森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

PM2・5にかすむ万葉の里・・・十一面観音巡り

 少し春めいてきたので、かねて行きたいと思っていた奈良県桜井市の聖林寺に向かった。ここには、天平の傑作と言われる国宝の十一面観音が安置されている。1月から十一面観音巡りを始めているが、これまでに拝観したのは9体で、聖林寺の観音さんは10体目となる。

 京都からJR奈良線に乗り、奈良駅で「万葉まほろば線」のワンマンカーに乗り換えた。天理を過ぎるとビルも少なくなり、平野が広がるようになった。万葉の里は春霞に包まれ、まほろばの雰囲気である。ところが後で知ったのだが、春霞の正体は何とPM2・5だ。中国は何かにつけて問題をまき散らす。

 桜井駅から聖林寺までの道のりは3キロほど、歩くことにした。途中に陰陽師安倍晴明公ゆかりの「安倍文殊院」があり、1キロほど遠回りになるが寄ろうと思う。本尊は、鎌倉時代の快慶作、国宝「渡海文殊菩薩群」(6体)が祀られている。半時間ほど歩くと、古墳のすぐそばに文殊院があった。

 なかなかにぎやかな寺で、商売っ気もありそうだ。案の定、拝観料は700円と高い。窓口の女性が「抹茶とお菓子が付いています。サービスです」と言う。居酒屋などで「先付け」を出す店がある。食べたくもない皿を強制的に出し、結構な料金が上乗せされる。抹茶サービスもそれと同じかなぁと思った。

 私の十一面観音巡礼は北近江が中心で、拝観料はどこも300円である。案内してくれる人は「よう、お参りされましたなぁ」とねぎらいの声をかけてくれるし、丁寧に観音さんの由来を話してくれる。北近江の観音さんにはひなびた良さがあり、どこかそっけない観光寺院とは違う。

 本堂に入ると、照明に照らされた仏像群が現れ、演劇の舞台のように見える。中央に、獅子の上で胡坐をかく文殊菩薩があり、高さは7m。左右には2体ずつの像が並んでいる。文殊菩薩は美しい顔立ちで、他の像もさすが国宝の風格があった。ただ、抹茶を飲まされたことを根に持っていて、有難みも半分といった感じだった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140228150142e2e.jpg

 聖林寺に向けて再び歩き出した。お昼も過ぎたので少し空腹だ。ファミレスなど食べる店がないので、コンビニで弁当を買い、小さな神社の境内で隠れるようにして食べた。ひさしを借りたお礼という訳ではないが、お賽銭を入れた。100円・・・。

 里山の中ほどに聖林寺はあった。左手の畑からは草か何かを焼く白い煙が上がっており、のどかな田園風景だ。山門からは三輪山が見える。寺は、中大兄皇子とともに大化の改新を成し遂げた鎌足の長子が建立したと伝えられる。

vcm_s_kf_repr_468x351_201402281519436c2.jpg

 十一面観音の国宝は全国に7体あり、そのうちの1体が聖林寺のこの観音さんだ。西暦760年代の天平時代の作である。木心乾漆という製作方法だ。簡単に言えば、木で大まかな像を彫り、その上に麻布や大量の漆で塗り固める技法で、なめらかに仕上げることが出来る。だから「優美」「流麗」と呼ぶにふさわしい像である。

 明治時代、厨子を開けて観音さんを調べたフェノロサと岡倉天心は最高傑作と絶賛し、その後、彼らの助言で像の修復がなされた。ただ、美術史家の一人は「そうでもない」と辛口で、評価は分かれているが、国宝級であることには変わりないだろう。

 しばらく観音さんの前に座り、見上げていた。金箔がかなり残る顔は威厳に満ちている。ふと、中学時代に習った女の先生を思い出した。良くしてもらったが、よく怒られもした。「最近成績が落ちたのはどうして?」という言葉が今も忘れられず、観音さんの顔が先生と重なった。先生は遠の昔、雪下ろしをしていて亡くなっている。

vcm_s_kf_repr_351x468_2014022815283477f.jpg

 拝観の願いが叶った聖林寺を後にし、1時間ほど歩いてJR桜井駅に着いた。まだ少し早いので電車に乗り、纒向古墳群の真っ只中にある纒向駅に降り立った。ここが初期ヤマト政権発祥の地なのか。卑弥呼も散歩した邪馬台国だったのか。

 古墳群の盟主として鎮座する箸墓古墳を一周し、ホケノ山古墳にも足を運んだ。箸墓は卑弥呼の墓とも言われている。古墳群の背後には、聖なる山とあがめられてきた三輪山がなだらかな山容を見せている。知ったかぶりで色々書いているが、三輪山と聞いて「三輪素麺」しか思い浮かばない自分が情けない・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_201402281533386f8.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_201402281538561fa.jpg
         ↑ ホケノ山古墳から三輪山を望む     

 

スポンサーサイト
   15:58 | Comment:0 | Trackback:1 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/934-27e6cb7b
桜井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014.03.01 08:49
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR