森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

台風一過、おぉ寒い・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_201309171311206fa.jpg
     ↑ 台風一過の紀淡海峡。茶色の帯は紀ノ川から流れ込む濁流 (わが家から)

 台風18号の余波か、16日から17日にかけて夜通し強い風が吹き続けた。普段は私が女房より先に起き、コーヒーを沸かし、野鳥のヤマガラに餌をやるのが日課だが、余りにも寒いので布団の中で丸くなっていた。

 いつもより1時間近く寝坊をし、階下の居間に下りると、女房は「早くストーブを焚いてよ」とせかす。外の気温は11度である。セーターを着ても寒く、これでは薪を節約している場合でない。

 ストーブに火を入れるのは今シーズ初めてだ。こういう時は、結構わくわくするものである。火を見ると、血湧き肉踊ると言えば大袈裟だが、ちょっと興奮する。不謹慎だが、赤馬(放火犯の隠語)の気持ちが分からぬではない。

 しかし、薪がうまく燃えてくれない。強風で煙突から空気が炉内に逆流してしまうのだ。

 薪ストーブは、炉内が熱せられて煙突内に上昇気流が起き、これによってストーブの吸気口から新鮮な空気を取り込み、燃える仕組みになっている。強い風が上昇気流の発生を邪魔しているのだ。

 着火剤を余計に使い、15分くらいで何とか本格燃焼させることが出来た。炉の温度が200度くらいに上がり、室内はみるみる暖かくなった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130917131045bdf.jpg

 今度の台風の被害と言えば、テレビのアンテナが倒れたくらいで、大したことはなかった。ただアンテナが倒れた際、櫛のようなパイプ部品が折れ、歯抜けのようになってしまった。このためいくつかのテレビが映らなくなった。

 それにしても、今時のアンテナは脆弱だ。パイプを繋いでいるのはプラスチックで、少しの衝撃でも折れるのだ。以前まで使っていた古いアンテナは少々叩きつけても壊れない。安く作ろうとすれば、こうなるのだろう。

 かろうじて見られるテレビからは、台風の大きな被害が映し出されている。多くの人が亡くなり、家や田畑が水に浸かり、人々は泥と闘っている。たかがテレビのアンテナぐらいでぐちゃぐちゃ言うことはない。被災地の皆さんに、お悔やみとお見舞いを申し上げる・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20130917130937521.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_201309171310040b6.jpg
スポンサーサイト
   10:46 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
濁流がくっきり見えていますね。
これも大自然の驚異でしょうか。
今回の台風はこれほど大きくなると思っていなかったので船の備えを何もしていませんでした。
昨日、見回りに行ってきたのですが、船の姿を見るまではなんとも不安でなりませんでした。

煌々と燃える薪ストーブはなんともいい感じですね。
プロメテウスからもらった火は、このようにして愉しむのが一番いいのかもしれませんね。
人を惑わしすぎるほど大きくなった火はちょっと厄介です。
 2013.09.18 (水) 00:43 [Edit]
 タマモクロス [URL] #mQop/nM.
先日お邪魔した時に、ご自宅が斜面に有りましたので土砂災害などなかったか心配でした・・・
ご無事で何よりです
 2013.09.18 (水) 20:24 [Edit]
 チェロ子 [URL] #BH6855UQ
早速薪ストーブが活躍されたのですね。
静岡でも昼間は30度超えではありますが、明け方は寒いです。といっても、タオルケットでは少し寒いので夏掛けをかける程度なんですが、11度とは!!驚きました。

それにしても薪ストーブは素敵ですね。
薪ストーブではなくても、たまに焚き火すると心からリラックスできます。
ただ、最近はなかなか庭では焚き火もできないです。
子どもの頃なんか、冬は道端のドラム缶で火をたいて、寒い朝は「あたってきなよ」とおじさんが小学生に声をかけてくれたものでしたが^^

ストーブ 2013.09.19 (木) 23:27 [Edit]
薪ストーブ、スタンバイしたと思ったらすぐに必要になりましたね。家の中で炎が見られるなんてうらやましいです。大きな台風で被害もあちらこちらであったようですが、生石山がひどくなくてよかったです。ひまじんさんたちは今年の冬は山で過ごされるんですか? 
 2013.09.20 (金) 09:30 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
     イレグイ号 さんへ

 わたしの家からは、濁流の帯がくっきり見えます。
イレグイさんが船上で、「またエソか!」と地団太踏んでいるのも見えるのです。
ともかく、愛艇が無事で何よりでした。
 プロメテウスの火のような恐ろしげな火ではなく、晩酌の友なのです。女房のストレスが少し癒されます。
 
 
 2013.09.20 (金) 18:29 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
タマモクロス さんへ

 ご心配いただき、有難うございました。
私の家は、尾根に建っていますから土砂崩れの心配はありません。ただ、風は強いですよ。山小屋に倒れてくるか心配です。今回はセーフでした。
 2013.09.20 (金) 18:32 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
     チェロ子 さんへ

 ええ、こちらは寒いですよ。
あっそうそう、最近ヤマガラが盛んに来ています。
ヒマワリの種をあちこちに隠しています。
 近年は焚き火もままなりませんね。
八ヶ岳の別荘地などでは、焚き火禁止だそうです。
都会では、薪ストーブを導入して近所から苦情が寄せられるという話も聞きます。
 何事も、もう少しおおらかになってほしいものです。
 2013.09.20 (金) 18:38 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    ボーダ さんへ

 そうなんです。準備万端でした。
すぐストーブに火を入れました。
 台風は大したこともなく、ホッとしています。

 冬は大津の自宅で過ごそうと思っています。
生石高原での越冬は4年続けましたが、昨年はついにギブアップでした。寒くて、寒くて。年は取りたくないものです。
 2013.09.20 (金) 18:44 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/882-cd9c21ca
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR