森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

島原半島から阿蘇へ

 旅行二日目、島原半島を巡った後、フェリーで熊本に入った。雨の予報だったが、幸い降りそうにもない。最初に訪れた熊本城は、まぶしいほどの新緑に包まれていた。ここでもアジア系の観光客をたくさん見かけた。円安の効果だろう。

 あれは誰の小説だったのか・・・。今ではすっかり忘れたが、一つだけ覚えているのは、熊本城主加藤清正が忠誠の料理人によって毒殺された場面だ。料理人は徳川家康が送り込んでいた甲賀か伊賀の忍者で、命令が下るまで何年も忠誠を尽くしていた。女房と娘にこんなミステリーを講釈したが、「あっ、そうなの」とそっけなかった。

 次は今夜の宿泊地の南阿蘇村に向けて車を走らせた。女房と娘は、城内の売店で買った「いきなり団子」を食べている。団子は熊本の名物らしい。「いきなり」はすぐに作れるという意味だそうだが、熊本の方言では、雑な人間のことを「いきなりな人」とも呼ぶらしく、少々耳が痛い。

 幹線道路から脇道に入ると、にわかに阿蘇らしい自然の風景となった。小雨に打たれた新緑は鮮やかさが増している。前方にナイフで切り取ったような三角の山が見えた。樹木はなく、草の山だ。後から調べて分かったが、烏帽子岳(1337m)である。

 森を抜けて急坂を登ると、一軒家の温泉旅館が見えてきた。今夜泊まる垂玉温泉の山口旅館である。江戸時代の創業で、明治には歌人の与謝野鉄幹や北原白秋ら文人が多く泊まったという。烏帽子岳を源とする湯量は豊富で、もちろん源泉かけ流しだ。少し硫黄の匂いがする。

 到着後すぐ、滝の近くに造られた露天風呂に行った。ここは混浴で、幸いわれら家族だけだった。女房なんかは堂々とし過ぎで、恥じらいはない。歳月は、かくも無残に、容赦なく羞恥心をはぎ取ってしまうのだ・・・。

 案内されたのは、別館である。要するに旧館なのだ。年金生活に入って以来、新館に泊まったことは一度もない。前夜の小浜温泉も旧館だった。女房とは「また旧館やなぁ」と笑い合った。しかし、新館は宿泊料が1割ほど高いだけで、食事は同じ。ドアのカギが少々ガタガタするのを我慢すればいいのだ。釈明しておくが、食事は豪華だった。

 翌日は小雨が降りしきる中、火口のある中岳に向かった。山は霧に覆われていて、噴煙を上げる火口は見えないだろう。しかし、高校の修学旅行で訪れた時の思い出があり、ぜひもう一度、火口に立ってみたかった。何と、頂上に着くとにわかに霧が晴れ、活火山の鼓動を間近に体感することが出来た。ひとえに、日頃の行いである。

 帰路についた。山を少し下った草原に8頭の馬が並んでいた。娘は「お父さん、修学旅行で馬に乗ったのはここでしょう?」と言った。そうだ、ここに違いない。実は昔のアルバムに、カウボーイハットを斜めにかむり、馬にまたがる私の写真が貼ってある。懐かしさの余り、娘を誘って馬に乗った。ポコ、ポコ、ポコ・・・うれしかった。

 お椀を逆さにしたような米塚を見物した後、日田市経由で長崎空港に向かった。駐機場にはピンク色のピーチ機が翼を休めていた。長崎空港まで往復8000円の格安チケットだったが、正規料金ではおいそれと旅を楽しめない。

 ピーチを利用するのは、昨年の鹿児島旅行に続いて二度目だ。客室乗務員によるアナウンスは関西弁である。ぎこちない乗務員もいるが、帰りの女性アテンダントのアナウンスは秀逸で、クスクス笑い声が上がるほどだった。独特の抑揚がわれら関西人の心をくすぐるのだ。最後はいつもこう締めくくる。「きょうは ホンマ おおきに」・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140425134407a5f.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140425134031665.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_2014042513410174a.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140425134129f94.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20140425134305d38.jpg


vcm_s_kf_repr_468x351_20140425134232bc8.jpg

 

 

 

 
スポンサーサイト
   13:44 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/951-baf1d724
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR