森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

ボートにまたもネズミの巣・・・

 由良湾にゴムボートを浮かべ、夫婦でガシラ釣りをしたのは1週間ほど前のこと。この時のことは、7月9日のブログに書いた。漁港でボートを広げると、ネズミが枯れ葉で巣を作っており、しかもボートをかじって穴を開けていたのだ。

 穴は、高圧空気を入れるボート本体ではなく、底のシートだったためガムテープで塞ぎ、何とか事なきを得た。ボートはしっかりした専用のカバーで梱包しており、どうしてネズミが入り込んだのか不思議でならなかった。

 釣りから帰り、隙間を作らないよう丁寧に梱包した。そして1週間後の一昨日、再び同じ由良湾へガシラ釣りに来て梱包を解いた。「てっ」・・・。またも枯れ葉が持ち込まれ、巣作を作っているではないか。幸いボートは無事だったが、わずか5、6センチの山ネズミに翻弄され、怒りに体が震えた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140717095641c23.jpg
     ↑ 左の白い部分は、前回穴を塞いだ箇所

 ともかく、出航した。実は先日、地元の人から大きなアジが釣れるという話を聞いた。その人は手を広げてアジの大きさを示したが、30センチはありそうな大物である。教えてもらったポイントへボートを走らせた。

 アミエビをカゴに詰め、サビキ仕掛けを下ろした。大アジは底で釣れるらしいが、底に着くまでに10センチ余りのアジが食いついてしまう。結局小アジが100匹ほど、そこそこの中アジが2匹釣れ、1時間ほどでアジ釣りに飽きてしまった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140717095927967.jpg

 そこで、ガシラのポイントへ向かった。造船所の岸壁に帆船が繋がれているのが見えた。船名は「日本丸」。太平洋の白鳥、海の貴婦人とも呼ばれる優美な姿だ。初代日本丸は昭和の初めに建造され、目の前の帆船はⅡ世だろう。叶わぬ夢だが、帆船で世界の海をクルーズしてみたい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140717100005411.jpg

 ガシラ釣りは、女房のひとり舞台だった。私が1匹釣る間に2、3匹釣るほどの好調ぶりだ。しかも27センチの大物も釣った。そもそもガシラ釣りは私が手取り足取り、教えたのだ。それなのに感謝の気持ちはなく、偉そうに釣り方をアドバイスしたりするのだ。悔しいが、釣りは結果が物を言う世界である。

 釣果はジャスト40匹。平均して良型が多かった。どこかで聞いたセリフだが、「もうお前に教えることはない」と申し渡した。免許皆伝である。「次からは、自分で仕掛けを作れ」と付け加え、意地悪を言ってみた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140717100046e64.jpg

 小アジは面倒だが三枚に下ろし、酢飯にのせて食べた。アジが釣れるといつもこうするのだが、これくらい美味しいものはない。女房は含み笑いを浮かべながら、ビールを2缶飲んだ・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_2014071710011573e.jpg


 
スポンサーサイト
   10:01 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
またまた奥様に負けてしまったのですか?
師匠の上ですから、これから私は奥様のことを大師匠と呼ばねばなりませんね。
これから仕掛けを自分で作るように意地悪を言ったのには笑いましたが、仕掛け作りは弟子の役目ですよ♪(笑)

小鯵のお寿司、凄く美味しそうです♪
 2014.07.17 (木) 14:17 [Edit]
 てんママ [URL] #7kD13P3.
梱包したにも関わらず、入り込んで巣まで作ってしまうのですね@@
今回はボートが無事でよかったです。ほっ。

今日も奥様とのやりとりの光景を想像して
くすくすと笑ってしまいましたw
ちょっと意地悪を言いつつも、きっと次回の釣りの際も
仕掛けを作ってくださるんだと思います^^

小アジ美味しそうですね~~っっ!
こんな新鮮な小アジで一杯やってみたいです^^
 2014.07.17 (木) 20:47 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
     亀丸さんへ

 大師匠だなんて、女房はますます付け上がります。
しかし、なぜ女房に負けるのでしょう。
これが分からんのです。
誘いをかけるのも、合わせのタイミングも私の方が上手なはずです。
小細工より、愚直が勝つのでしょうか。
 2014.07.18 (金) 18:25 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    てんママさんへ

 たった10センチほどの小アジですが、酢飯にのせると本当に美味しいのです。生姜が味を引き立てます。
嘘ではありません。
でも、スーパーなどでは新鮮なアジがなかなか手に入りませんよね。
もう、ご自分で釣るしかありません。
今ごろはたくさん釣れますから、猫ちゃんも大喜び間違いなし。
一念発起、挑戦してみて下さい。
それはそうと、女房、態度がでかいんですよ・・・。
 2014.07.18 (金) 18:33 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
う~ん、ボートが流れていく方向でしょうか?
船が先頭を向いて流されていくと、当然ながら奥さんの仕掛けのほうがひまじんさんの仕掛けより先に海底を流れていくわけですから、お魚さんは最初に見つけたエサに飛びついたりするのではないでしょうか。

ちょっとボートの向きを変えて、後ろ向きに流れるようにもっていくとひまじんさんのエサが先に流れていきますから、先に食いついてくれたりするのではないかと思います。

シーアンカーを使うときなんか、後ろからアンカーを流すと後ろ向きにブレーキがかかって間違いなく舳先の仕掛けが先に流れます。キールのないゴムボートだと、エンジンのドライブシャフトでもブレーキの役目をするのかもしれませんね。

でもですね~。
乗客にたくさん魚を釣ってもらうのは船頭冥利につきるじゃないですか。きっとひまじんさんも心の中ではにっこり笑っておられるのではないでしょうか?
 2014.07.18 (金) 22:39 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 エサを女房より先に流す。
なるほどなぁ・・・思わず膝を打ちました。
そう言われてみると、思い当たることがあります。
20年ほど前、加太のメバル釣りに少し通ったことがあります。
常連さんは急いで舳先に走ります。
その意味が分かりませんでしたが、確かに舳先はよく釣れるのです。しかも大型が。
これですよね。
女房の好調を最初は笑っていましたが、最近は顔が歪んでいます。
 2014.07.20 (日) 17:56 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/975-fa510a22
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR