森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

パンの先生にガシラを送る

 「いつも美味しいパンを焼いてくれる知人に、私が釣ったガシラを送ってやりたい」と女房は言う。知人とは30年来の付き合いで、パンの先生である。和歌山から大津に一時帰宅すると、いつも焼き立てパンをいただく。

 パンが焼き立てなら、こちらは釣りたての魚である。「そらぁ、喜ぶよ」と賛同し、軽トラにボートを積んだ。目指すはいつもの由良湾である。午後から風が強まるとの予報だが、午前中にはノルマのガシラが釣れるだろう。

 その翌日は凪の予報なので、ボートを漁港に繋いでおいてアオリイカを釣ることにしていた。今年は指の怪我などもあって、イカ釣りをしていない。あの独特の引きを想像して悶々とする日々が続いてきただけに、大いに楽しみだ。

 まずはガシラ釣り・・・。少し風が強いのでアンカーを入れてボートを固定した。鯖の切り身を針に刺し、10号のオモリで海底に下ろした。じっとしていると海底の岩に引っ掛かってしまうので、よそ見などしてはいけない。

 仕掛けを手前にゆっくり引きながら誘いをかけるのも重要だ。当たりがあれば竿先で聞いてみるか、糸を送るかして針に乗せる工夫が必要だ。しかし、そんなテクニックのない女房がいつも私より多く釣ってしまうのが不思議である。長年にわたって積み上げてきた私の釣りの技を愚弄されているようで、不愉快である。

 言い訳になるが、ボートを操ってポイントに付けるのは私の役目だ。女房が仕掛けを絡ませれば直してやり、ガシラが仕掛けを飲み込めば、ペンチで外してやる。要するに女房は大名釣りなのだ。そろそろ自立してもらいたいと思っているが、態度は改まらない 。

 ガシラを最初に釣ったのは私だった。25センチほどの良型だ。続いてそれより少し小さいガシラが3匹釣れた。余裕で朝ご飯を食べていたら、女房が猛追し、追い抜かれてしまった。この日は25、6センチの大型が多く、強い引きを楽しませてくれた。

 午前9時ごろになると、風が吹き出した。30匹ほど釣れたので、知人に送る分は十分確保した。私は翌日のイカ釣りもあるので、これでやめたかったが、女房はまだやる気だ。9時半ごろ白波が立ち出したので、女房は渋々竿を納めた。結局、釣果は30匹のままだった。私の計算では、私が女房に2匹勝った。

 港のスロープに近づいたのでエンジンを止め、オールで漕いだ。ここで初めて気付いたのだが、ゴムボートの左側の空気が少し抜けている。しかも、エンジンのキャブレター付近から燃料が漏れていた。帰港していたからいいものの、二つのトラブルに見舞われ、滅入ってしまった。

 翌日のイカ釣りを諦め、帰宅してボートを点検した。ボートの底が貝殻で傷付いたのか、少量の空気が漏れていた。よくあることなので、修理キットで穴を塞いだ。キャブレターからの燃料漏れは、ネジの緩みが原因だった。どちらも大したことでなく安心したが、イカ釣りへの意欲は一気にしぼんでしまった。

 何はともあれ、知人にガシラをたくさん送ることが出来たのは良かった。帰宅して宅配用の箱にガシラを詰めたが、まだ生きていた。ガシラの生命力って凄い・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140525082230147.jpg

 
スポンサーサイト
   08:36 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/959-481161c8
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR