には「頂上まで0・7キロ」とあった。長い道のりを歩く北アルプスなどでは、「ロッジもうすぐ」「小ヤまで20分」などといった看板があり、大いに励まされるものだ。「0・7キロ」の道標にも励まされた。

 しばらく歩くと、また道標があった。それには「頂上まで0・9キロ」とある。えっ、どういう意味だ?さっきの表示は0・7キロとあったのに。これじゃ、一歩前進して二歩後退した計算になるのではないか。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726104741.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726104821.jpg

 この調子だと、頂上までの所要時間は1時間半を超えそうだ。登山口で会った夫婦は1時間ちょっと言った。それは、健脚の人という条件付きだったのだろう。少しムッとしたが、勝手に解釈した自分が悪かったのだ。こういうのを八つ当たりと言うのだろう。

 ともかく、やっと頂上に着いた。ツツジとススキの高原に涼しい風が吹いていた。カワラナデシコがたくさん咲いていた。先月登った金剛山が大きな山容を見せ、大阪の街並み、橿原神宮の畝傍山なども見渡せた。急登の連続だったが、それまでのしんどさも一気に吹き飛んだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726104917.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726105016.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20130726105139.jpg

 バーナーでお湯を沸かしてカップ麺を食べた。コーヒーも入れた。途中で買った荒川の桃の甘さが疲れを癒してくれた。風に吹かれながらうたた寝したあと、ゆっくり下山した。頂上から電話しておいたので、墓参りを済ませた女房が迎えに来てくれていた。有難かった・・・。
スポンサーサイト
   06:29 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/863-f7cd15a3
 
 
カレンダー
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR