【夫の日記】 鮎/再び有田川支流へ

  きのうに続いて有田川の支流・湯川に向かった。山歩きのご一行14人にアユの塩焼きを振舞うためだ。3日連続の海と川の釣りで少々疲れており、お昼前の出撃となった。
 車を走らせていると、いかにもよさそうな瀬があり、しかも入川道もはっきり分かる。まずは、ここで竿を出した。大きな石がごろごろ入っており、流れも緩やか。一発で掛かりそうな気配がする。
 しかし、そうは問屋は卸さなかった。1時間を棒に振ってしまった。面倒だが、場所替わりだ。1キロほど上流に走ると、道路沿いにガンガンの瀬が続いている。朝方まで激しい雨が降っていたので、水位も高い。オトリが入るか心配だが、ここは勝負、やってみようと思った。
 ベタ竿で、荒瀬に無理やりオトリを入れる。10分くらいして1匹目が掛かった。元気な野アユが手に入ったのだから、荒瀬を積極的に攻められる。その後も、ぽつり、ぽつりだが、前日より一回り大きい18センチクラスが釣れて来る。オトリが入りやすいやや緩い瀬もやってみたが、まったく反応はなかった。荒瀬狙いは正解だった。
 ただ、追いが弱いのか、サカサ針が外れないまま釣れるアユが多かった。このためバレも多発して悔しい思いをした。
 目標の15匹が引き舟に収まったので、5時前、納竿した。不調の有田川だけに、一応納得の釣果だろう。

IMG_0413.jpg


IMG_0415.jpg

 
スポンサーサイト

コメント

プリプリのアユちゃん、
これでお一人2匹確定(笑)。
お疲れさまでした。流石です。年期が入っていますね!

もう、くたくたです。

 釣りじいさん、4日連続の釣りはしんどいです。
年寄りの冷や水にならなければいいんですが。
山歩きのご一行さま、ひとり2,3匹は食べてもらえます。
多分、こちらの苦労など分からないでしょうね。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR