森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

暁の奇襲作戦・・・

 「明日の朝3時半だよ。兄貴、分かったか?」。ここ生石高原で暮らす仲間のPは、私たち夫婦にこう念を押した。

 翌朝、目覚まし時計で起床したわれらは、すでに緊張の極みである。間もなく、Pが懐中電灯を手にわが山小屋に姿を現した。「電気を全部消して。ウッドデッキの電灯もだよ」と、険しい表情で厳命した。

 この「暁の大作戦」は、午前4時前に始まった。女房は、和室の網戸越しに懐中電灯を「敵に」に向けて照らすと、Pが素早くウッドデッキに出るや、あらかじめ電源をいれておいた高圧洗浄機を噴射した。

 敵とは、スズメバチの巣である。噴射は10分以上続けられた。奇襲攻撃を受けたスズメバチは巣から飛び出したが、水圧で蹴散らされる。Pもひるむことなく、巣が崩壊するまでノズルを向け続けた。

 私はというと、ハチに刺されないよう鮎釣りの玉網を頭にかぶり、室内を右往左往するだけである。時々Pに「気を付けてよ」と声を掛ける以外、「暁の大作戦」に何一つ貢献していない。女房は照明係として重要な役割を担っているのだ。情けな・・・。

 Pによると、スズメバチは夜になると巣に入り、夜明けまで出てこないと言う。このハチに刺されると、アレルギー反応でショック死することもある危険な敵である。よって、ハチが眠っている間に奇襲をかけることにしたのだ。

 この巣は、お盆で山小屋に来ていた息子の嫁さんが見つけた。ウッドデッキの近くの軒下にぶら下がっており、黄色いハチが何匹も盛んに出入りしていた。巣は直径が20センチ以上もある大きなものだが、私たち夫婦はそれに全く気付いていなかった。

 われらは先月末から北アルプスに行っていて、1週間ほど留守にしていた。その間に巣作りを始めたとしたら、スズメバチの人海戦術はすごい。いや、以前から少しずつ作っていたのかもしれない。

 Pが帰ってしばらくして、ガラス戸を開けて取り除いた巣の様子を見てみた。数センチほどの残骸が残っていたが、それに数十匹のハチが群がっているではないか。すると、開けたままにしていたガラス戸からスズメバチ3匹が室内に入った。

 女房は、戸を開けたままにした私を怒っている。私は長さ2mほどの棒に粘着テープをぐるぐる巻きにして、これでハチをくっ付け捕獲しようとしたが、怖くて近づけない。すると女房が棒を引ったくり、ハチを追い詰めて3匹ともひねり殺してしまった。私はその死骸を外に捨てるだけで、またも男としての体面を失ってしまった。

 ハチは巣の残骸に群がり、再び巣作りを始めた様子だ。もう、これ以上好きにさせてはいけない。山を下り、ホームセンターで「スズメバチキラー」という噴射式の殺虫剤を買ってきた。値段は1450円で、4~6m先の巣を直撃できると書いてある。噴射時間は40秒ほど。2本は買いたいところだが、高くつくので1本にした。

 さて、誰が噴射するか。内心、女房にお願いしたかったが、やはりここは私が名誉挽回するしかない。男らしく、腹をくくった。上も下も分厚い服とズボンを2枚重ね、さらに羽毛の古い防寒着を2枚着た。頭と顔を保護するため、鮎釣りの玉網を二つ重ねてかぶせた。網の柄が邪魔だし、前も見えない。汗が噴き出した。

 女房が私の少し大袈裟な「雄姿」を見て笑っている。「笑っている場合か」・・・。意を決してウッドデッキに出るや、敵の群れに噴射した。前が見えないので、うまく当たっているのか分からない。もう闇雲である。あっという間にボンベのガスがなくなった。

 次は高圧洗浄機で巣の残骸を根こそぎ洗い流すのだ。女房が「後ろにハチが来た」「上にもいる」と叫んでいる。もうこうなったら、刺されても構わないという狂乱の心理状態に陥っている。右手で洗浄機のノズルを、左手で頭にかぶっていた玉網を外して振り回す。

 長い時間が過ぎ、洗浄機を止めて軒下を見た。巣があった所はきれいになっているし、ハチは姿を消していた。スズメバチ退治は成功したのだ。ホームセンターの売り場には、業者に頼んだ場合の値段が書かれてあった。21500円也。蛇足だが、男はやる時はやるのだ・・・。

       ↓ 巣の直径は20センチほどもある。身の危険があるのでやむなく・・・
vcm_s_kf_repr_468x351_2013081611371682a.jpg

       ↓ 巣の残骸を利用して、再び巣の製作を始めた
vcm_s_kf_repr_468x351_2013081611380085a.jpg

       ↓ スズメバチキラー。ハチが逃げただけで、死んではいないかも・・・
vcm_s_kf_repr_351x468_201308161138431d6.jpg

       ↓ 活躍してくれた高圧洗浄機
vcm_s_kf_repr_468x351_20130816113913b3b.jpg

       ↓ 女房は、臨場感のあるこの写真を使った方がいいと言ったので、恥ずかしながら・・・
vcm_s_kf_repr_468x351_20130816113942e0e.jpg





スポンサーサイト
   07:41 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 エコ夫婦 夫 [URL] #99DFA69w
無事帰られてなによりです。
2日程前ログの庇下にあった蜂の巣退治しました。
今年は、蛇が少ないが蜂が多い様に思います。
気を付けましょう。
お帰りなさい。 2013.08.19 (月) 11:47 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
エコ夫婦 ご主人へ

 へーっ、無事に退治できましたか。
もうこちらは、命がけですよ。
でも、スズメバチはもう来ません。
これで安心です。
 2013.08.20 (火) 11:19 [Edit]
 マダム半世紀 [URL] #-
お帰りなさい。
お戻りになって、早速のご雄姿を見せて頂きました!^^

先日、今年はスズメバチの異常繁殖が問題になっていると、テレビで放映しておりました。
写真で見たところ、キイロスズメバチっぽいですが(違うかな?)、オオスズメバチも人間界に近づいているそうですので、ご注意下さい。
ハチは怖いですね。^^;

前の北アルプス縦走の記事の、写真がとても美しい~^^
楽しませて頂きました。
ご無沙汰しております 2013.08.20 (火) 16:44 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
     マダム半世紀 さんへ

 本当にご無沙汰でございます。
いつも楽しく読ませていただいています。
すわっ、復縁か?という思わせぶりな下りもあり、ドキッとしています。
 それにしても、インパクトドライバーの買い替え。
確かにあれは便利ですが、その本格志向、はい、負けました。
 日曜大工も文章も秀逸で、わくわくさせますね。
 2013.08.21 (水) 08:36 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/870-a1f3ad0c
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR