森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

何が秘伝だ・・・グルメ番組の言葉の貧困

 先日、テレビのグルメ番組を見ていたら、女性レポーターが行列のできるラーメン店のスープをすするや、「奇跡の味です」と叫んだ。気のきいた感想を言ったつもりだろうが、一体どんな味なのか分からない。

 「奇跡」は、千にひとつも、万に一つもない数奇な事柄だ。地球は「奇跡の星」であるし、砂浜でダイヤの粒を拾うのもそうだろう。 たかがラーメンと言えば失礼だが、何を大袈裟なと思う。

 私はラーメンがどのような味なのか、固唾を飲んで見守っていた。それなのに、「奇跡」と言われて肩透かしを食い、腹が立った。ギャラをもらって出演するレポーターは、味の急所を突くような表現をしてもらいたい。

 同じような変な表現の一つに、「秘伝」がある。かば焼きのタレも焼き肉のタレも秘伝、ラーメンのスープも秘伝、何でもかんでも「秘伝」なのだ。秘伝とは、長い年月をかけて生み出された知恵と工夫の結晶であり、どこにでも転がっている訳ではない。

 それなのに、新参に過ぎない店主が「このタレは秘伝です」と胸を張る。バカバカしい。秘伝と言った途端、料理人の底が知れるというものだ。店によって独自色というものがあって当たり前。そんなものをいちいち秘伝など言うのはおこがましい。こけおどしのようなものである。

 このほかにも、「極上の一品」「絶品の味」「新珠の逸品」というグルメ番組の常套句が氾濫している。空虚で抽象的な形容詞ばかりで、一向にどんな味か分からない。

 そもそも、このような言葉を有難がる視聴者が少なくないのだ。視聴者は、秘伝、極上、絶品と言われれば、食べた事もないのに、きっと美味しいはずと思い込んでしまう。そして平気で「さすが秘伝だわ」「極上なのよ」「絶品だったわ」と常套句の共犯者になってしまうのだ。

 しかし最も罪深いのは、テレビ局の側である。お笑い芸人などろくなレポーターを使わず、常套句を連発させるのだ。一種の詐欺的行為だ。「甘ーい」「コリコリしている」「しゃきしゃきしている」などは、まだしも具体的である。その程度なのだ。テレビ側には、映像だけでは味は分かるまいという横柄さが沁みついている。

 昔、テレビに流れていたサントリーウイスキーのCMはこの年になっても鮮明に記憶している。作家の開高健氏がモンゴルの草原で、夕陽を浴びながらウイスキーを飲む。 そして一言。「馥郁(ふくいく)たる香り」とつぶやくのだ。

 恥ずかしながら、「ふくいく」の意味は分からなかったし、漢字も書けなかった。辞書で調べて、梅のような匂い立つ様であることをを知った。一つの言葉が、私の心を突き刺した・・・。
スポンサーサイト
   10:06 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
そうですよね~。
師のコメントはすべて珠玉の言葉だと思っています。
YouTubeでは今でもそんなCMを観ることができますやっぱりすばらしい言葉だと思います。
「入ってきて人生と呼び、出て行って死と呼ぶ。」
なんて、どんな宗教の教義よりも説得力があると思います。
 2014.05.30 (金) 20:42 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 こんにちわ。
 ここ数日、黄砂のためイレグイさん縄張りはかすんでよく見えません。
 まだこちらは朝晩寒いですが、日中は少し暑くなりましたね。早速、今シーズン初の鮎釣りに行きました。
釣果はブログで書きますが、まずまずでした。
 ブログを拝見していると、Uターン転勤の生活を存分に楽しまれているようですね。
 タコはまだ一匹みたいですが、麦秋のタコはこれからでしょうね。
 2014.06.01 (日) 17:53 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/960-cd487587
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR