生石高原は早くも秋の花

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174347cd3.jpg
      ↑ 生石高原の上空をラジコンの飛行機が飛んでいる

 今日は珍しく青空がのぞき、太陽がまぶしい。わが家がある生石高原では1週間も雨が降り続き、濃い霧の中で暮らしていた。しかしこの好天も長続きしないだろう。雨を降らせた台風12号に続き、11号が日本列島に近づいている。

 高原を1時間ほどかけて歩くのは日課なのだが、雨続きで足が遠のいていた。久し振りに歩くと、草原は様々な花でにぎやかになっていた。標高800mの高原は、花の宝庫とも言われている。

 まず目につくのは、カワラナデシコだ。花弁がひらひらになっているピンクの花は、まことにかわいらしい。ドキッとするほどの色彩を放つ花もあれば、控え目な色合いもある。花にも色々と個性があるようだ。

vcm_s_kf_repr_351x468_20140807174427642.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174503418.jpg

 コオニユリも咲き競っている。鬼と名付けられるくらいだから、花の色は毒気さえ感じる強烈なオレンジ色である。女郎花の別名を持ち、秋の七草に数えられるオミナエシも咲き始めている。ホトトギスも花を付け、高原には早くも秋の気配が忍び寄っている。

vcm_s_kf_repr_468x351_201408071745490bb.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20140807174622662.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174704d0c.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174737f51.jpg

 ススキの根もとに奇妙な花が咲いていた。花に詳しいレストハウスのおばさんは「オオナンバンギセル」だと教えてくれた。ススキに寄生して養分をもらっている珍しい花だという。漢字で書けば、「大南蛮煙管」となる。南蛮人が煙管をくわえている姿からこの名が付いた。ほんと、そっくりだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174844d66.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20140807174918189.jpg

 高原を歩きながら、ふと思った。いつから私は、花を愛でる清らかな人間になったのだろう・・・と。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR