ピリリ王国の山椒パスタ・・・紀伊山地

 東京にいる娘が、関西へ出張したついでにわが山小屋へ立ち寄った。素通りして帰るのは気が引けたのかもしれない。このようなご機嫌伺いは、親としてうれしいことである。

 娘の趣味はグルメ旅行なので、私たちが以前から目を付けていた店へ案内することにした。生石高原を下り、有田川に沿って遡ること半時間。山が両側から迫る旧清水町である。秋篠宮紀子さんの曾祖父の出身地として知られる。

 国道をそれて500mほど走ると、眼下に日本の棚田百選になっている「あらぎの里」が目に飛び込んでくる。有田川の流れがU字形に湾曲し、その囲まれた土地に棚田が作られており、実に見事な造形美である。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140720100600f51.jpg

 棚田は、狭い土地を有効利用する先人の知恵だろう。山あいでは農業だけで食べて行けず、ここでは山の斜面に山椒の木を植えている農家が多い。清水の山椒は、日本一の折り紙付きである。小粒でもピリリと辛いことから、清水の町は「ピリリ王国」と名乗っている。

 この「あらぎの里」から2キロほど入った所に、これから行くレストランがある。小高い場所に洋風の店が建っており、これが「田舎Cafe かんじゃ」だ。「ピリリ王国」らしく、山椒風味たっぷりのパスタとデザートが売りである。

vcm_s_kf_repr_468x351_201407201006503d9.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20140720100721415.jpg

 私たちは床柱のある座敷の丸テーブルに座った。メニューを開き、娘と女房がぺペロンチーノ、私がカルボナーラを注文した。サラダとデザート付きで1000円。卓上には、石臼で摺った粉山椒が置いてあり、あたりにいい匂いが漂っていた。

 パスタは山椒の風味がよくマッチしており、娘も大いに気に入ったようだ。帰りは林道のような細い道を走り、行列が出来る石窯パンの店に寄った。こんな山奥にいくつもの人気の店が点在する。インターネットの絶大な力を思い知る・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140720100851705.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140720100803253.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR