生石高原にやっと桜前線が・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20140417093931f0e.jpg

 桜前線は今ごろ、どのあたりにいるのだろう。山形や秋田のあたりか、いや、それよりも北上しているかもしれない。

 ここ生石高原にはやっとサクラ前線が到達し、わが家の山桜の古木は八分咲きといったところだ。標高800mの高地なので、春の訪れは里より半月ほど遅く、東北の気候と余り変わらない。

 わが家から1キロほど林道を下ると、ため池がある。ここは水面に映る山桜が美しい場所なのだ。満開になると足を運び、柄にもなく花を愛でる。ただ、ここは蛇の巣のような場所で、昨日行った時も草地に長々と横たわり、昼寝をしていた。

vcm_s_kf_repr_351x468_20140417094103834.jpg

 生石高原近くの道沿いに、桜の植樹が行われている。若木が鹿に食べられるのでネットで囲っているが、将来は桜の並木道になるだろう。この道は、高原に暮らすわれらの生活道路なのだが、1日に車が10台も通らない。朝夕にはイノシシが盛んに出没する寂しい場所である。

 道幅も狭く、軽トラなら何とか通れるが、乗用車では厳しい。こんな所に桜を植樹して誰が見に来るのか疑問である。われらは身近な場所に桜の美しい場所が造られればうれしいが、費用対効果はどうなのか・・・。

 植樹は「緑の募金事業」として行われている。今の時期、緑の羽根を胸に付ける国会議員を見かけるが、あの募金活動だ。国と地方自治体に緑化推進の団体があり、募金によって森づくりが行われている。

 別にいちゃもんを付ける訳ではないが、桜の木を植えるより、荒れた山や、放置された杉林に広葉樹を植える方がいいと思う。広葉樹はたくさん二酸化炭素を吸収するし、水を蓄える力も大きい。ドングリを食べる野性動物も喜ぶだろう。

 桜の名所などいくらでもある。人が滅多に来ない山道に桜を植える意味って、何だろう。しかも、このあたりは山桜が多いのだ。桜の屋上屋を重ねるような役所の発想が、私には分からない・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140417094237402.jpg
    ↑ 若木は緑色のネットで囲まれている

vcm_s_kf_repr_351x468_20140417094310705.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR