森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

中国山地をぐるり・・・再び鈍行の旅

 またまた「青春18きっぷ」の旅である--。

 つい先日は、東海道線で東京に向かい、そこから中央線、飯田線で中部地方を回った。この旅行のため女房は「18きっぷ」(5枚綴り)を2冊買い、計6回分を使った。すると4回分余り、使用期限が迫っているのでもう一回旅行をしないとキップが無駄になってしまう。女房はパソコンに向かって旅行計画を立てた。

 今回は中国山脈を越え、島根の玉造温泉で宿泊する。翌日は松江城にも寄り、鳥取駅から智頭を経由して大津に帰るコースだ。私は女房に引率してもらい、金魚の糞のように付いて行くだけである。自己主張したり、意地を張ったりしなければ、これはこれでまことに気楽な旅である。

 まずは、快速や鈍行を乗り継いで岡山駅へ。岡山はわれら家族の第二の故郷である。ここで6年も勤務し、結婚もして子供も生まれた。昔はまだ縁故採用があり、会社幹部の子息の転勤が優先されたため、私は長いこと置いてきぼりにされたのだ。お陰で、「ぼっこう」「でぇれえー」など岡山弁が上手になったし、楽しい思い出をいっぱい残すことが出来た。

 駅舎は立派なビルになって様変わりしていたが、駅前の「桃太郎の像」は昔のままで、ホッとした。電車は倉敷を経由して高梁川沿いに北上する。終点の新見駅で「芸備線」に乗り、さらに備後落合駅からは女房がかねがね乗ってみたいと言っていた「木次線」に乗り換える。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140331054151d61.jpg

 この芸備線の車窓にはどこか懐かしい風景が現れる。運転席の横に立ち、真正面の窓からそんな風景を眺めた。トンネルに入る時は、少し興奮する。運転士さんのハンドルの操作を見ているのも面白い。子供が乗っていたらこの特等席を譲ってやるのだが、いい年をした私がしばらく独占した。

vcm_s_kf_repr_351x468_2014033105431251d.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_201403310544203c1.jpg

 江戸時代から明治にかけ、多くの海外の旅行者が日本を旅し、旅行記を残している。その中で、彼らは一様に農家の庭先の美しさに驚いている。様々な花が咲き、よく掃除されていたという。当時の江戸は世界で最も衛生的と言われたから、さもありなんである。ここ中国山地の農家も美しかった。白梅、紅梅が咲き乱れていた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140331054525113.jpg

 1時間半ほど走ると、備後落合駅に着いた。ここで鉄道は二手に分かれ、われらが乗った「宍道」行き電車は、中国山脈の急坂を登るのだ。電車は鮮やかな朱色で、1両編成である。走っていても傾斜がわかるほどの急坂だ。やがて「三段スイッチバック」の場所に来た。電車が行ったり来たりを3回繰り返して前進する難所である。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140331054651ef1.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_201403310548014cc.jpg

 やがて「亀嵩(かめだけ)駅」に着いた。松本清張作「砂の器」では、ハンセン病の老いた父と幼い息子が別れた駅である。この父子の世話をしたのが亀嵩のお巡りさんで、後に音楽家として成功した息子によって東京で殺害された。父の病気の秘密をばらされるのを恐れたのだ。切ないストーリーだった。

 その後映画化され、岡山に勤務していた頃、天満屋百貨店近くの映画館で観た。亀嵩駅を舞台にした父子離別のシーンに、人目も憚らず号泣した。そんな記憶に残るこの駅に、まさか訪れる日が来ようとは思わなかった。旅はするものである。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140331054924209.jpg

 玉造温泉は柔らかいお湯だった。プールほどもある大きな露天風呂は混浴である。女性は襦袢のようなものを着て前を隠すことになっている。湯につかっていると、若い男女が入って来た。女性は「ねえ、ねえ、透けてるでしょう?」と胸を押さえる。男性が「透けてないよ」と言っても、「いややわぁ、透けてるわよ」としつこい。「そんなに嫌なら入るな」と言ってやりたかった。

 アホらしいのでこれ以上書かない。翌日は時間があったので松江城を見学し、鳥取に向かった。大山の威容が目を楽しませてくれた。憧れの智頭急行にも乗り、帰路についた。沿線の西粟倉は、まだ幼かった子供を連れてスキーに来たこともある。宮本武蔵の足跡も訪ね歩いた。岡山で働いていた頃を追憶する楽しい旅だった・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_2014033105505734c.jpg
 
  

スポンサーサイト
   06:07 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/942-49b4fd4d
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR