森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

いい鮎が釣れ、燻製にする・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_201408031047211ce.jpg

 南アルプスから帰って数日間、何もやる気が起きなくて、ボーッとしていた。長い距離を歩いたけれど、とくに疲労感というものはなく、ただ心に穴が開いたような状態だった。このような精神状態は、私の持病のようなものである。

 しばらくすると、気持ちを奮い立たせようと思うから、重病ではない。そこで先日は、鮎釣りに行こうと重い腰を上げた。生石高原のわが家から車で20分ほどで有田川に着く。

 馴染みのオトリ屋で、現役の川漁師でもあるオヤジから最近の情報を聞いた。釣れ具合はまずまずらしい。「目標はとりあえず10匹やな」といつものセリフを吐いた。「10匹」は控え目な数字であり、そう言われると、妙に安心する。

 釣り人は多かったが、好きなポイントが空いていた。遅い時間のスタートだから、誰かがすでに竿を出した後かもしれない。大きな石の上にオトリを誘導すると、ギラリ、掛り鮎が腹を返した。幸先が良い。しかし引き抜きの体勢に入ると、針が外れた。もう一度同じ石を攻めると、同じことが起きた。

 少し大きな針に付け替え、大石の向こう側にオトリを潜らせた。数秒もしないうちに、目印がストンと沈んだ。続いて強烈な引きが手に伝わり、掛り鮎はオトリを引きずって対岸に走った。竿を立てたり、寝かしたりしながら少しずつ寄せた。

 引き抜こうと竿を立てたが、鮎は浮いてこない。自分から川を下り、強引に引き抜いた。2匹の鮎が飛んできて、水しぶきを上げて玉網に納まった。掛り鮎を握ると、10センチ近く手からはみ出る大物だ。オトリとしては大き過ぎて使いずらいいサイズだ。

 その後も順調に釣れ続けたが、面白くもない釣りの実況はやめておこう。午前中3時間ほどで18匹、午後も1時間半で7匹、計25匹の釣果だった。2、3匹小さい鮎もあったが、サイズは平均18、9センチ、最大で22センチ。この時期、有田川でこれだけのサイズがそろうのは、珍しい。

 帰りの車で、ふと友人との約束を思い出した。この春、友人に「鮎の燻製は旨いぞ」と自慢したことがある。「そんなにうまいなら送ってくれよ」ということになり、「ま、そのうちに」と曖昧に約束していた。

 小さな鮎を燻製にしても値打ちはないが、この日の鮎なら見栄えもいいし、ほんのりとした脂がのっていて旨いはずだ。これを燻製にして送ってやろうと思った。

 翌日、ころあいの鮎を15匹燻製にすることにした。鮎の内臓を取り出し、全体に塩をすり込んだ。ザルに並べて表と裏をそれぞれ1時間ほど乾燥させると、皮が張った状態になる。

 乾燥させている間に焚き火をして炭を熾しておく。燻製は、燻製器よりダッチオーブンの方が便利だし、出来上がりも良いように思う。炭はダッチオーブンの下に積み、本体を熱する。

 乾燥させた鮎を網の上に並べるが、網にオリーブオイルを塗っておけば鮎の皮がはがれない。チップは魚に合うブナにした。もちろん、桜でもクルミでも何でもいいが、そこは好き好き。オーブンは熱しておいたので、すぐにチップがくすぶり始める。

 オーブンの蓋を持ち上げ、鮎の色付き確認する。おおよそ15分ほどで黄金色になり、身もふんわりする。1回にスモークできるのは5匹か6匹だから、この工程を3回繰り返した。

 味見するため熱々にかぶりついた。申し分ない出来上がりである。天然鮎のほどよい脂が舌にまとわりつき、クリーミーな味わいだった・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140803104508a93.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_201408031045357c6.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140803104604460.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140803104649ca2.jpg

スポンサーサイト
   06:57 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
いつもながら、黄金色の鮎の燻製は最高に美しいですね。
これを腹一杯食べたことがあるのが、私の
自慢です。

 2014.08.04 (月) 11:56 [Edit]
 エコ夫婦 夫 [URL] #99DFA69w
ご無沙汰してます。
今期は、鮎の記事が少ないので気になっていましたが、凄い釣果ですね。燻製も美味しそうで、何をしても名人級ですね。
大きな台風が来てますのでご注意を!
ご無沙汰しております。 2014.08.04 (月) 11:57 [Edit]
  [URL] #-
     亀丸 さんへ

 鮎の燻製、見せるだけですみませんねぇ。
もっと作ろうと、意気込んでいたら、豪雨です。
川は濁っていて、1週間は川に入れません。
なかなか、思うようにはなりません。
 2014.08.04 (月) 18:43 [Edit]
  [URL] #-
     エコ夫婦 ご主人へ

 遅くなりましたが、政界進出おめでとうございます。
今、地方議会はヤジ問題などで大変ですね。
頑張って下さい。期待しています。
 体が空いたら、山に上がって来て下さい。
たまの骨休みは、いい知恵が生まれますよ。
 2014.08.04 (月) 18:49 [Edit]
 てんママ [URL] #7kD13P3.
うわぁ~~っっ! 美味しそうですね!!
それもご自分で作ってしまうなんて尊敬します!
私は鮎の燻製を食べた事がないので
より一層食べたくなってしまいました。

遅ればせながら・・・
登山お疲れ様でした。
美しい写真、道中の出来事、心境の揺れ動き等々
ハラハラドキドキしつつ、
奥様のかわいらしいミーハーな部分に
私まで嬉しくなったりしながら
楽しく読ませていただきました^^

奥様と万歳をしている姿を勝手に想像して
なんとも心があつくなりまました。
「去年より強くなっている」こ言葉に
ご夫婦で登頂した信頼関係を感じて感動しました。
素晴らしい旅を分けていただいた気がしました。
ありがとうございます。
 2014.08.04 (月) 21:37 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
黄金色に輝いていますね~。僕も秋になったら再び挑戦しようと考えています。
まずは獲物を確保しなければならないのでこれが問題です。
 2014.08.04 (月) 21:56 [Edit]
  [URL] #-
    てんママ さんへ

 いつもコメント有難うございます。
このように鮎の燻製をする人は少ないと思います。
7、8年前、燻製の本に小さく載っていたのを見つけ、挑戦してみました。
その美味しさは、意外でした。
 山から帰り、10日ほどですが、またどこかへ登りたい気持ちでいっぱいです。
毎日、録画した名峰のビデオを見ています。
 2014.08.05 (火) 18:25 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 一応私は、ゴルフのハンデは7でした。(今は見る影はありませんが・・・)
100を切れない人はゴルフを馬鹿にしている。
ボギーペースで回る人は、家庭を犠牲にしている。
シングルは仕事を犠牲にしている。
こんな格言がありますが、男の道楽は家庭を犠牲にするものですね。早く、奥さんと仲直りを・・・。
 2014.08.05 (火) 18:33 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/980-7c3816b8
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR