森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

映画「春を背負って」を観て・・・

 北アルプスを舞台にした木村大作監督の映画「春を背負って」を観に行った。原作の笹本稜平の山岳小説は何冊も読んでいるし、毎年アルプス通いをしている私たち夫婦にとっても親しみがあり、映画の公開を楽しみにしていた。

 「春を背負って」は、6編を収めた短編集の一つ。主人公の亮(松山ケンイチ)は生き馬の目を抜くようなトレーダーだったが、父親が急死したため山小屋の経営を引き継ぐことにした。物語は、山小屋を支えるアルバイトの愛(蒼井優)、ゴロさん(豊川悦司)ら山に生きる「家族」が描かれている。

vcm_s_kf_repr_351x468_201406261133198ae.jpg

 撮影の舞台は立山連峰だ。映画のシナリオには今一つ物足りなさがあるが、標高3000メートルに展開する山岳風景は実に見応えがある。剱、槍、笠、薬師、水晶などなじみ深い名峰が映し出され、朝日、夕陽の美しさは息を飲む。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140626113438e55.jpg
     ↑ 立山連峰の雄山。(2010年)

 ゴロさんは亮に言った。「自分の足で歩いた距離がその人の財産だ」(正確ではないが、そんな内容)。ゴロさんの波乱の人生と重ね合わせ、歩いた山の道のりも人生に無意味ではないと言いたかったのだろう。

 私自身、人生と重ねることはないが、登った山の道はよく覚えており、ささやかな財産だと思う。地図を広げ、歩いたルートを指で辿れば心が躍る。そして、アルプスをまだまだ歩けるという自信が湧き、生への活力を失っていないことを実感させてくれるのだ。歩いた距離は、いつまで経っても心の宝物であり続けるだと思う。

 もちろん、今年も夏のアルプスに行く。去年は、燕岳-表銀座-東鎌尾根-槍が岳-西鎌尾根-新穂高の長い距離を歩いたが、さて今年はどの山に登るか・・・。ルートガイドや地図とにらめっこし、思案中である。

vcm_s_kf_repr_351x468_20140626113940240.jpg


 女房は、富士山に次ぐ二番目に高い南アルプスの北岳(3193m)に登りたいという。北岳から間ノ岳へとピストンする3000mの陵線歩きは、間違いなく至福の時間になるだろう。もちろん私に異論はない。

 私は、何回でも涸沢に行ってみたいと思う。日本一の涸沢カールの雄大さと、その上に横たわる前穂から奥穂への威厳に満ちた山容は、神々しいと言うしかない。山小屋のテラスで生ビールを飲むだけで幸せだ。ただ折角、涸沢まで来たのだから北穂高(3106m)から槍が岳の絶景を楽しみたいと思う。

 しかし今日、北穂で男女2人が滑落死したというニュースが飛び込んできた。今の時期は、相当の冬山経験とアイゼンが必要で、われらが登る夏山とは世界が違う。とは言うものの、この不幸な出来事は私を少し動揺させた。

 ただ、いいニュースもあった。エルニーニョによって梅雨が長引くとの予報が改められ、普通の暑い夏になるという。梅雨明けから10日ほどが最も山の天気が安定すると言われ、まず最初の登山はこの期間に狙いたい。

 映画を観て、山への熱い思いは募るばかりだ。これからは、長い距離を歩き、山行きに備えなければならない。いやそれよりも、出っ張った腹を引っ込める方が先決だが・・・。
スポンサーサイト
   11:55 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/969-55152383
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR