【夫の日記】 気の毒なアマゴ/鮎の身代わり

  わが家の食糧が乏しくなってきた。買い物にわざわざ生石高原を下るのは面倒だ。ここは釣り師の出番である。アユを釣って今晩のおかずにしよう。
 朝8時、有田川支流の五村川に向かった。そう言えば、立ち寄ったなじみのオトリ店の店主がこぼしていた。「きのう午後から釣りに行ったけど、一匹も釣れなんだ。熱が出そうや」。腕のいい店主をぼやかせるほど有田川は不調なのだ。だから多くは期待していないが、何とか10匹やそこらは釣ってやろうと気合を入れる。
 友釣りの魅力は、オトリの動きを楽しむことだ。ツ、ツーと上流や対岸に泳いでくれれば気持ちがいい。オトリが泳げばアユは釣れる。しかし、足元にまとわりつく動きの良くないオトリや、川底でペタンと横になる怠け者もいる。
 今日のオトリはなかなか働き者だ。2、3分泳がせていると、スーッと対岸の大きな石めがけて近づいていく。目印が揺れ、まず1匹目が掛かった。オトリを換えて、上流に泳がせる。水中でアユがもつれ合う。2匹目だ。
 「何や、釣れるがな」という慢心がいけなかったのか。3匹目が掛かったが、竿をためた瞬間、水中糸が切れた。前回の仕掛けをそのまま使っていたのが悪かったのか。上竿で掛けたので、2匹のアユがもつれ合うように流れてくる。受け玉ですくおうと川を走ったが、滑って転んだ。顔がびしょ濡れ。醜態というか、滑稽というか・・・
 その後釣れないので50メートルほど下流に場所替わり。瀬の落ち込みにオトリを入れたとたん、ビューンと糸が走り、何かが掛かった。引き抜けない。河原に引きずり上げると、何と大きなアマゴだ。まるまると太ったメタボちゃん。オレンジの斑点が美しい。
 アユは1時間に1匹のペース。やる気をなくしてお昼に退散した。アユは小型4匹だけだったが、アマゴは24センチもあった。
 アマゴに串を打ち、囲炉裏でじっくり焼いた。淡白な味だ。アユよりおいしいという人もいるが、ひまじんはアユの方が格段においしいと思う。釣られたアマゴには気の毒だが・・・。すまん。


IMG_0474.jpg


IMG_0476.jpg

スポンサーサイト

コメント

イワナやヤマメは意外と美味しくない、とわしは感じています。
釣って楽しいことは事実ですが。
アユは・・・自分で釣って食べたことがないから、せいぜい料理屋のアユ。
ひまじんさんのような感動はありません、残念!!

キス、アジ、サバ、イワシ、カレイ、イカ・・・これは自分で釣ったり、釣り人仲間から頂いて即食べるのでうまいと感じていますが・・・。

それにしてもま~、ひまじんさんはかなりの凝り性でやんすね~、びっくり!!

はい、凝り性なんです

 釣りじいさん、こんにちは。
ひまじんは、ホント、懲りますねえ。
もっと勉強に凝っていたら、今頃事業に成功し、
ドバイかどこかに家を買って、優雅に暮らしているでしょう。
 釣りはもちろん、ゴルフ、スキーにも凝りました。
ゴルフ、スキーは何の役にも立ちませんが、
釣りは貧乏暮らしの助けになります。、

こんばんわ♪

とてもおいしそうです!つい先日、お祭りで、初めてアユをいただきました!小さい頃、棒に刺さった魚をガブっと食べるのが夢で、やっと念願叶いました!ずっと都会に住んでいたので、どこで食せるものかも知らずにいました。食べた時はとっても、贅沢をしたな♪と思いました。何匹でもいけそうです^^
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR