女房の殺気

 女房が「ギャー」と絶叫したのは、玄関を出てすぐだった。 私は居間で釣りの仕掛けを作っている最中で、女房が「早く来てぇ~」と叫んでも、複雑な仕掛けだったのですぐに駈けつけられる体勢ではなかった。

 それでも玄関に飛び出したのは、10秒とは経っていない。女房は箒を振り回していた。玄関の脇にステンレス製の燻製器を置いているが、それと壁との隙間に茶色の長いものが見えた。蛇である。

 「何しているのよ、早く、早く」。そう言われても、私は蛇が大嫌いである。目にすれば腰を抜かすほど嫌いなのだ。へっぴり腰で、近くにあった竹の棒を隙間に差し入れ、蛇を出そうとした。

 しかし、蛇が消えてしまった。そうなると恐怖は増幅され、見えない敵に怯えた。「お前はそっちを見張れ」「プロパンのボンベを叩いておびき出せ」。もう、われら夫婦は半狂乱である。

 玄関の隅っこに目をやると、カエルがじっとしていた。蛇はこのカエルを食べようと追って来たのだろう。少年のころ、大きなカエルを飲み込み、腹が膨らんだ蛇を何度も見たことがあった。あんな大きなカエルをどうして飲み込めるのか不思議だった。ともかく、そのカエルを追い立て、逃がしてやった。

 蛇はどこかにいるはずだ。燻製器の下には1センチほどの隙間があり、ここで息をひそめているに違いない。近くにベニヤ板の切れはしがあったので、これを恐る恐る差し入れてみた。弾力のあるそれらしき手応えがあった。

 すると、隙間を覗いていた女房が「いたー」と叫び、竹の棒で蛇を叩いている。私も覗くと、蛇は立ち上がり、大きな口を裂けんばかりに開けて抵抗している。「マムシや」と叫ぶと、女房は逃げてしまった。

 蛇が出てきたので棒で腹を押さえた。鎌首をもたげている。すると女房が床を洗うブラシを持ってきて、その金属部分で頭を叩いた。何回も何回も叩き、頭が完全につぶれた。それでも女房は頭の形がなくなるまで叩き続けた。絶命したはずだが、尻尾が少し動いていた。

 女房は「マムシだから殺したのよ」と弁解しているが、その気迫、殺気はすさまじかった。「殺したのはお前やで」。たたりが怖いので、そう、念を押しておいた・・・。

スポンサーサイト

コメント

「殺したのはお前やで」
マムシの祟りを奥様一人に背負わせようとする所が笑えました♪

いや~、やっぱりひまじんさんのブログは面白いです。

ほんとに面白いです!人を引きつける表現力!読みながら思わずにやりとしたり、そうそうと頷いたり、ほろりとしたり・・・私も「殺したのはお前やで」に爆笑でした(すみません)何気ない日常も楽しくなります。いつもありがとうございます。

今日の釣りのお礼をと思いブログを観ましたらタイトルからただなる事が起きたと思い読んでおりました。奥様の果敢なる行動に拍手です。おそらく私も遭遇したら同じ行動を取る。いいえ取らざる得ない状況になるんだろうなーと思いながら読みました。だってうちの主人も蛇は嫌いですから・・・・・

凛として平平凡凡

コメントされた皆さん同様、最後のくだりで吹きだしてしまいました。いつも楽しみに拝読しています。

ご馳走様でした

大変な事が起こってたのですね。
今年は何故か一度も蛇を見てなかったのですが!

楽しい釣りとあおりいかをありがとうございました。
さすが名人ですね。
また、お供お願いします。

    亀丸 さん
    akemi さんへ
    エコ夫婦 さんへ

 いつもコメントありがとうございます。

    凛として平平凡凡 さんへ
 
 ブログを訪問していただき、有難うございます。
 その上、コメントもいただき感謝です。
 ブログを読ませていただきました。
 今後ともよろしくお願いします。

 蛇騒動から数日経ちましたが、まだ鎌首をもたげる凶悪そうな姿が目の奥にチラチラして、寒気がおさまりません。道に木の枝が落ちていても、蛇ではないかと怯えています。
 私は女房の「コロシ」を手伝っただけで、刑法でいう殺人ほう助罪で、女房と同じだけの罪があるとは思っていません。
 これは余談ですが、わが家から100mほど離れた家の屋内に蛇が入り込んでいて、大騒ぎになりました。家の戸締りを厳重にしています。
 ご声援いただき、有難うございました。

           こんにちわ。

 私も蛇恐怖人間だから、笑えない顛末記です。まぁ、それでも、マムシ絶命で一件落着で良かったですね。家の中に入って雲隠れではオチオチ出来ませんからね。

 まぁ、これでインテリ色男の兄貴にしたら、またまた姉貴に弱みを握られて、当分は形無しですね。一応、従順の演技を励行為されませ。へへへ。

 めっきり寒くなって来ましたから、蛇騒動も無く為ると思いますが、大事を取って足元注意の視界は広くを心掛けて下さいよ。イッヒッヒ!!

     アガタ・リョウ さんへ

 おはようございます。
台風はいかがでしたか?
台風の北側の方が風も雨もひどいとか。
そちらは大変だったのではないでしょうか。
 こちらはひと晩風が吹いていましたが、たいしたことはありませんでした。
 いやー、マムシ騒動では女房に恩義を感じています。
こういう時はオンナの方が強いですね。
 それにしても、貴兄が蛇に弱いとは意外や意外。
蛇の方が逃げ出しそうな形相と気迫・・・。
いや、申し訳ありません。 

うちの奥さんも、ゴキブリを見ると鬼のような形相で追い掛け回しています。
私は私で、ひまじんさん同様。この手の生物がことのほか苦手です。

騒動に巻き込まれるのが嫌なので彼らを見つけると、「おまえ、隠れていないとえらい目に遭うぞ。」と見なかったことにしてそそくさとその場を立ち去ります。

そんな奥さんもお魚の内臓を触るのが大嫌いなようです。

    イレグイ号 さんへ

 わが女房も奥さんと同じでしたが、山奥に住んで、生き物に対して寛容になりましたね。
 カエルやゴキブリにも、穏やかに話しかけています。ただし、蛇だけは別です。考えてみれば、蛇は可哀そうですね。
 女房は魚の内臓を取り出すのは上手です・・・。

アハハ~~~

お二人のお姿が目に浮かびました。

あのきれいな奥様に、蛇殺しの罪をかぶせるなんて、許せないね。

先日、かます釣りに誘われたのですが、あいにくスケジュールが合わず、残念無念でした。

今週末にチェンマイに参ります。

寒い間は、向こうかな?

今度はお二人でお出かけください。

続き

しかし、蛇も怖かったでしょうね!!

     まるまる さんへ

 まだ、蛇の姿が脳裏に焼き付いています。
殺した女房には「たたりなんて迷信よ」なんて言って慰めています。
 今年も正月あたりから滋賀に帰り、冬を過ごします。
もし帰国されていたら、お茶でもしましょう。
連絡下さい。
非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR