森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

土の匂いがする飯田線・・・

 鈍行電車で東京に来て3日目、今日は中央線、飯田線を乗り継いで昼神温泉に向かう。前回のブログでも書いたが、東海道線の鈍行電車は余り面白くはなかった。しかしこの日は、南アルプスを仰ぎ見る大好きなルートだ。車では何十回も来ているのでおおよその風景は頭に入っている。のんびりと電車に揺られ、風景を楽しもうと思う。

 新宿から高尾行きの電車に乗った。電車は混んでいて座れなかったが、若者がわれら夫婦に席を譲ってくれた。譲られてみると少し心境は複雑だが、好意はうれしかった。それにしても、東京は親切な街だ。電車はもちろん、車を運転していても譲ってくれる。関西では、おばさんたちを突き飛ばさないと、なかなか座席に座れないのだ。

 高尾駅からの電車はちょっとレトロな雰囲気がある。車体はブルーとクリーム色のツートン。二つの丸いヘッドランプの形にも昭和の匂いがある。座席は4人掛けで、足も伸ばせてゆったり座れる。

vcm_s_kf_repr_468x351_201403271639507e3.jpg

 勝沼あたりまで来ると、南アルプスが美しい。この日は晴天だったので、雪を戴く白い峰がまぶしい。一番右手には、荒々しい甲斐駒ケ岳がそそり立っている。やがて右手には八ヶ岳連峰だ。私の友人は山麓の原村に山荘を持っており、連休だから家族で来ているのではないかと思ったりした。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140327164319b78.jpg

 小淵沢駅に着いた。駅舎の立ち食いの店で、玉子そばを食べた。乗り換えの時間があったので、駅周辺を歩いてみた。シーズンオフなのか人通りは少なく、商店の構えも精彩がない。昔のような活気がないように感じられた。

 ここから岡谷駅に行き、飯田線に乗り換える。飯田線は、南アルプスと中央アルプスに挟まれた南北に長い盆地、いわゆる「伊那谷」を走っている。終点の豊橋駅までには70を超す駅があり、線路は右に左に蛇行を繰り返す。駅と駅の間隔は短く、電車のスピードものろい。それがいいのだ。

 2両編成の電車に乗り、岡谷駅を出発した。のどかな農村の風景が続く。電車は小一時間ほどして小さな無人駅に止まった。線路のすぐそばの畑で、腰の曲がった婆さんが地面に座り、畝に肥料を入れていた。すると、キツネ色をした太った猫が現れ、婆さんの体にまとわりついた。婆さんは猫の体重に押され、尻餅をつきそうになった。

 私は、そんな光景をぼんやり見つめていた。ここには、土の匂いがある。人影がなくても、人々の営みを感じる。私たち夫婦は何十年も前から、車で走っていて伊那谷ののどかさに惚れ込んでいた。ここに住みたいとさえ思っていた。初めて飯田線の鈍行に乗ってみて、改めて伊那谷の魅力に取りつかれてしまった。

 飯田線の魅力は、山岳風景にもある。南アルプスの盟主・甲斐駒ケ岳は中央線から近くに見えるが、飯田線からも雄姿が現れては消え、消えては現れる。いわゆる神出鬼没なのだ。やがて、中央アルプスも見えてくる。その一角にある空木岳にはぜひ登ってみたいと思っている。空木と書いて「ウツギ」と読む。その美しい山の名前にひかれている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140328053137f18.jpg


 新宿を出発して7時間、天竜峡駅に着いた。まさに峡谷の駅である。今夜泊まる昼神温泉は車で2、30分ほど。それにしても「昼神」とは曰くありげな名前だ。伝説によると、天岩戸にお隠れになった天照大神をどうしたら外に出ていただくか、神々が相談した。その時の議長を務めたのがこの地の神で、昼の明るさをもたらした神というのが、由来らしい。

 温泉は、肌がつるつるになるお湯として有名になった。昭和40年代、鉄道工事で噴き出したというアルカリ性単純硫黄泉だ。つるつると言えば、わが山小屋のある和歌山の龍神温泉が有名だ。こちらは歴史が古く、日本三美人湯と謳われているが、つるつる度は少し負けているかもしれない。

 夜は馬刺しを別に注文し、日本酒をチビチビやった。腹にしみた。体が少し揺れたが、酒のせいではない。電車の心地よい揺れが残っていたのだ。ともかく、飯田線の旅は素晴らしかった。何度でも来てみたい・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20140328053259857.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20140328053355460.jpg




スポンサーサイト
   17:09 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/941-d804dc27
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR