森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

山菜の本番を迎え、連日の客人・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20140429133743503.jpg

 明け方、激しい雨が屋根を叩き、やかましくて眠れなかった。やがて小雨になったが、一日中降り続いた。森は生気を取り戻し、若葉が萌えている。この雨で、生石高原の山菜は一気に成長するだろう。それがうれしい。

 わが山小屋を二日続けて客人が訪ねてくれた。どちらも山菜採りが目的だ。

 最初のお客は、夫婦とも学校の先生で、ブログを通じて親しくなった。ご夫婦がぶら下げているレジ袋には、ワラビやコシアブラなどの山菜がいっぱい入っていた。コシアブラの新芽はすこぶる美味しいが、その群生地を見つけたと喜んでいた。

 ご夫婦とも登山が趣味である。特にご主人は高校の山岳部を指導する「山ヤ」である。われら夫婦も登山が趣味なので話がはずみ、登山計画の相談に乗ってもらっている。つたないブログだが、このように人の輪が広がっている。

 その翌日に訪ねてくれた人もブログが取り持つ縁で知り合った。こちらは、釣りが共通の趣味だ。彼はサラリーマンだが、祖父から引き継いだ漁船を所有しており、休日は紀淡海峡で釣りを楽しんでいる。彼のブログには、しばしばブランド品の桜鯛の写真がアップされており、釣り好きの私を歯ぎしりさせる。

 去年の山菜採りもそうだったが、今回もお母さん同伴である。数えで80歳の高齢だが、山の斜面を元気によじ登り、山菜が見つかると喜々としている。息子とともに山菜採りを楽しむ姿が実に微笑ましい。

 昨年、野性の山ウド掘りに案内したが、それ以来、その味に魅入られたようだ。今年も山ウドを掘ろうと山の斜面を這いずり回ったが、連日たくさんの人が山菜採りをしているため、探し当てるのは容易ではない。

 自分の妻を褒めるのは本意ではないが、女房は山ウド探しの名人である。ウドの芽は枯れ草の下に隠れており、経験がないと見つけることが出来ない。私が見つけたのは一株だけで、掘り出したウドのほとんどは女房が見つけた。結構な量が採れ、いいお土産になった。

 生石高原は、今が山菜の最盛期だ。山菜には、冬の間に蓄積された脂肪や老廃物を排出させる効能があるという。つまり、体を目覚めさせるリセットボタンのようなものだ。

 山菜の宝庫の生石高原に近いので、われら夫婦は毎日のように山菜を食べている。山菜の美味しさに順番を付けるとすれば、山ウドが横綱だろう。真っ白の茎をそのままかじれば、果物の味わいだ。大関はコシアブラとタラの芽、小結はワラビとヤマブキだろうか。人によっては、その逆かもしれない。要するに、山菜はみな美味しい・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20140429133922e36.jpg
       ↑ 山ウドの芽。草や枯れ葉に隠れていて見つけにくい。

vcm_s_kf_repr_468x351_2014042913383769b.jpg
       ↑ コシアブラの新芽。これぞ山菜という味わい。

vcm_s_kf_repr_468x351_201404291340135db.jpg
       ↑ 左らタラの芽、コシアブラ、山ウド。


スポンサーサイト
   13:52 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/952-7a22afb7
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR